• コラム>
  • 家結び Books >
  • クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性

クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性

スイス現代建築において最も理論的な建築家の一人クリスチャン・ケレツ。「建築は知的な冒険」とする氏は、プロジェクトごとにルールを設けることで、建築の原理・原則を見出そうとする。日本初の作品集となる本書は、自らブックデザインを手がけ、美しい構成の中に氏の世界観が存分に展開されている。初期代表作から最新プロジェクトまで20作品を一挙紹介。ミステリアスな存在だった建築家の世界がいま開かれる、待望の書。
出版社 TOTO出版
著者 クリスチャン・ケレツ (著),

関連する記事

    関連の記事はありません。

関連の動画