車の需要と家の駐車場

かつて、一戸建て住宅といえば敷地内に「住宅」と「駐車場」というセットが常識でしたが、首都圏では「シェアカー」の増加により必要なときだけ借りたり、介護タクシーなどの利用で車の所有率が減ってきたと感じます。

駐車場が必要なくなると、敷地面積に対する建築面積(建ぺい率)を最大限に活用でき、建物周囲の避難経路や中庭スペースなど様々なプランが可能になってきます。

新築マンションなどにおいても、住戸数よりも駐車場の数を少なくして出来るだけ建物や共用スペースを広くするなど工夫されてますし、街中の月極め駐車場も凄い勢いで減少しているように思えます。

今後は地域にバス停のような「障がい者・高齢者乗降用駐車場」なるスペースが設けられ、施設のバスや介護タクシーなどが停車できるゾーンがあちこちにできるかもしれません。

家結び.COM

クルマ好きの私としては家に駐車場が無くなるのは寂しい限りですが、世の中の流れを見極めて、新しい考え方・プランニングが出来るようにしておきたいものですね(^^)

プロフィール

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計)

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

斉藤 進一 サイトウ シンイチ (建築家 / 埼玉県)
やすらぎ介護福祉設計 代表

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計) さんの記事

  • 雨の現場監理

    雨の現場監理

    今週の関東地方は雨続きの天気ですね! 週末辺りは台風の影響もあるかもしれませんので、現場も注意が必要です。 躯体工事もあと少しなので、天候回復を期待していますv

  • 安藤忠雄氏と宮本亜門さん

    安藤忠雄氏と宮本亜門さん

    /27~国立新美術館で開催されている安藤忠雄展に行ってまいりました。 ちなみに国立新美術館は黒川紀章氏の設計 建築に興味のない方でも、自然と建物の調和した作品は観...

  • 夏の家庭内事故

    夏の家庭内事故

    家庭内事故と言えば高齢者に関する記事が多いですが、夏はお子さんがバルコニーなどで子どもプールを使用した際にも注意が必要です。 外気温が35度に達すると、バルコニーのコンクリート...

関連する記事