今後の住宅取得や不動産投資について考える。空き家率が過去最高に!

空き家率が過去最高に 今後の住宅取得や不動産投資について考える

家結び.COM

2014年7月29日に発表された総務省「平成25年住宅・土地統計調査(速報)」によると、日本国内の総住宅数は6063万戸と5年前の調査に比べ305万戸(率で5.3%)増加しました。2010年国勢調査による日本の総世帯数が、5184万世帯ですので、住宅数のほうが879万戸多くなります。

 結果、空家数は820万戸と5年前に比べ63万戸(8.3%)増加し、空家率(空家/総住宅数)は13.5%と、5年前に比し0.4%増加し過去最高となりました。

 いろいろな解説によると

1. 過去の景気対策で新築住宅に対する税制の優遇策

2. 固定資産税が、建物が建っていれば、更地の1/6の評価額になる

3. 人口の減少

 等々の理由により、空家率が増加したということです。

 世帯数より、住宅数が多ければ、必然的に空家数は増えていくと思われますが、お住まいの地区に空き家が増えていきますと、防災上・防犯上・景観上・さらに資産価値の低下と様々な諸問題が発生いたします。

 特に郊外の分譲地では、同じような時期に住宅の老朽化・世帯の高齢化が進み、結果、市街地とを結ぶ路線バスの減少や廃止、地区のスーパーの廃業など生活基盤が急速に崩壊する減少が各地域で起きています。

 今までは、不動産は日本人が好む資産として評価されてきました。現在でも、相続税対策や資産運用としての賃貸住宅経営を熱心に提案するハウスメーカー等がありますが、今後も同じような状況が続くと考えることは、リスクが高いと考えられます。

 現在地方都市では、外延部に居住する方を市内中心部に移動してもらい、中心部に公共事業を集中させて、町のにぎわいを維持するダウンサイジング化が検討・実施されています。

 今後住宅を取得あるいは投資を検討される方は

1. 三大都市圏の物件

2. 県庁所在地の中心部の物件

3. 相続税対策を賃貸住宅新設から別の対策へのシフト

4. 新築住宅の取得と中古住宅の取得とリフォームへの考え方の変更

 も必要ではないでしょうか。

この記事はyahooニュースより転載しています

プロフィール

東恩納 尚縁

将来の夢は孫と一緒に暮らすこと。

孫ができた為、将来は娘夫婦と二世帯住宅の夢を持っています。
「住まい」について考えたコラムを寄稿しています。

東恩納 尚縁 さんの記事

関連する記事

  • 小規模多機能型居宅介護施設と防災

    小規模多機能型居宅介護施設と防災

    防災に関して「スプリンクラー設置」は消火ポンプや水槽を設ける必要があったため特別養護老人ホームなどの自力避難困難者入所施設建設時には建築物以外に外構の費用もかかっていました。 ...

  • 職業的あるある住環境 2

    職業的あるある住環境 2

    前回のあるあるは、こちら↓↓ 身体・職業的あるある住環境 ケース1.建築設計事務所(他士業も) 打合せスペースにカタログや資料など「本棚」を設置している 住宅模型を飾...

  • コンクリート打設後のひび割れ

    コンクリート打設後のひび割れ

    今月の専門誌は興味深い「コンクリートのひび割れ」についての特集 木造住宅のコンクリート基礎工事等は専門業者さんが施工するように、コンクリートは素人が扱うと大変なことに...

  • Mさんのブラックウォールナットとホワイトメラミン化粧板の食器棚

    Mさんのブラックウォールナットとホワイトメラミン化粧板の食器棚

    二世帯住宅であるMさんのご両親の大きな食器棚を設置してこれでMさんの家具はすべて完了。 私が世田谷のTさんの洗面室の寸法を測って、Nさんのところに点検に伺っている間...

  • 離乳食パクパクセミナーを開催します

    離乳食パクパクセミナーを開催します

    ご縁があって、離乳食インストラクターの Hug baby教室 はじめりさ さんに工房2階のショールームで離乳食教室を開いていただけることになりました。 ご自身が赤ちゃんを迎えられるの...