建築家・環境工学先駆者の藤井厚二の鞆の「後山山荘」再生、一般公開

福山出身・藤井厚二が一部設計 名建築の山荘、現代に 広島

家結び.COM

福山市出身の建築家で、環境工学の先駆者として評価が高まっている藤井厚二(明治21~昭和13年)がサンルームを設計した建物が再生され、18日、福山市鞆町の現地で関係者に披露された。もともとは藤井の実兄が建てた別荘。「後山山荘」と名づけられ、9月14日から、月1回のペースで一般公開される。

 藤井は、大正2年に東大建築学科を卒業し竹中工務店に入社。同8年まで在籍し、大阪朝日新聞社などの設計を手がけた。退職後は欧米をめぐって環境工学への関心を高めたとされ、帰国後は、日本の気候や風土に適した住宅を追求。京都府大山崎町に広大な土地を購入し、その一角に自宅を建てて2年ほど暮らしてみては、人に譲って新たな一角に自宅を建てることを繰り返した。

 実際に居住することで快適な住宅の在り方を追求したためで、昭和3年に完成した木造平屋建てで「聴竹居」と名づけられた“4回目の自宅”は現存し、近代住宅建築の名作と評価されている。

 再生された後山山荘は、藤井の兄、与一右衛門が大正末期か昭和初期に建て、戦後まで使っていたとされる。

 設計者は不明だが、増築されたサンルームの部分は藤井の設計と判明している。母屋の構造や細部にも藤井の設計技法と共通するところがあるが、老朽化が激しいため確認できなかったという。

 長年放置されて廃墟のようになっていたが、福山市出身で東京都に住む現在の所有者が平成21年、別荘として使おうと、福山木之庄町の建築家、前田圭介さん(39)に再生を依頼。文化財的な価値がある建物なので、多くの人に見てもらうべきと、一般公開も視野に入れて再生工事を進めていた。

 よみがえった建物は木造平屋建て約140平方メートル。柱や土壁、建具など、なるべく多くを再利用したとしている。鞆の浦を一望するサンルームのガラスも、昭和初期のものが再利用された。

 管理、運営のために「後山山荘倶楽部」を立ち上げ毎月第2日曜日の午前10時~午後3時に一般公開。入場料は千円(学生500円、小学3年生以下は入場不可)。事前申し込みが必要で、近く開設される同倶楽部ホームページで受け付ける。

この記事はYahooニュースより転載しています

プロフィール

東恩納 尚縁

将来の夢は孫と一緒に暮らすこと。

孫ができた為、将来は娘夫婦と二世帯住宅の夢を持っています。
「住まい」について考えたコラムを寄稿しています。

東恩納 尚縁 さんの記事

関連する記事

  • 小規模多機能型居宅介護施設と防災

    小規模多機能型居宅介護施設と防災

    防災に関して「スプリンクラー設置」は消火ポンプや水槽を設ける必要があったため特別養護老人ホームなどの自力避難困難者入所施設建設時には建築物以外に外構の費用もかかっていました。 ...

  • 職業的あるある住環境 2

    職業的あるある住環境 2

    前回のあるあるは、こちら↓↓ 身体・職業的あるある住環境 ケース1.建築設計事務所(他士業も) 打合せスペースにカタログや資料など「本棚」を設置している 住宅模型を飾...

  • 着々と進んでいます! ~ 軽井沢Hさんの家

    着々と進んでいます! ~ 軽井沢Hさんの家

    軽井沢Hさんの家。 着々と進んでいます! 軒先のディテールも、ビシッと決まっています。 こういう仕舞のデザインが大切で、 これで随分と印象が変わるものなの...

  • さんすけ(三角スケール)

    さんすけ(三角スケール)

    建築士が必ず持っているものとして「三角スケール」があります。 3面6角にそれぞれの縮尺が刻まれてます。 建築士仲間から教わった特殊スケール(中央ブラック)は、図面を縮小コ...

  • コンクリート打設後のひび割れ

    コンクリート打設後のひび割れ

    今月の専門誌は興味深い「コンクリートのひび割れ」についての特集 木造住宅のコンクリート基礎工事等は専門業者さんが施工するように、コンクリートは素人が扱うと大変なことに...