このたび、NHK【美の壺】「石垣」特集に、出演することになりました。


■ 11/3(金) 19時30分 BSプレミアム

(再放送 翌金曜 午前6時 / Eテレ)
に放映されます。


番組中の沖縄の「座喜味城跡 (グスク)」に関する部分です。

建築家の視点から、魅力を伝えてほしいということで、
現地にて収録しました。

「座喜味城跡」は、世界遺産である「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つで

波打つ石積みの壁が特徴の構築物です。
---------------------------------------------------------------------------
30年前、沖縄にはじめて訪れた折「座喜味城跡」と出会い、

その大地と一体になった存在感と、人を包み込むようなやさしさに感激しました。

そのときの感動をもとに、その後【沖縄・くすぬち平和文化館】

を設計しました。




このことが、今回の話へとつながりました。





「座喜味城跡」と「沖縄・くすぬち平和文化館」に関しては、

【沖縄建築パラダイス「ミステリアスに波打つ石垣「グスク」】
http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2014112005651.html


でもご覧になれます。 (続きを読む)

NHK「美の壺」の「石垣」特集に、私が出演することになりました。
■その放映日が、
11/3(金) 午後7時30分 BSプレミアム 毎週金曜
(再放送毎週金曜 午前6時 / Eテレ)
に変更となりました。


------出演することになった内容と経緯は、以下の通りです。------

NHK「美の壺」では、「石垣」をテーマとした特集を計画していますが
そこで取り上げる、沖縄の「座喜味城跡 (グスク)」について
私に、建築家の視点から、現地で解説してほしいとの依頼がありました。

「座喜味城跡」は、世界遺産である「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つであり、
波打つ石積みの壁が特徴の構築物です。

沖縄にはじめて訪れた折「座喜味城跡」と出会い、
その大地と一体になった存在感と人を包み込むようなやさしさに感激しました。

そのときの感動をもとに、その後【沖縄・くすぬち平和文化館】 を設計しました。



この「沖縄・くすぬち平和文化館」の建築に関心を持って頂くことから、
朝日新聞デジタルの取材を受けました。
沖縄建築パラダイス「ミステリアスに波打つ石垣「グスク」がそれです。


今回 「美の壺」の担当の方は、この朝日新聞デジタルの記事を読んだことから、出演の依頼となりました。 (続きを読む)


NHK「美の壺」では、「石垣」をテーマとした特集を計画しています。
そこで取り上げる、沖縄の「座喜味城跡 (グスク)」について
私に、建築家の視点から、現地で解説してほしいとの依頼がありました。


「座喜味城跡」は、世界遺産である「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つであり、
波打つ石積みの壁が特徴の構築物です。

沖縄にはじめて訪れた折「座喜味城跡」と出会い、
その大地と一体になった存在感と人を包み込むようなやさしさに感激しました。

そのときの感動をもとに、その後【沖縄・くすぬち平和文化館】 を設計しました。



この「沖縄・くすぬち平和文化館」の建築に関心を持って頂くことから、
朝日新聞デジタルの取材を受けました。
沖縄建築パラダイス「ミステリアスに波打つ石垣「グスク」がそれです。


今回 「美の壺」の担当の方は、この朝日新聞デジタルの記事を読んだことから、出演の依頼となりました。
収録のため、沖縄に行きます。
「座喜味城跡 (グスク)」とまた出会えることがとても楽しみです。

■放映は
9/1(金) 午後7時30分 BSプレミアム 毎週金曜
(再放送毎週金曜 午前6時 / Eテレ)

の予定です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
e-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.prime-arc.com   
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ (続きを読む)



おすこやかにおすごしのことと思います。
このたび世田谷区深沢に、住宅が完成致しました。
特徴は構造と光です。
シンプルな切妻屋根を、照明を組込んだつなぎ梁が支えます。

下記の日程で、見学会を行います。
皆様のお越しをお待ちしております。

日時  7月 1日(土) 12時〜18時30分
場所  東京都世田谷区深沢


※ ご来場希望の方は、恐れ入りますが、

お名前 ・住所 ・電話番号
をご記入の上、


・メール PRIME@a.email.ne.jp

・若しくは FAX 03-3354-3745  


に
ご連絡いただければと思います。


詳しくは
http://www.prime-arc.com/82/openhouse/KUM_kengaku_2

をご覧下さい。 (続きを読む)



【いまいづみ幼稚園未来館】 が竣工しました


【いまいづみ幼稚園】 の増築です。

未就園児のための親子子育て教室や、同窓生のための英会話教室などに使われます。
五角形の空間を生かして、動きのある自由度の感じられる空間を
形づくりました。
多様な活動が誘発されればと願っています。

ご覧いただければ、幸いです。



【設計主旨】
この建築は、幼稚園に新たな機能を拡充するために計画されました。
未就園児のための親子子育て教室や、同窓生のための英会話教室などに使われます。
かき込まれたような不定形な敷地形状に合わせて、その輪郭をなぞるように、
五角形の部屋を3つ集めて平面を形づくりました。
五角形は各辺がいろいろな方向を向くので、
動きのある自由度の感じられる空間が生まれます。
また、五角形の部屋を2つつなげると、いろいろな方向を向く壁によって
各所にコーナーが生まれ、奥行きの感じられる空間となります。
このように、五角形の特徴を生かすことで、多様な活動が誘発されるような空間を
実現していきました。
構造は木造とし、木がもつ豊かな表情を内装に生かしました。
壁のいろいろな方向性が際立つように、天井は平行な木梁が一方向に並ぶ構造としています。
外観は、五角形の各部屋を斜めに切り落とすように屋根をかけました。
特徴的な形が重なり合うことで、見る角度によって様々な表情が生まれ、動きが感じられます。
飛躍をめざす幼稚園の心意気が感じられる建築であればと願っています。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
E-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.ne.jp/asahi/prime/nishijima/     
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ (続きを読む)



【シェルハウス】が、 「最も詳しい屋根・小屋組の図鑑」(発行:エクスナレッジ 3/27発行)に掲載されました。(P45)
木造でつくったひねりのある曲面屋根が注目されました。
ご覧頂ければ幸いです。 

■ 設計主旨
幼稚園園長の家です。
建主の願いは「子どもや地域の『集いの場』でありたい」とのこと。
その思いを受け、広い居間を柔らかく包み込む構造として、
うねるような3次元曲面を描くHPシェルと呼ばれる特殊な構造の屋根にしました。
大きな断面の梁材を使わずに、小さい部材によって軽やかに架構できる構造で、
めざす空間にふさわしいと考えました。
 構造は木造としました。計算上は、6m×7.5mの空間を、合板2枚の厚み(24mm)で覆うことができます。
合板同士をねじれた形で固定しつなぎ合わせるためには、継ぎ目をしっかりとめる必要があるので格子状に「繋ぎ材」を入れることにしました。
この「繋ぎ材」上面をHPシェル曲面に合わせるため、
設計時は繋ぎ材」自体をねじる計画でしたが、現場では、棟梁の提案で、1本1本上面を削る事にしました。
施工上は手間がかかりましたが、大きな空間を軽やかに架構するには、他にはない魅力的な構造形式ではないかと考えています。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
E-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.ne.jp/asahi/prime/nishijima/     
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
(続きを読む)

日本テレビの長寿番組「ぶらり途中下車の旅」(9/17(土)放映)で
【フラッツCN】が取り上げられました。
この建築は、築100年の蔵を残すために、
1階が小さく上に行くほど大きくなる、逆三角形の9階建てマンションです。



東京メトロ有楽町線「護国寺駅」下車のコーナーでの紹介で
奥に建つ蔵に、案内役の中井美穂さんが惹かれ、路地に入っていきます。
蔵に興味を示す中井美穂さんは「新築なのに蔵を残した」ことに感心し、
見上げると、建築が蔵を残すために「ねじれた形になっている」と驚きます。

1階には「日本の伝統技術で作る時計」時計のショールーム
「タカタレムノス」が入っていて
鋳物や各種素材を駆使した時計や小物も見物です。

立地が、春日通りから一本入った路地にあり、人出が多くないため、
計画中は1階テナントが入るかどうか心配されました。
ところが完成直後に、建築を見て気に入って頂いた「タカタレムノス」社が入店。
コンクリート打ち放し仕上げをそのまま生かしたすてきなショールームになっています。

この建築は一見、上が大きく不安定に見えますが、
免震構造になっているため、巨大地震にも耐えられる安全な設計になっています。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
e-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.prime-arc.com   
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ (続きを読む)

美しいものは、いつの世でも
お金やヒマとは関係ない
みがかれた感覚と、まいにち
の暮らしへの、しっかりした眼
と、そして絶えず努力する手
だけが、一番うつしいもの
をいつも作り上げる 
 


【『暮しの手帖』創刊号の巻頭に掲げられた 編集長 花森安治の文。
NHK日曜美術館「“暮し”にかけた情熱 花森安治30年間の表紙画」
(7月17日放映)の中で、出会った言葉です。

うつくしいものを実現する上で必要なのは
「感覚」と「眼」と「手」。

この3つの中でもっとも得がたいのが「みがかれた感覚」でしょう。
こればかりは一生かかっても、得られない、
そういうものかもしれません。
日曜美術館のナレーションでは、なぜか「みがかれた感覚と」
の部分だけは省略していました。
このことが妙に印象に残りました。

3つの中で、私が好きなのは、「絶えず努力する手」です。
「みがかれた感覚」も、「しっかりした眼」も、
すぐには手に入らないが
「努力する手」だけは、今日からでも、はじめられそうです。
そしていつの日か、
「努力する手」が「しっかりした眼」を育て、
「みがかれた感覚」をきたえ、
うつくしいものが生まれるのではないか。
そんな未来への期待を与えてくれる言葉でもあります。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
e-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.prime-arc.com  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ (続きを読む)



16年前に設計した【自由が丘の家】が売却されることになりました。
新聞の折込広告を見た34組の方々が見学会に参加。
結局、最初に来られた方が、提示価格のまま、その場で即決、購入ということになりました。

このお話を私に教えて下さったのは、見学会に参加したが、時間差で購入できなかったという方でした。
その方は、どうしても同様の雰囲気の住宅がほしいと考え、建築家を教えてほしいと担当の不動産業者にたずね、私の方にご連絡頂いたのでした。
そして今、新たに土地を入手し、正式に設計がスタートすることになりました。

中古の家の価値が無いに等しいといわれる中、築15年の家に、たくさんの方々が高い関心を持って頂き、その価値を高く評価いただいたことをたいへんうれしく思っ
ています。
そして「どうしてもあのような空間に住みたい」と熱い思いをもって、設計を依頼頂いたことに深く感謝と感激をしています。
一つの住宅が、時を経て、新たな住宅の誕生へとつながっていく、うれしい春となりました。

【自由が丘の家】について、詳しくは
http://www.prime-arc.com/27/27.html
をどうぞ

■概要
道路の十字路に面して建つ住宅です。
道路からのプライバシーが守られるように、1Fは重厚なコンクリートで囲み込み、その上に、木造で開放的に住空間を展開しました。
1階は駐車場 ( 2台 )のスペースに柱が落ちないように、5m持ち出す構造としました。
2階に大きな吹抜を持つ2階居間を中心に、生活空間を配置しました。
居間に続く食堂を、そのまま、テラスに連続することで、広がりを生み出すと共に、3階寝室や子供室が、吹抜に面することで、一体感が生まれるように配慮しまし
た。
特に寝室は、吹抜に対して引き戸で開閉できることで、連続感とプライバシーとを調整できるようになっています。
浴室は,白色系で統一することで、他の部屋との対比を際立たせ、トップライトと坪庭により、外にいるような開放感が感じられるようにしました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
e-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.prime-arc.com   
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ (続きを読む)



homifyのマガジン欄に
【スキップテラスの家】が掲載されました。
https://www.homify.jp/ideabooks/622722/
『高低差のある土地に建つスキップテラスの家』というタイトルです。

【スキップテラスの家】について、詳しくは、こちらへ

【スキップテラスの家】

■概要
坂に面して建つ住宅です。
敷地の高低差を利用して、外部空間に地上から2階まで、
段差のある外部空間を形づくり、室内と結びつけることで、
多様な住空間を展開しました。
白い四角の外観の中に、内部、外部、吹抜等を立体的に
組み込み、広がりのある建築空間をめざしています。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
西 島 正 樹

株式会社プライム一級建築士事務所
PRIME INC.ARCHITECTURE AND PLANNING
〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−10−4F
TEL : 03-3354-8204 FAX : 03-3354-3745  
e-mail : PRIME@a.email.ne.jp
http://www.prime-arc.com   
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ (続きを読む)

(株)プライム一級建築士事務所

プロフィール

(株)プライム一級建築士事務所

人間の内面と呼応する空間

【代表建築家 西島正樹】 プロフィール  1959年 東京生まれ  1982年 東京大学工学部建築学科卒業  1984年 東京大学大学院建築学専攻修士課程修了  1984年 ㍿石本建築事務所勤務  ...

(株)プライム一級建築士事務所の事例

  • 光をつなぐ家

    光をつなぐ家

  • 海の見える丘の家

    海の見える丘の家

  • 杉並の家

    杉並の家

  • 菱形の家

    菱形の家

  • 森を望む家

    森を望む家

  • 中空のコートハウス

    中空のコートハウス

  • 日本橋-川辺の家

    日本橋-川辺の家

  • コーナーガーデンの家

    コーナーガーデンの家

  • さざなみの家

    さざなみの家