車の需要と家の駐車場

かつて、一戸建て住宅といえば敷地内に「住宅」と「駐車場」というセットが常識でしたが、首都圏では「シェアカー」の増加により必要なときだけ借りたり、介護タクシーなどの利用で車の所有率が減ってきたと感じます。

駐車場が必要なくなると、敷地面積に対する建築面積(建ぺい率)を最大限に活用でき、建物周囲の避難経路や中庭スペースなど様々なプランが可能になってきます。

新築マンションなどにおいても、住戸数よりも駐車場の数を少なくして出来るだけ建物や共用スペースを広くするなど工夫されてますし、街中の月極め駐車場も凄い勢いで減少しているように思えます。

今後は地域にバス停のような「障がい者・高齢者乗降用駐車場」なるスペースが設けられ、施設のバスや介護タクシーなどが停車できるゾーンがあちこちにできるかもしれません。

家結び.COM

クルマ好きの私としては家に駐車場が無くなるのは寂しい限りですが、世の中の流れを見極めて、新しい考え方・プランニングが出来るようにしておきたいものですね(^^)

プロフィール

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計)

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

斉藤 進一 サイトウ シンイチ (建築家 / 埼玉県)
やすらぎ介護福祉設計 代表

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計) さんの記事

  • インフルエンザ家族感染と空調

    インフルエンザ家族感染と空調

    3連休も私は仕事をしておりますが、未曾有のインフルエンザ感染でせっかくのお休みにダウンされているかたも多いのではないでしょうか。 家族内感染を防ぐには、感染者との寝室の隔...

  • 災害時の伝達手段

    災害時の伝達手段

    先日の台湾地震は他人事ではないですね。。 関東直下型地震が起きたとき、私は被災建築物応急危険度判定士と独立系社会福祉士の2つの顔で活動することになると思います 被災現...

  • LED+アマゾンエコー=バリアフリー

    LED+アマゾンエコー=バリアフリー

    室内の照明器具のうちシーリングライトの一部と蛍光灯の電球を交換 ダウンライト関係はLEDにしているので、消費電力の少なさと寿命の長さに驚いてます 介護福祉住宅において...

関連する記事