いろんな色が並んでいます。



とってもきれいですね。

きれいなもの見てると、なんだか癒されたりします。



こちらは。

外壁に使う、セメントでできた素材です。

(窯業系サイディングといいます)



実は、窯業系サイディングは、とても多くの家で

採用されている素材なんです。



面白いのは、その表面のデザイン。

タイル風、レンガ風、天然石風、吹付風。。



模様や色を付けて、いろんなデザインをまといます。



ただ。

やはり、〇〇風は脱却できず、ある意味、

偽物感を感じてしまったり。。



そこで。そういった表面の凹凸等で表情を出すのではなく、

写真のように、フラットで、色で表情を出すタイプが

出来てきています。



最近、やっと、色のヴァリエーションが増えたんですよね。



よくご覧lください。



両脇は、ツヤがなくマットなのですが、

中央は、思いっきりツヤがあります。



ここまでツヤがあって、フラットなタイプがなかったので、

とても面白いと思います。



この色合いを確認した後、場所を移動して、

現在、外部の色を検討している家の検討をしました。





タイルとの組み合わせですよね。

グレイッシュにまとめます。



ビックリするほど、かっこよくなりそうです!





こちらは、ガルバニウム鋼板との組み合わせ。



ガルバは、真っ黒でなくて、少しくすんだようなマットなブラック。

そのくすみ具合が、いい表情になりそう。



木目は、本物みたいですが、窯業系サイディングだったりします。

こちらの木目もマットな感じなので、おそらく見分けが付かないほど。



全体的に、ちょっとくすんだ感じですが、

それはそれで、あまり見かけない外観を実現してくれそうです。





特に、外観の色決めは、

こんな風に、大き目のサンプルを見ながら、

しっかりと決めていきたいですね。



もちろん、自然光の中で。 (続きを読む)



いろんな素材のサンプルが並んでいます。



屋根に使う、ガルバニウム鋼板。

外壁に使う、タイル、サイディング、レッドシダー

目隠しルーバーなんかもありますね。



昨日、とある家創りの打合せのワンショットなんです。



こちらの家創り。

工事が着工になったところ。



上棟までの大事なこととして、

色を決めていただくプロセスがあります。



設計の段階でも、いろいろイメージを広げていただいて、

ある一定は決まっているのですが、

このプロセスが、最終決定の段階となります。



上棟までには、家のすべての色を決めていきます。



理由は。

上棟以降は、工事の流れが多くなります。

それがスムーズにいくようにするためですね。



それと大事なのは、一気に決めることです。



部分的に決めていくと、全体とのバランスが

どうなっているのかがイメージしにくくなります。

もしかすると、チグハグになったりするかもしれません。



実は、結構大事なポイントです。



このプロセスでは、外観のイメージパースを準備します。

それをもとに、イメージをしっかり共有。



そのイメージにフィットする色や素材を決めていきます。

その時に、写真のような実物のサンプルが登場します。



イメージパースだけで決めたら危険です!



素材は、日影で見る場合、日向で見る場合、曇りの場合で

見え方が全く違います。



なので。素材の実物をできる範囲で確認しておくと

よいですよ。





こちらのお客様。

事前にイメージをしっかりと持っていただいていたので、

とてもスムーズに外部の色を一通り決めていただけました。



カッコいい感じの家になりそうです。







次回は、内部に入っていきます。



これまた、楽しいんですよ。 (続きを読む)



似たような色合いが並んでますね。



昨日、とある家創りの現場でのワンショットです。



実は。

リビングの壁の採用を予定していたタイルが欠品!

輸入のタイルの場合は、こういったことも起こります。。



そこで。

いくつかのタイルメーカーをはしごして、

それに代わるタイルを探してきました。



当初のタイルが持っている要素として、

マットでプレーンな表情であること。



代替案として候補に挙げたタイルは、

マットですが、石目の表情になっていて、

プレーンではないのですが、高級感は演出できそう。



プレーンな印象ということも考慮して

お持ちしたのが、こちらの吹付や左官仕上げ。



マットで、色合いはプレーン。

なのに、仕上げ方しだいで、表情も創り出せるので、

一候補ということでご提案しました。



比較検討していただいて、結果、

こちらの仕上げの方向で進めることに決まりました。



とても上品な感じに仕上がりそうな予感がしています。



あとは、色とテクスチャを決定していくため、

いくつかサンプルを用意していきます。



当初とは違う魅力のあるリビングを実現できそうな気がします。



たのしみですね。











午後からは、とある家創りのため、お客様とショールームデート。



トイレ、洗面、お風呂と来て、最後はキッチンまで。

一通り決めていただくことができました。



ご一緒して、いろいろ話に参加させていただきながら、

いろんなことを伺って、楽しかったです。



何度もショールームへ来たことありますよね?

なんて聞かれたりもしましたが、

だからといって、退屈するようなことはありません。



少しずつ、商品が改良されていたりしますし。



それよりも。

お客様が、どういった視点で、どんなものを

直観的にセレクトされるのかを拝見するのが新鮮。



みなさん。

全く視点が違います。



いろんな視点から、ものを見ていくことができるので、

私にとっては、それがとても刺激的だったりしますので。



デート。

ほんと楽しかったです。 (続きを読む)



昨日、これから家創りを考えている敷地を

視察してきました。



実は、まだ既存の家が建っていて、2階に上がることが

できたんですよね。



写真は、その2階の窓からの眺望なんです!



手前は学校でしょうか。

なので、おそらく、長きわたって、ここに大きなビルが建つような

ことはないでしょう。



この抜け感。

すごくないですか?!



2階ですからね!



こちらの敷地は、20坪という狭小敷地なので、

おそらく3階建になります。



3階からの眺望も、すごいことになりますよ。



こちらに向かって、大きな窓を設けて、

この眺望を絵画のように切り取った家になりそうです。



想像するとニヤけてくるほど魅力的です。







ただし。。

こちらの敷地には、とても厳しい条件があります。



敷地が狭小ということじゃないですよ。

私からすれば、それは大したことではありません。





実は。

これだけの眺望があるということは、

隣地との間に、段差があったりします。



段差には、擁壁があったりしますよね。



その擁壁の扱いが、シビアなんです。





その辺は、慎重に、行政と協議を重ねて

クリアしないといけません。



特に、こういった敷地を購入する方は、

事前に、建築家に相談してくださいね。



下手すると、家が建たない可能性もあったりするので。







敷地の視察って、とても大事です。 (続きを読む)



写真として、少し暗めなのでいけませんが、

これくらいの落ち着いたトーンは、大人っぽくてよいですね。



フローリングを家具に近い色合いにして、

馴染ませています。



クラシカルなデザインの場合、モールディング等の装飾を

取り入れて、豪華に見せることもあるのですが、

あまりゴテゴテにせず、これくらいのさっぱりがよいかも。



ただ、その分、シャンデリアやカーテン類に少し

エレガントなデザインを持ってくるのもよいです。



こちらの方向性は、スタンダードな感じですが、

発想を少し切り替えてみます。





いきなり雰囲気が変わりましたね。



白を主体にして、インテリアをまとめています。

その一部に、アンティークな雰囲気の家具がアクセントで置かれてます。



ソファの布地を手掛かりに、まとめています。



天井際には、しっかりとモールディングが採用されていて、

より装飾的ですが、白で統一されているので

あまり気になりません。





正面の框戸のせいか、しっかりとクラシカルな感じです。



先ほどよりも、女性っぽい、優しく、かわらしい

インテリアに仕上げています。





もっといろんな表現はあるのですが、

お客様がお持ちの家具から連想したのは、

これらのイメージ。



どんな雰囲気がお好みなのか。



しっかりと共有しながら、素敵な家に

仕上げていきたいと思います。





インテリアは、コーディネーターに任せてる建築家も

多いと聞きますが、私は、インテリアもしっかり

サポートさせていただいています。



だって。愉しいですから。 (続きを読む)



ほんときれいですよね。

こちらは、内装に使う、モザイクタイルです。



昨日、とある家創りで、タイルをセレクトするために、

タイルメーカーをいくつか、ハシゴしてきました。



タイルは大好きな素材なので、

いろいろ見てまわるだけでも、楽しいのですが、

セレクトとするとなると、一層楽しいんですよね。



だって。

漠然と眺めるのではなくて、セレクトするという目的

があるからです。



皆さんも、家創りを始めるとお分かりになると思います。



家創りを初めて、なんとなく、ショールームに行くとします。

おそらく、なんとなく、雰囲気はつかめます。



こんな雰囲気が好きかなぁと。



でも、実はあまり記憶に残っていなかったりします。



それは、セレクトするという目的がないからです。



実際、自分のものをセレクトしにいくと、

とても真剣ですし、リアリティもあって、楽しくなります。





昨日は、私も、そのお客様の体験を疑似的にしている感じ。

愉しいはずです。





別のメーカーのタイルたち。

こちらは、少しシックな感じですよね。



全体的にはシックにみえますが、

一つ一つは、しっかりと表情があって、魅力的なんです。



お客様の好みや個性によって、

最適なタイルって違うんだと思います。



なので。

何回ショールーム行っても飽きません。



毎回、新しい発見があるからです。



ワクワクするはずですよね。



ほんとありがたいです!





そうそう。

一つ余談。。



昨日、敷地の調査をしているときに見かけて撮影。



何を撮ったかって??



隙間です。

家と家の。。



この距離感で、隣家があると、左側の家は、夏場の一時期に

2階に光が入るだけです。



1階は年中光は入ってきません。。



敷地だけ見て、周辺環境を読み取らないと、

こういった家になりがちです。



というか。

相当工夫しないと光は入りません。。



建築家の腕の見せどころなんです。





こういった敷地の時は、建築家に相談するとよいですよ。 (続きを読む)



とある家創りの現場のワンショットです。



しかし。明るい。



写真だと、内部が暗く見えていますが、

それは、外が明るすぎるから。



実際は、LDK全体がとっても明るい。



実は、正面に見えている場所は、

LDKが取り囲む光庭です。



この家は、南から見ると、ほとんど窓がありません。



でも、こうやって、光庭によって、すごく明るくできます。



ただし。



光庭でも、2階建ての家でコの字に囲うようなカタチでは

自分が創る日陰で、1階に光を入れるのは難しく、

いろいろと意図して工夫が必要になります。



単純な考え方で、光庭の採用は危ないですね。



ちなみに。

写真ですが、工事中で、この明るさであれば、

竣工した時は、すごいことになります。



というのも、工事中は、壁や天井が、

石膏ボードなので、光があまり拡散せず、

どちらかというと暗めなはず。



なので。

白い壁が仕上がってくると、すごいことになります。



こちらの家では、漆喰を採用するため、

その白さは相当なもの。



LDKだけでなく、奥の奥まで、光がしっかりと

行き届く家になりそうです。





屋根に、ガルバニウム鋼板で、立ハゼ葺はよく使います。

緩い勾配にも使えるので、モダンなデザインにはフィットするから。



水上から、水下まで、一枚の鋼板にできるのは、

雨仕舞上、とても安心できます。



横葺きになると、どうしても、水が吹き上がると

漏水のリスクが高くなります。



屋根は、できるだけシンプルにして、

雨がスムーズに流れていくようにすることって

大事ですよね。



だからといって、カッコいいデザインにすることは

十分可能ですからね。



アクロバットで奇抜なデザインもよいのですが、

雨仕舞には、しっかり注意していきたいところです。 (続きを読む)

昨日、なんだか慌ただしくて、

改めて振り返ってみると、写真を一枚も撮らず。。



珍しい一日でした。



そうそう。

昨日、とても珍しい電話がありました。



片言な感じの日本語で。

「ナイトウセンセイですか?」

からスタート。



どうやら、中国の法人からの連絡らしい。

とめどなく話していきます。



若干、聞き取りにくさもあるのですが、

その辺は補完しながら聞いてみました。



その内容は。。。



中国の何とかという場所で(発音良すぎてわからず)

とても大きな敷地に、庭園、宿泊施設等々を

建設するプロジェクトがあるそうで、日本人の建築家を

探しているそうです。



サイトへ弊社を発見して、連絡を入れているとのこと。

家創りを専門としている私に、なぜなのか理解できず、

その旨を伝えてみました。



家創りが主であることを説明してみるものの、

あまり聞き入れる感じもなく。。。



どこまでが本当なのか、本心なのか。



正直よくわからないので、資料を取り揃えて見せてください。

拝見して、それから考えますと伝えて電話は完了しました。





どんな話になるのかは、わかりませんが、

一つ思ったこととして、通訳になる方が必要だなぁ

なんて気楽に思っている自分が、面白いなと思いました。



コミュニケーションや空気感を大事にしている分、

相手が他言語のお客様ともなると、どうなっていくのか。。



そんな時代が来るかもしれませんね。 (続きを読む)



昨日は、とある家創りの現場からスタート。



ミニマルなデザインでカッコいい平屋の家。

お客様と現場監督と一緒に、現場を見学してきました。



仕上がり具合を見学した後、

お客様からの確認事項があったり、

監督からの確認事項があったり。



工事途中に、こうやって、現場で

いろいろと確認できると、間違い等を回避できるので、

とてもいい機会になります。



いろいろと確認事項等があった中で、

ちょっとショックだったのは。。

決めていただいていたタイルが欠品してるとの報告。。



お客様はもちろんですが、私も楽しみにしていたタイル。

人気なタイルなんでしょうが。。



でも、やすやすとは、あきらめません。



メーカーの方に相談しながら、キャンセル等がないかを

確認していただいて、ちょっとずつを集めて、

何とか収集できないか検討します!!



輸入のタイルは、こういったことが起こるので、

決定したら、すぐに在庫を押さえたいですね。





こちらは、建物だけ先行してお渡していた家のワンショット。



玄関に入ると、正面にこの窓!

爽快に展開する、田園風景が、絵画のように切り取られています。



しかも。

この窓がは、南向き!



暗くなりがちな玄関が多い中で、

ビックリするくらいの明るさなんですよね。



しかも。

この抜け感のおかげで、玄関は相当広く見えます。



そんな仕掛けもいいですよ。






夕方からは、これから家創りを考えているご夫婦と初面談。



建売住宅を見学しながら、家を探していたのですが、

せっかくの家創りなら、もっと自由に、我慢せず、

家を創ってみたいと思ったそうです。



そこで、建築家に相談してみようと思い立って、

私を発見。お会いすることになりました。



とても敷居が高い感じがしていて、

門前払いもあるのかなと思いながら

面談に臨んでいただいたそうですが。。



とても気さくにお話していただけたようです。



私も無理せず、自然体でお話して

そういったお言葉いただけると嬉しいです。



昨日は、

家創りへの想いや、どんな流れで進めたらいいのか、

資金はどんな風に考えればよいか等、

家創りのいろんなことをお話させていただきました。



まずは、資金計画が大事!!

ということで、次回、FPと面談して、

資金を確定することから始めることになりました。



いいカタチで進むといいなと思います。





いろんな家創りが進行中。

毎日、大好きな家創りのことを考えることができて

ありがたいです! (続きを読む)



とても落ち着いた感じのキッチン周りです。



昨日、家創りを考えているお客様と

ショールームテートをしてきました!



朝一番で、クリナップのショールームに集合。

初めて、こういったショールームへ来られたそうです。



ドキドキしているのもつかの間。。

担当をしてくれる女性スタッフとご挨拶。



この女性。ご指名なんですよ。



実は、御兄弟が家創りをされていて、

家創りをご一緒させていただいているのですが、

その際、この女性スタッフに担当してもらったんです。



とてもハキハキされていて、迷いがなく、

とても説明がうまいんです。



ショールームの方というと、なんとなくですが、

中立的な感じのスタンスの方が多いのですが、

この方は、聞くと、私ならこれ!なんてハッキリしてる。



しかも。

なぜ、それがいいのかを、主観的に伝えるんですよね。



何がいいのかって?



だって。

初めて行って、正直よくわからない。



誰かに聞いてみたい。



聞いてみたら、どっちつかずの意見。。。

では、さらに迷ってしまいます。



合ってからの期間が短いので、

お客様に最適なご提案ができるということでもないのですが、

お客様って、参考になる意見ってほしいのではないかと思います。



相性のいい方に案内していただくと、

とってもスムーズになりますよ。





昨日のお客様も、しっかりと検討していただきながら、

とてもスムーズに選定していただけました。



楽しんでいただきながら、しっかりセレクト。



家創りの楽しさの一部を感じていただけました。

次から次へと進んでいく予定です。 (続きを読む)

ナイトウタカシ建築設計事務所

プロフィール

ナイトウタカシ建築設計事務所

「らしさ」を引きだして、カタチにします。

人の好みや生活スタイルは千差万別。 だから、私たちが創るものに「これ」という決まったテイストはありません。 理想のカタチは、建築家の考えだけで創り上げることはできないんです。 お客様との対話を...

ナイトウタカシ建築設計事務所の事例

  • K-House

    K-House

  • M-House

    M-House

  • KR-House

    KR-House

  • Hi-House_M

    Hi-House_M

  • 三角形の敷地に建つエレガントな家

    三角形の敷地に建つエレガントな家

  • 上品な色合いが印象的な、心地よい家

    上品な色合いが印象的な、心地よい家

  • 狭小敷地に建つ、光溢れる家

    狭小敷地に建つ、光溢れる家