JR東静岡駅周辺の再開発の在り方を議論する「東静岡周辺地区の整備に関する有識者会議」9月8日に初会合

東静岡駅周辺整備 県の有識者会議、8日に初会合

静岡県は3日までに、JR東静岡駅周辺の再開発の在り方を議論する「東静岡周辺地区の整備に関する有識者会議」の委員16人を決めた。8日に初会合を開き、日本平や三保松原を含めたエリアでの地域づくりの在り方を議題に意見交換する。
 県は東静岡駅周辺を「学術、文化・芸術、スポーツの集積エリア」と位置付ける。有識者会議は本年度中に3回の会合を経て、基本構想をまとめる。
 委員は次の通り。
 高階秀爾(大原美術館長=会長)芳賀徹(県立美術館長)遠山敦子(トヨタ財団理事長)石塚正孝(県コンベンションアーツセンター館長)伊東幸宏(静岡大学長)木苗直秀(県立大学長)荒木信幸(静岡理工科大名誉学長・学事顧問)内藤広(建築家・東京大名誉教授)坂茂(建築家・京都造形芸術大教授)寒竹伸一(静岡文化芸術大大学院教授)東恵子(東海大教授)岩崎清悟(県経営者協会長)後藤康雄(県商工会議所連合会長)中西勝則(静岡銀行頭取)酒井公夫(静岡観光コンベンション協会理事長)藤田圭亮(なすび社長)

この記事はYahooニュースより転載しています

プロフィール

東恩納 尚縁

将来の夢は孫と一緒に暮らすこと。

孫ができた為、将来は娘夫婦と二世帯住宅の夢を持っています。
「住まい」について考えたコラムを寄稿しています。

東恩納 尚縁 さんの記事

関連する記事