永住したい打ち放しのマンション「R GREY」‐11‐竣工・入居開始




 9月1日から入居が始まった「R Grey」。

 本日、竣工写真を撮影しました。



 今回は全て私の撮影です。

 向かって左に自転車置き場があります。



 一旦、減額でなくなったのですが、最終的には予算を追加して、製作することになりました。



 既製品の自転車ポートなら、つくらない方がましと私が主張したからですが、復活するにあたり、いくらか協力することになりました。

 納得できるものができるなら、それでもいいと思っています。



 晴れたり曇ったりの一日でしたが、夕景撮影時まで晴れてくれました。



 1階右側の102号室。



 モデルルームとして開放してしますが、家具は全て私のもの。

 愛着さえわいてきます。



 キッチンは2.1mですが、1人または若いカップルには適切なサイズだと思っています。

 天井高さは2.6m。開口部の高さは2.4m。

 とても気持ちのよいはず。



 玄関の打ち放しの壁には、フックがついています。

 これはオーナーである弟からのプレゼント。



 コンクリートと相性がよく、なかなか美しいものなのです。



 エントランス。



 1階各住戸の入口。

 左上に防犯カメラがあります。



 2階の階段ホール。



 3階の階段ホール。



 共用部は、階段、手摺、開口部だけの空間ですが、ディティールにはこだわりました。



 奥にある寝室は初めからエアコン付き。



 収納も多めに確保しています。



 洗面。



 ユニットバスは白を選びました。

 何より、マンションのユニットバスで、窓がついているところはそうないと思います。



 風通し、日射のコントロールは常に追求しています。



 広く、風通しのよいバルコニーは、市街地に住むなら、価値はより高いものになります。



 模型。



 パース。



 その都度、設計の精度を高めてきたつもりですが、それは結果となって表れているのか。



 その評価は、全室が埋まることです。

 興味がある方は、気軽にお問い合わせください。

賃貸住宅サービス



◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


築80年、住吉の長屋を「碧の家 」に〈リノベーション〉‐5‐アドリブあってこそ




 屋根工事も終わり、内装工事が本格化してきました。



 2階屋根裏に隠れていた小屋梁が見えています。

 最近なら、自然木の形状をそのまま使うことはないので、なかなかの存在感です。



 この梁の反対側は階段室。

 その上部にあるのがロフトです。



 ロフトではハイサイド、階段室はトップライトを採用しました。

 長屋であったり、密集した市街地ではトップライトの力を借りることが多々あります。

 この窓が、階段を通して1階のリビングに光を届けてくれるでしょう。



 この日は、照明やスイッチコンセントの位置決めでした。



 クライアントお気に入りのブラケット照明です。

 ご自身にも、動き方を確認してもらい、綿密に位置を決めました。



 壁にあてがっているのは、壁紙がラミネートされたもの。

 A4ほどのサンプルをお渡ししましたが、全てラミネートして持ってきてくれたのです。



 基本は青森ヒバの無垢フローリングに、白い壁ですが、ポイントポイントに「碧」を中心とした色を取り入れました。

 それらを現場で確認しやすいよう、また汚れないようにラミネートして持ってきてくれたのです。

 ここまで大切にしてもらったなら、サンプルも浮かばれるというものです。

 ちょっと感激しました。




 リノベーションは、元の躯体と新たな部材のジャムセッションです。

 建築現場においても、クライアント、設計者、施工者のジャムセッションといえます。

 私はこの仕事を20年以上続けてきたので、失敗のない選択肢なら、確実に提案できます。

 しかし、完成した建物で、ここは素敵だなと思った部分は、そのような箇所ではありません。

 セオリーなら選ばないような選択肢を、クライアントがとても好きだと言ったとします。

 初めからは選ばないが、駄目だという明確な理由もない。

 よくよくイメージしてみると、案外いいかもしれない。トライしてみるか。そんな箇所なのです。

 全てがアドリブなら曲は成立しませんが、ところどころにそのような遊びや物語りが織り込まれているよほうがよい思うようになりました。

 さて、このアドリブはうまく曲のに乗るのか。

 私も楽しみにしているといえば、無責任に聞こえるでしょうか。

文責:守谷 昌紀

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


家事動線がコンパクトな「白のコートハウス」‐2‐中庭の効用


↑公式ブログへリンクしています。



 台風の通過で、建方が3日ほどずれこみました。



 何とか、盆休み前に上棟した「白のコートハウス」。



 エントランス周りは、家族用動線が別にあり、家事動線をコンパクトにしています。

 なぜコンパクトになるかは、もう少し工事が進んでから説明します。



 玄関から中庭を見ながらLDKに入って行く景色は、コートハウスならでは。

 近隣の視線を気にせず、開放できるのが最大の長所です。



 LDKはL字になっており、2面が中庭に接します。

 中庭に対しては、天井面まで開口部としました。

 建物の中心に行灯(あんどん)が差し込まれている光景をイメージしてもらえればと思います。

 直射光ではない、優しい光が常にそこから漏れてくるのです。



 2階は、中庭を囲むように4部屋を配置しました。



 主寝室には前室をもうけています。

 ゆったりとした空間になると思います。



 外部からの視線を気にしなくてよいバルコニー。

 この空間を使うのは主にご主人か。この用途も追々。



 中庭の足場がとれるのは10月頃か。

 その時に差す光が楽しみな計画なのです。

文責:守谷 昌紀



◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


築80年、住吉の長屋を「碧の家 」に〈リノベーション〉‐4‐「あお」は希望の色


↑公式ブログへリンクしています。



 打合せに向かうと、クライアントの車が現場の前に。



 後ろに、碧(あお)の屋根材が立てかけてあります。

 赤と補色の関係にあるのは緑ですが、それに負けず劣らず、コントラストがとても美しいのです。



 「碧」は深い青や、青緑、光り輝く青など、様々な意味を持ちます。

 「紺碧(こんぺき)の海」という表現が一番よくつかわれるものでしょうか。



 2階窓の腰から上が全て碧に葺かれた景色がとても楽しみです。



 玄関を入ると、内部は随分すっきりしてきました。

 1階を担当するのは親子大工。息子さんは、設計事務所も開設しているそう。



 最奥、トイレの横にあるのは中庭です。



 この僅かな外部が暮らしに潤いを与えるのです。

 前時代なら、トイレや浴室は建物から出来るだけ孤立する状態でなければ、衛生を保てなかったという逆側からの理由もあります。

 それらが、長屋の中庭文化を引き継がせてきたとも言えるのです。



 2階のロフトもさらに工事が進んでいました。



 ハシゴで登り、外をのぞくと碧の屋根がほぼ出来上がっていました。

 建築家・白井晟一の最後の作品を訪れたのは2012年の2月でした。

 1983年、78歳時の最後の作品で、「生前から最も好きだった色、ペルシアンブルーのタイルに挑戦したのでは」とお孫さんは語っていました。

 白井晟一ほどの巨匠が、そこまで慎重だったことに驚き、また納得もします。

 それにしても青は「希望」の色とはよく言ったものだ。

 彼はエッセイでこう語っています。

 私もクライアントの希望を現実とする碧だと確信しているのです。

文責:守谷 昌紀

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


永住したい打ち放しのマンション「R GREY」‐10‐自分の顔に責任を


↑公式ブログへリンクしています。



 足場の解体が始まりました。



 シートを外し、1日がかりで撤去します。



 今日、ようやく全ての足場がなくなりました。



 「R Grey」の名の通り、全てがグレー。



 階段ホールもグレー一色です。



 余談ですが、2、3階のガラスは、コストダウンのため父に施工してもらいました。



 コンクリート打ち放しは、いわば1点ものです。

 均一こそが現代技術とするなら、反対項にあると言えるかもしれません。

 建物の正面をフランス語で「ファサード」といいます。これは英語のフェイスと語源をともにするそうです。

 人を見掛けだけで判断してはなりませんが、髪も切らず、顔も洗わない人を好きな人はいません。

 また、リンカーンが「40歳を過ぎれば自分の顔に責任をもて」といった通り、大人にとっては言い訳無用なのです。

 住まい手が帰宅したとき、日々わずかでも「ここでよかった」と思ってもらえるような、秩序ある清潔なファサードを目指しました。



 この建物が好きな人が、ここで暮らしてくれたら……

 創り手にとって、これほど嬉しいことはありません。

 現在、3階は埋まったようです。引き続き、多くの人が見にきてくれればと思うのです。


101号室 LDK北向き


101号室 ダイニング101号室 リビング


101号室 キッチン


101号室 寝室


101号室 洗面


101号室 浴室


101号室 玄関

文責:守谷 昌紀

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


馳せ走ってもてなす、ご馳走‐1400‐


 7月も最終日になりましたが、暑さは増すばかり。



 夏に花をつける樹は限られますが、サルスベリと夾竹桃がその代表格でしょうか。

 ともに濃桃色。この気温の中で咲き誇るのですから、何ともタフな花弁です。

 昨日は、ある計画のプレゼンテーションでした。

 その際に、夏野菜のお土産をいただいたのです。


全て採れたての手作り野菜。美しいことこの上ありません。

 この暑い中、打合せ前に収穫していただいたと聞き、申し訳ないのと、有り難いのと……

 早速、その日のうちにいただきました。



 塩が少しあれば十分です。



 ゴーヤの淡い苦味は、食欲が増します。暑い地域の知恵はさすが。

 美味しい野菜の嬉しさは、若い頃の比ではありません。

 作家・水上勉は「飢餓海峡」、「雁の寺」など知られます。

 「土を喰う日々-わが精進十二カ月」は食にかんするエッセイで、軽井沢で暮らす水上氏の、四季の食卓を綴った本なのです。

 氏は家庭の事情で、小さい頃から禅寺へ修行に出されます。

 そこでの体験から、自然にあわせ、野菜と相談しながら料理をするという考えに導かれていきました。

 寺の畑に何もないような、寒い冬の来客に、心を砕いて「ご馳走」を用意する場面があります。

 「ご馳走とは、旬の素材を探し、馳せ走ってもてなすことだ」

 師のことばに、全てが表されているのです。

 精進料理の「精進」とは、精進するための料理ではなく、精進して作る料理だとありました。

 中心は自分ではなく、常に相手。

 その考えかたが心を育み、自分を成長させてくれるのでしょう。



 トマト大好きの娘は、モリモリと赤ばかり食べていました。

 これこそ幸せのいろどり。四季の味です。

 そして、心ある人になって欲しいと願うのです。


◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


くものすくぐって‐1399‐


 先週土曜日、3つの現場をまわりました。



 朝一番は「中庭のある無垢な珪藻土の家」。

 タイル工事に手直しがあり、私も立ち会ってきました。



 次は「KISHIWADA HOUSE」の1年点検。



 1階の玄関を入ったところが涼しいらしく、彼はここがお気に入りとのこと。



 9カ月振りの訪問でしたが、全てモノトーンでビシッときまっています。

 四季を過ごし、暑さ寒さの問題もないとのことでした。



 普段はテレビをみるのに、この席が一番人気だそうです。



 パウダールームは、奥さんがリラックスできる空間を目指しました。

 この日は残念ながら不在で、感想は聞けずでしたが。



 バスルームにレインシャワーがあるのですが、うまく雨になっていないようです。

 すぐに手直しの手配をしてもらいました。



 最後は「さかたファミリー歯科クリニック」の内覧会。



 ユニフォーム姿がとても凛々しく感じます。



 廊下と待合を兼ねた空間には、ところせましと花が並びます。



 受付の奥にあるのがカウンセリングルーム。

 早速何組かの方が相談されていました。



 妻と娘を連れていきましたが、院内をゆっくり見て回る機会はなかなかありません。



 娘も興味をもってみてくれたようです。



 治療体験もさせてもらいました。

 私たちが居るあいだは、絶え間なく訪問がありました。

 設計者としては嬉しいかぎりです。



 クリニックのイメージカラー、紫の濃淡でアレンジして欲しいと、近くのフラワーショップにリクエストしました。

 このあと、長男をピックアップし、バタバタと南港へ向かったのです。

 無垢にこだわった木造住宅、ミニマルな2世帯住宅、ランドマークを目指したクリニックと、本当に色々な仕事をさせてもらっています。

 10年程前、ある経営者に「あなたの強みは?」と質問されました。

 少し考えて「必ずクライアントの夢を実現することです」と答えました。

 すると「もっと何かに特化しないといけないね。差別化をはからないと」と。

 私のことを思いアドバイスしてくれたので、もちろん理解できます。特化することが、ビジネス上よいこともわかります。

 しかし、いくら沢山の仕事があったとしても、同じ道をたどることはさけたいし、クライアントも望んでいないと思うのです。

 一度も歩いたことのない道を行くから、大変ではあるけれど楽しいのです。

 「さんぽ」の歌詞にもあります。

 さかみち トンネル くさっぱら

 いっぽんばしに でこぼこじゃりみち

 くものすくぐって くだりみち

 歩きやすい道は、もっと優秀な誰かが先に歩いていきます。

 デコボコ道だけが残っているし、そこに物語りの種が落ちているのだと思うのです。


◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


弾丸フェリー<行ってなかった宮崎編>‐1398‐


↑公式ブログへリンクしています。



「家族で47都道府県制覇」が、家族旅行のテーマです。

 最後に宮城県を残すのみとなり、娘の誕生日以降、全県を訪れたかチェックしていると、宮崎を漏らしていたようなのです。

 急遽、船中2泊のいわゆる「弾丸フェリー」で行ってきました。



 土曜日の7:55pmに南港を出港。



 娘も小学4年になりましたが、2段ベッドを今でも十分喜んでいます。



 日曜日の7:45amに別府に到着。



 滞在時間が12時間なので、すぐに東九州自動車道を南下。宮崎へ向かいます。

 ようやく正真正銘46都道府県をまわりました。

 今回の目的地は高千穂峡。別府から車で2時間半ほど。



 このあたり、本当に渓谷が深いことに驚きます。

 この天翔大橋は、コンクリートのアーチ橋としては 日本一長い橋だそうです。



 阿蘇山の4度の噴火によってできた高千穂峡は深さが平均80m。

 7kmほどこのような景色が続きます。

 30分程待って、子供2人を手漕ぎボートに乗せました。

 7月上旬に九州北部を襲った豪雨の影響もあり、残念ながら水は濁り気味。

 それでも、日本の滝百選に選ばれた「真名井の滝」はなかなかの景色でした。



 この日も暑かったので、清水に冷えたラムネを。



 ラムネはやはりビンに限ります。



 溢れてしまう、この非効率さがよいのです。



 宮崎といえはチキン南蛮だそう。



 娘はオムライスに大満足していました。

 旅先で感じのよいカフェが見つかり、食事が美味しければいうことなしです。

 その後、大分まで戻り子供たちは体験型水族館「うみたまご」へ。

 私はカフェで所用を。



 夕方6:45pmに別府にわかれを告げ、今朝6:35amに南港に戻ってきました。

 「47都道府県制覇」を考えはじめたのが2011年5月の九州行きでした。



 普段一緒に食事をする機会もあまりないので、フェリーの旅がいいだろうと思ったのです。



 航路をみていると、九州は制覇できそう。

 東日本への航路も結構あり、全県制覇も可能だと分かりました。

 今年の盆休みに杜の都・仙台へフェリーで行き、完結する予定です。

 しかし、現在進めているプロジェクトの大きな山が8月中旬にきそうなのです。

 フェリーも宿も勿論予約をとっていますが、余談を許さない状況になってきました。

 普段、曜日は関係なく働きますが、盆、正月、ゴールデンウィークで、コツコツとつみあげてきました。

 この夏で完結できるかは、8月上旬までの頑張りに掛かってきました。

 宮崎県といえば、東国原元知事がこういいました。

 「どげんかせんといかん」

 何とかできるか。暑い夏になりそうです。

<目指せ、家族で47都道府県制覇>
46/47 【】はまだ

北海道

青森 岩手 【宮城】 秋田  山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟県 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

沖縄





◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


13年振りにエールを送る‐1397‐


↑公式ブログへリンクしています。



 梅雨明け宣言が話題にならない程、天気の良い日が続きます。


 
 長男はすでに夏休みに入っていますが、娘も明日から夏休み。

 今年はヘチマを育てるようです。



 今日は打合せのあと「さかたファミリー歯科クリニック」に寄ってきました。



 明日から3日間の内覧会が始まります。



 受付では2人の女性スタッフが、明日の準備をしていました。

 贈花が届き、文字通り華をそえます。



 先日、2004年9月にこの日記を始めたと書きました。これは「つるみ歯科クリニック」の開院がこの時期だったからです。

 つるみ歯科クリニックの院長のお父様も医師。

 こちらの院長のご親族も、医師が沢山おられる医師一家なのです。



 廊下に掛かっていた額はお父様が描かれたものです。

 水彩でフィレンツェを描いたものですが、どんなストーリーがあるかは院長にお訪ねて下さい。

 般若心経には「色即是空(しきそくぜくう)」という言葉があります。

 色は物質的存在を指しますが、それらは固定的実態のないもので、全ては空だという考えです。

 物質的存在が全てが空だとしたら、人は何故生きるのか。

 人と人の関係性、心の中に生きるのだと思います。

 心がなければ、人とて物質の1つにすぎません。



 坂田さんのこの笑顔を見たときから、この計画は必ず上手く行くと確信していました。

 地域の皆さんに愛される、クリニックへと育てていかれるのだと思います。

 13年振りにエールを送りたいと思うのです。



◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)


築80年、住吉の長屋を「碧の家 」に〈リノベーション〉‐3‐最後は勘


↑公式ブログへリンクしています。



 梅雨が明け、「碧の家 」も屋根工事が始まりました。



 クライアントからの現場レポートで、屋根瓦を降ろす写真が届きました。



 これが鬼瓦。

 中央は家紋をいれることもあります。

 これだけ工事に興味を持ってもらえると、現場の士気も間違いなく上がるはずです。



 今日現場へいくと、屋根下地の工事がほぼ終わっていました。

 左上にロフトの窓が見えています。



 1階のダイニング・キッチンから見返すと、右が玄関で左がキッチン。



 キッチンエリアは天井高さを上げるため、構造体からやり替えています。



 反対の建物1番奥には中庭があります。

 そこにトイレ部分が突き出しているのですが、これも天井高さを上げるため、基礎からやりなおすことにしました。



 リノベーションは既存の構造体をできるだけ活かし、足らずのところに新たな構造体を加えていきます。

 しかし解体してみて、予想以上に遣り替えが必要な部分もやはりでてきます。

 それらをなんとか現場でやり繰りするには、監督、大工など、現場チームの「良いものにしたい」という気持ちが大切です。

 そういう意味では、誰に仕事をしてもらうかはとても重要なのです。



 正面からみえていた、2階のロフト部分。

 かなりの高さですが、クライアントにハシゴで登ってもらいました。



 その眺めのよさに、「PLの花火が見えるかも」と歓声まであげてもらいました。

 建築を設計するのが建築設計ですが、それはあくまで物を中心にした考え方です。

 そこに立った人の目に映る風景を設計することこそが、本来の目的なのです。

 まだないものを想像することを生業にして四半世紀。

 根拠にしているのは、高さ、方角、寸法など、いわゆる数字ですが、最後はそれら全てを合わせた勘です。

 これを書いてしまって大丈夫なのか心配ですが、本当のことなのです。

文責:守谷 昌紀


◇一級建築士事務所 アトリエ m◇

建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記 (続きを読む)

株式会社一級建築士事務所アトリエm

プロフィール

株式会社一級建築士事務所アトリエm

夢は必ず実現する、してみせる。

一級建築士  守谷 昌紀 (モリタニ マサキ) ・2013年1月6日 『匠が選ぶビフォーアフター大賞2012』空間アイデア部門賞受賞 ・雑誌は多数掲載→http://www.atelier-m.com/pub.html 1970年 大阪市平野区生...

株式会社一級建築士事務所アトリエmの事例

  • 加美の家

    加美の家

  • イタウバハウス

    イタウバハウス

  • サロンのある家

    サロンのある家

  • あちこちでお茶できる家

    あちこちでお茶できる家

  • 住之江の元長屋改修 『大改造!!劇的ビフォーアフター』放映

    住之江の元長屋改修 『大改造!!劇的ビフォーアフター』放映

  • kayashima photo studio Ohana

    kayashima photo studio Ohana

  • つるみ歯科クリニック

    つるみ歯科クリニック

  • ウンテイのある家

    ウンテイのある家

  • 紫竹の家

    紫竹の家