今後の住宅取得や不動産投資について考える。空き家率が過去最高に!

空き家率が過去最高に 今後の住宅取得や不動産投資について考える

家結び.COM

2014年7月29日に発表された総務省「平成25年住宅・土地統計調査(速報)」によると、日本国内の総住宅数は6063万戸と5年前の調査に比べ305万戸(率で5.3%)増加しました。2010年国勢調査による日本の総世帯数が、5184万世帯ですので、住宅数のほうが879万戸多くなります。

 結果、空家数は820万戸と5年前に比べ63万戸(8.3%)増加し、空家率(空家/総住宅数)は13.5%と、5年前に比し0.4%増加し過去最高となりました。

 いろいろな解説によると

1. 過去の景気対策で新築住宅に対する税制の優遇策

2. 固定資産税が、建物が建っていれば、更地の1/6の評価額になる

3. 人口の減少

 等々の理由により、空家率が増加したということです。

 世帯数より、住宅数が多ければ、必然的に空家数は増えていくと思われますが、お住まいの地区に空き家が増えていきますと、防災上・防犯上・景観上・さらに資産価値の低下と様々な諸問題が発生いたします。

 特に郊外の分譲地では、同じような時期に住宅の老朽化・世帯の高齢化が進み、結果、市街地とを結ぶ路線バスの減少や廃止、地区のスーパーの廃業など生活基盤が急速に崩壊する減少が各地域で起きています。

 今までは、不動産は日本人が好む資産として評価されてきました。現在でも、相続税対策や資産運用としての賃貸住宅経営を熱心に提案するハウスメーカー等がありますが、今後も同じような状況が続くと考えることは、リスクが高いと考えられます。

 現在地方都市では、外延部に居住する方を市内中心部に移動してもらい、中心部に公共事業を集中させて、町のにぎわいを維持するダウンサイジング化が検討・実施されています。

 今後住宅を取得あるいは投資を検討される方は

1. 三大都市圏の物件

2. 県庁所在地の中心部の物件

3. 相続税対策を賃貸住宅新設から別の対策へのシフト

4. 新築住宅の取得と中古住宅の取得とリフォームへの考え方の変更

 も必要ではないでしょうか。

この記事はyahooニュースより転載しています

プロフィール

東恩納 尚縁

将来の夢は孫と一緒に暮らすこと。

孫ができた為、将来は娘夫婦と二世帯住宅の夢を持っています。
「住まい」について考えたコラムを寄稿しています。

東恩納 尚縁 さんの記事

関連する記事

  • 居室暖房と断熱性能

    居室暖房と断熱性能

    今年の寒波は異常に寒いですね。。 今まで暖かかった部屋の暖房が効かないというお宅も増えているのではないでしょうか。 ヒントになるのはホテルの部屋です。 出張での宿泊先は、...

  • 備蓄用収納

    備蓄用収納

    住宅設計の際、お客様の保有されている洋服や本などの量に応じて収納スペースなどを確保するようにしてますが、これからの住宅には非常時用の収納スペースも必要になってきますね。 水4...

  • 「えっインテリアコーディネーターが全国ツアーってどういうことー?!インテリアトークライブ2018」申込受付

    「えっインテリアコーディネーターが全国ツアーってどういうことー?!インテリアトークライブ2018」申込受付

    えっインテリアコーディネーターが全国ツアーってどういうことー?! インテリアトークライブ2018 ジェイブルー企画主催、 全国11か所をまわる トークライブツアーを開催...

  • 「間取りのご相談」はお早目に。

    「間取りのご相談」はお早目に。

    2018年、すずくり(suzukuri)最初のお仕事は「収納サポート」から始まりました。 年末にお引越しされたK様。 2014年、まだK様お一人暮らしのとき、渋谷区中心部のそれは素敵な...

  • 自動車照明と住宅照明

    自動車照明と住宅照明

    省エネ技術は自動車産業から住宅産業へ流れ込むものも多いですね。 画像は先日移動で使用した最新のレンタカーのインパネ部とナビ 自動車技術ではLEDが標準化されており...