主なカテゴリ

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

この建築家に問い合わせる

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

甲陽園の家2

兵庫県西宮市の落ち着きのある住宅地に建つ住宅です。 クライアントは敷地選びの時に弊社にお越しいただき、その後私たちと一緒に候補の敷地を数件回られた後にこの敷地を選ばれました。 敷地は前面道路側は道路から1メートル程度上がっており、反対に敷地奥側はやや勾配のある傾斜地となって下る形になっています。 建物はほぼ立方体の2階建てです。 建物中央には玄関を兼ねた中庭のような吹き抜けのサンルームがあり、1Fのリビング、キッチン&ダイニング、和室はこのサンルームを取り囲む形で配置されています。 サンルームを挟む和室とリビングは敷地形状に倣い、敷地奥に向かって階段状に下るスキップフロア状の配置になっています。 キッチン&ダイニングと和室に挟まれたコーナー部分には第2の吹き抜けとも呼べる階段スペースがあります。 この階段スペースは3方をぐるっとお施主様ご指名の壁面本棚が取り囲み、そこに本棚と意匠を揃えた鉄骨階段が本棚をなめるように設置されています。 また、階段下の床は1段下がっていて、旦那様の書斎にもなっています。 二つの吹き抜けはそれぞれトップライトを有し建物全体の明り取りの役割も担います。 そして、生活動線の一部として組み込まれるように配置することで、日常の生活空間に床や天井の高低差、明るさ、視界の広がりなどのコントラストを与え、刺激のある空間構成になるよう計画しています。 また、この2つの吹き抜けは、空間を繋げながらも緩やかに分節しています。 これによって、住人が思い思いに過ごせる場をところどころに作る仕掛けにもなっています。 例えば、サンルームにつながる小上がり、まわりより床が下がったソファー、階段下のワークデスク、2階のワークデスク、2階のサンルームをぐるりとまわる廊下など。 例えばソファーあたりからサンルーム越しに畳の部屋を眺める場合、視線は奥へと連続して空まで抜けますが、床のレベル差による視線のずれで人とほど良い距離感を作ります。 このように、2つの吹き抜けは視線や空気の抜けによるつながり感を演出しつつも、生活する人々の視線をうまくずらしたり外したりすることで適度な距離感を作れる空間を随所に散りばめられるように設計しています。

概要

作品名 甲陽園の家2
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 兵庫県西宮市甲陽園
敷地面積174.46㎡(52.8坪)
延床面積116.49㎡(35.2坪)
ロケーション住宅地
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊能郡の家

建物は大阪北部の住宅街、北西方向に景色が開けた場所にあります。 土地探しからの相談で、半年程度の期間に複数の候補を見学し、今回の敷地に決めていきました。 当初は、趣味の楽器演奏を楽しむスペースや、絵画を楽しむスペースなども希望としてありましたが、 打ち合わせを重ねた結果、この敷地の景色を楽しむということに要望を絞った設計を希望されました。 計画全体としては、コンパクトでありながらも、家の中央にサンルームを設けることで、 広がりのイメージを増幅させることが出来ないかと考えました。 建物はコンパクトな平屋を提案しました。天井高さを取ることで、開放感を高めています。 景色に面した位置にLDKを持ってきて、大きなガラス面を設けています。サンルームのガラス面にも景色が映り込み、 さらに広がりが感じられます。また、LDKに面して水盤を設けることで、光の反射光などが家に入り、 環境の変化をより感じることができるようになっています。ワークスペースや洗面からは、サンルーム越しに景色を楽しめます。 家の中央にサンルームを設けることで、家の中央から各所に通気と、LDKに南面からの採光を確保しています。 大阪では冬の寒さがきつい地域に位置しており、サンルームの開口をコントロールすることで、 全体の空調をコントロールできるようにしています。

概要

作品名 豊能郡の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府豊能郡
構造木造
敷地面積228.71㎡(69.2坪)
延床面積81.06㎡(24.5坪)
ロケーション住宅街

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊能郡の家

建物は大阪北部の住宅街、北西方向に景色が開けた場所にあります。 土地探しからの相談で、半年程度の期間に複数の候補を見学し、今回の敷地に決めていきました。 当初は、趣味の楽器演奏を楽しむスペースや、絵画を楽しむスペースなども希望としてありましたが、 打ち合わせを重ねた結果、この敷地の景色を楽しむということに要望を絞った設計を希望されました。 計画全体としては、コンパクトでありながらも、家の中央にサンルームを設けることで、 広がりのイメージを増幅させることが出来ないかと考えました。 建物はコンパクトな平屋を提案しました。天井高さを取ることで、開放感を高めています。 景色に面した位置にLDKを持ってきて、大きなガラス面を設けています。サンルームのガラス面にも景色が映り込み、 さらに広がりが感じられます。また、LDKに面して水盤を設けることで、光の反射光などが家に入り、 環境の変化をより感じることができるようになっています。ワークスペースや洗面からは、サンルーム越しに景色を楽しめます。 家の中央にサンルームを設けることで、家の中央から各所に通気と、LDKに南面からの採光を確保しています。 大阪では冬の寒さがきつい地域に位置しており、サンルームの開口をコントロールすることで、 全体の空調をコントロールできるようにしています。

概要

作品名 豊能郡の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府豊能郡
構造木造
敷地面積228.71㎡(69.2坪)
延床面積81.06㎡(24.5坪)
ロケーション住宅街

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊能郡の家

建物は大阪北部の住宅街、北西方向に景色が開けた場所にあります。 土地探しからの相談で、半年程度の期間に複数の候補を見学し、今回の敷地に決めていきました。 当初は、趣味の楽器演奏を楽しむスペースや、絵画を楽しむスペースなども希望としてありましたが、 打ち合わせを重ねた結果、この敷地の景色を楽しむということに要望を絞った設計を希望されました。 計画全体としては、コンパクトでありながらも、家の中央にサンルームを設けることで、 広がりのイメージを増幅させることが出来ないかと考えました。 建物はコンパクトな平屋を提案しました。天井高さを取ることで、開放感を高めています。 景色に面した位置にLDKを持ってきて、大きなガラス面を設けています。サンルームのガラス面にも景色が映り込み、 さらに広がりが感じられます。また、LDKに面して水盤を設けることで、光の反射光などが家に入り、 環境の変化をより感じることができるようになっています。ワークスペースや洗面からは、サンルーム越しに景色を楽しめます。 家の中央にサンルームを設けることで、家の中央から各所に通気と、LDKに南面からの採光を確保しています。 大阪では冬の寒さがきつい地域に位置しており、サンルームの開口をコントロールすることで、 全体の空調をコントロールできるようにしています。

概要

作品名 豊能郡の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府豊能郡
構造木造
敷地面積228.71㎡(69.2坪)
延床面積81.06㎡(24.5坪)
ロケーション住宅街

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊能郡の家

建物は大阪北部の住宅街、北西方向に景色が開けた場所にあります。 土地探しからの相談で、半年程度の期間に複数の候補を見学し、今回の敷地に決めていきました。 当初は、趣味の楽器演奏を楽しむスペースや、絵画を楽しむスペースなども希望としてありましたが、 打ち合わせを重ねた結果、この敷地の景色を楽しむということに要望を絞った設計を希望されました。 計画全体としては、コンパクトでありながらも、家の中央にサンルームを設けることで、 広がりのイメージを増幅させることが出来ないかと考えました。 建物はコンパクトな平屋を提案しました。天井高さを取ることで、開放感を高めています。 景色に面した位置にLDKを持ってきて、大きなガラス面を設けています。サンルームのガラス面にも景色が映り込み、 さらに広がりが感じられます。また、LDKに面して水盤を設けることで、光の反射光などが家に入り、 環境の変化をより感じることができるようになっています。ワークスペースや洗面からは、サンルーム越しに景色を楽しめます。 家の中央にサンルームを設けることで、家の中央から各所に通気と、LDKに南面からの採光を確保しています。 大阪では冬の寒さがきつい地域に位置しており、サンルームの開口をコントロールすることで、 全体の空調をコントロールできるようにしています。

概要

作品名 豊能郡の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府豊能郡
構造木造
敷地面積228.71㎡(69.2坪)
延床面積81.06㎡(24.5坪)
ロケーション住宅街

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊能郡の家

建物は大阪北部の住宅街、北西方向に景色が開けた場所にあります。 土地探しからの相談で、半年程度の期間に複数の候補を見学し、今回の敷地に決めていきました。 当初は、趣味の楽器演奏を楽しむスペースや、絵画を楽しむスペースなども希望としてありましたが、 打ち合わせを重ねた結果、この敷地の景色を楽しむということに要望を絞った設計を希望されました。 計画全体としては、コンパクトでありながらも、家の中央にサンルームを設けることで、 広がりのイメージを増幅させることが出来ないかと考えました。 建物はコンパクトな平屋を提案しました。天井高さを取ることで、開放感を高めています。 景色に面した位置にLDKを持ってきて、大きなガラス面を設けています。サンルームのガラス面にも景色が映り込み、 さらに広がりが感じられます。また、LDKに面して水盤を設けることで、光の反射光などが家に入り、 環境の変化をより感じることができるようになっています。ワークスペースや洗面からは、サンルーム越しに景色を楽しめます。 家の中央にサンルームを設けることで、家の中央から各所に通気と、LDKに南面からの採光を確保しています。 大阪では冬の寒さがきつい地域に位置しており、サンルームの開口をコントロールすることで、 全体の空調をコントロールできるようにしています。

概要

作品名 豊能郡の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府豊能郡
構造木造
敷地面積228.71㎡(69.2坪)
延床面積81.06㎡(24.5坪)
ロケーション住宅街

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊能郡の家

建物は大阪北部の住宅街、北西方向に景色が開けた場所にあります。 土地探しからの相談で、半年程度の期間に複数の候補を見学し、今回の敷地に決めていきました。 当初は、趣味の楽器演奏を楽しむスペースや、絵画を楽しむスペースなども希望としてありましたが、 打ち合わせを重ねた結果、この敷地の景色を楽しむということに要望を絞った設計を希望されました。 計画全体としては、コンパクトでありながらも、家の中央にサンルームを設けることで、 広がりのイメージを増幅させることが出来ないかと考えました。 建物はコンパクトな平屋を提案しました。天井高さを取ることで、開放感を高めています。 景色に面した位置にLDKを持ってきて、大きなガラス面を設けています。サンルームのガラス面にも景色が映り込み、 さらに広がりが感じられます。また、LDKに面して水盤を設けることで、光の反射光などが家に入り、 環境の変化をより感じることができるようになっています。ワークスペースや洗面からは、サンルーム越しに景色を楽しめます。 家の中央にサンルームを設けることで、家の中央から各所に通気と、LDKに南面からの採光を確保しています。 大阪では冬の寒さがきつい地域に位置しており、サンルームの開口をコントロールすることで、 全体の空調をコントロールできるようにしています。

概要

作品名 豊能郡の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府豊能郡
構造木造
敷地面積228.71㎡(69.2坪)
延床面積81.06㎡(24.5坪)
ロケーション住宅街

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊能郡の家

建物は大阪北部の住宅街、北西方向に景色が開けた場所にあります。 土地探しからの相談で、半年程度の期間に複数の候補を見学し、今回の敷地に決めていきました。 当初は、趣味の楽器演奏を楽しむスペースや、絵画を楽しむスペースなども希望としてありましたが、 打ち合わせを重ねた結果、この敷地の景色を楽しむということに要望を絞った設計を希望されました。 計画全体としては、コンパクトでありながらも、家の中央にサンルームを設けることで、 広がりのイメージを増幅させることが出来ないかと考えました。 建物はコンパクトな平屋を提案しました。天井高さを取ることで、開放感を高めています。 景色に面した位置にLDKを持ってきて、大きなガラス面を設けています。サンルームのガラス面にも景色が映り込み、 さらに広がりが感じられます。また、LDKに面して水盤を設けることで、光の反射光などが家に入り、 環境の変化をより感じることができるようになっています。ワークスペースや洗面からは、サンルーム越しに景色を楽しめます。 家の中央にサンルームを設けることで、家の中央から各所に通気と、LDKに南面からの採光を確保しています。 大阪では冬の寒さがきつい地域に位置しており、サンルームの開口をコントロールすることで、 全体の空調をコントロールできるようにしています。

概要

作品名 豊能郡の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府豊能郡
構造木造
敷地面積228.71㎡(69.2坪)
延床面積81.06㎡(24.5坪)
ロケーション住宅街

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

景色を楽しむ家

景色がひろがる敷地に建物はあります。 南国のリゾートが好きな建築主の方で、景色を楽しみながら日々の生活が過ごせるような敷地を、数年間掛けて探し出したとのことです。 そのような経緯から、この景観を家中から楽しめ、さらに景色のイメージを増幅させる空間を提案したいと考えました。 そこで、敷地の中に2本の植栽の道を設定し、それが建物を貫くことで、外部の景観と内部の空間が、親密に繋がっていくデザインを提案しました。 植栽の道は、建物内に入ると植栽が植わったサンルームとなり、建物内部に緑と光をもたらし、建物内部を貫いていきます。 建物中央にはLDK空間があり、そこから、景観を望むとサンルームとガラスに反射した景色が映り込みます。 サンルームがあり、そのガラス面に外部と内部の緑が重なり合うことで、建物内部に景色が入り込んでくるようなイメージを実現しています。 中央のLDKの周囲には、サンルームを挟んで寝室や子供室、和室、オフィスといった個室を配置。 全ての個室からサンルームを望むことが出来ます。 外部の目線は気ならず、リゾートのような雰囲気を実現しています。 さらに、夜はサンルームの植栽がライトアップされることで、グランピングのようなイメージになると、建築主の方の感想を頂いています。

概要

作品名 景色を楽しむ家
ジャンル 平屋,別荘,現代建築・現代住宅
所在地 奈良県
間取り平屋
基礎べた基礎
外壁スクエア
屋根の形フラット
構造木造
敷地面積350.64㎡ 106坪
延床面積126.66㎡ 38坪
ロケーション景色の良いところ

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

トップライトの光を1階まで導く方法

平塚に建つ住宅です。 トップライトからの光を1階まで導くスノコ状の床がポイントです。 設計のプロセスや現場の進捗など、ブログでご紹介しています。 ぜひご覧ください! https://ameblo.jp/atelier137/theme-10015921180.html

概要

作品名 056平塚Kさんの家
ジャンル 現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,都市型住宅
所在地 神奈川県

プロフィール

鈴木宏幸 / アトリエ137一級建築士事務所

美しい家をつくりたい!

トップライトの光を1階まで導く方法

平塚に建つ住宅です。 トップライトからの光を1階まで導くスノコ状の床がポイントです。 設計のプロセスや現場の進捗など、ブログでご紹介しています。 ぜひご覧ください! https://ameblo.jp/atelier137/theme-10015921180.html

概要

作品名 056平塚Kさんの家
ジャンル 現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,都市型住宅
所在地 神奈川県

プロフィール

鈴木宏幸 / アトリエ137一級建築士事務所

美しい家をつくりたい!

箕面の家3

大阪北部の分譲地として、新しく開発された住宅地に建つ住宅です。 周辺はハウスメーカーの規格住宅が立ち並び、一部建築条件が外された一画をクライアントが購入されました。 立地条件は、両側住宅が並びながらも下から見上げる視線や、上から見下ろす視線といういろいろな高低差から眺められるという特徴があり、それを生かしていくことを考えました。 外観は、大きな木の葉のような大屋根が住居部分に被さるような形状で、道路側にはね出した大屋根の突端が遠くからでも一目でわかる存在感を与えてくれます。 この大屋根は、下の道路を通る人が見上げるときや、上の公園あたりから見下ろすときに、その木の葉のような屋根形状が感じられるように検討していきました。 大屋根は、住居部分から横にも大きく張り出しており、1台分のカーポートの役割を果たしています。 内部の様子は、吹抜けのLDKを中心としたプランとなっており どこにいても大きな屋根の下にいることが視覚的に感じられるようにしています。 LDKに面する大きな窓は、遠く大阪市街の街並みを眺めることができます。 場所:大阪府箕面市 竣工年:2017 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、子供2人) 敷地面積:199.69㎡(60.4坪) 建築面積:70.19㎡(21.2坪) 延床面積:101.34㎡(30.7坪) 階数:地上2 構造:木造 写真:矢野紀行http://www.yanofoto.com/

概要

作品名 箕面の家3
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,西洋風
所在地 大阪府箕面市
構造木造
敷地面積199.69㎡(60.4坪)
延床面積101.34㎡(30.7坪)
所在地大阪府箕面市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

箕面の家3

大阪北部の分譲地として、新しく開発された住宅地に建つ住宅です。 周辺はハウスメーカーの規格住宅が立ち並び、一部建築条件が外された一画をクライアントが購入されました。 立地条件は、両側住宅が並びながらも下から見上げる視線や、上から見下ろす視線といういろいろな高低差から眺められるという特徴があり、それを生かしていくことを考えました。 外観は、大きな木の葉のような大屋根が住居部分に被さるような形状で、道路側にはね出した大屋根の突端が遠くからでも一目でわかる存在感を与えてくれます。 この大屋根は、下の道路を通る人が見上げるときや、上の公園あたりから見下ろすときに、その木の葉のような屋根形状が感じられるように検討していきました。 大屋根は、住居部分から横にも大きく張り出しており、1台分のカーポートの役割を果たしています。 内部の様子は、吹抜けのLDKを中心としたプランとなっており どこにいても大きな屋根の下にいることが視覚的に感じられるようにしています。 LDKに面する大きな窓は、遠く大阪市街の街並みを眺めることができます。 場所:大阪府箕面市 竣工年:2017 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、子供2人) 敷地面積:199.69㎡(60.4坪) 建築面積:70.19㎡(21.2坪) 延床面積:101.34㎡(30.7坪) 階数:地上2 構造:木造 写真:矢野紀行http://www.yanofoto.com/

概要

作品名 箕面の家3
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,西洋風
所在地 大阪府箕面市
構造木造
敷地面積199.69㎡(60.4坪)
延床面積101.34㎡(30.7坪)
所在地大阪府箕面市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

箕面の家3

大阪北部の分譲地として、新しく開発された住宅地に建つ住宅です。 周辺はハウスメーカーの規格住宅が立ち並び、一部建築条件が外された一画をクライアントが購入されました。 立地条件は、両側住宅が並びながらも下から見上げる視線や、上から見下ろす視線といういろいろな高低差から眺められるという特徴があり、それを生かしていくことを考えました。 外観は、大きな木の葉のような大屋根が住居部分に被さるような形状で、道路側にはね出した大屋根の突端が遠くからでも一目でわかる存在感を与えてくれます。 この大屋根は、下の道路を通る人が見上げるときや、上の公園あたりから見下ろすときに、その木の葉のような屋根形状が感じられるように検討していきました。 大屋根は、住居部分から横にも大きく張り出しており、1台分のカーポートの役割を果たしています。 内部の様子は、吹抜けのLDKを中心としたプランとなっており どこにいても大きな屋根の下にいることが視覚的に感じられるようにしています。 LDKに面する大きな窓は、遠く大阪市街の街並みを眺めることができます。 場所:大阪府箕面市 竣工年:2017 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、子供2人) 敷地面積:199.69㎡(60.4坪) 建築面積:70.19㎡(21.2坪) 延床面積:101.34㎡(30.7坪) 階数:地上2 構造:木造 写真:矢野紀行http://www.yanofoto.com/

概要

作品名 箕面の家3
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,西洋風
所在地 大阪府箕面市
構造木造
敷地面積199.69㎡(60.4坪)
延床面積101.34㎡(30.7坪)
所在地大阪府箕面市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

小さな庭を楽しむCafe

郊外の住宅の密集した地域にあるため、明るさの確保と開放感・潤い感の演出が テーマでした。 テラス屋根の型ガラスによる光の拡散と、窓の切り取り方で明るさを確保しまし た。 スリットのある目隠し塀と植栽で、奥行き感と潤い感を演出してみました。

概要

作品名 Days Cafe
ジャンル シンプル・ミニマル,ローコスト住宅,郊外住宅
所在地 静岡県
設計から完成迄の期間6ヶ月
基礎鉄筋コンクリート ベタ基礎
外壁ジョリパット塗り
屋根の形片流れ
ビニールクロス貼り
カラクリート入りモルタル塗り
構造木造2階建て
予算帯1400万円(設計料別途)
敷地面積120㎡
延床面積70㎡
所在地静岡県
写真の撮影者Wataru Washizu

プロフィール

アース・アーキテクツ一級建築士事務所

「シンプルで気持ちのいい住宅」を提供いたします。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

アース・アーキテクツ一級建築士事務所

「シンプルで気持ちのいい住宅」を提供いたします。

300万円(設計料・諸費用・税別途)のリノベーション

築45年の「一戸建ての借家」を300万円(設計料別)でお洒落にリノベーションしました。 リビングには吹き抜けを造り、吹き抜け部分をラーチ合板の胴縁押え としました、古い丸太梁を黒くして合板の松の木目との対比を鮮明に してあります。 床はパインの無垢フローリングのオイル拭き取り仕上げです。壁は既存の繊維壁を落して、モルタルの下地にアイボリーの防カビ塗料塗としました。

概要

作品名 300万円でリノベーション
ジャンル 現代建築・現代住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間3か月
間取りLDK+寝室+個室
基礎鉄筋コンクリート布基礎
外壁金属サイディング
屋根の形切り妻
モルタルの上防カビ塗装
パインフローリングの上オイル拭き取り仕上げ
構造木造平屋建て
予算帯300万円(設計料、諸費用、税別)
敷地面積120㎡
延床面積47.5㎡
所在地静岡県
ロケーション郊外
施工者直営
写真の撮影者Wataru Washizu

プロフィール

アース・アーキテクツ一級建築士事務所

「シンプルで気持ちのいい住宅」を提供いたします。

300万円(設計料・諸費用・税別途)のリノベーション

築45年の「一戸建ての借家」を300万円(設計料別)でお洒落にリノベーションしました。 リビングには吹き抜けを造り、吹き抜け部分をラーチ合板の胴縁押え としました、古い丸太梁を黒くして合板の松の木目との対比を鮮明に してあります。 床はパインの無垢フローリングのオイル拭き取り仕上げです。壁は既存の繊維壁を落して、モルタルの下地にアイボリーの防カビ塗料塗としました。

概要

作品名 300万円でリノベーション
ジャンル 現代建築・現代住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間3か月
間取りLDK+寝室+個室
基礎鉄筋コンクリート布基礎
外壁金属サイディング
屋根の形切り妻
モルタルの上防カビ塗装
パインフローリングの上オイル拭き取り仕上げ
構造木造平屋建て
予算帯300万円(設計料、諸費用、税別)
敷地面積120㎡
延床面積47.5㎡
所在地静岡県
ロケーション郊外
施工者直営
写真の撮影者Wataru Washizu

プロフィール

アース・アーキテクツ一級建築士事務所

「シンプルで気持ちのいい住宅」を提供いたします。

建築主の要望は「ずっと居たくなる空間と、クラシックと読書が楽しめる家」

数十年前に開発された郊外の「小さな敷地」が密集した住宅地域で、車2台の駐車場を確保しながら、いかに潤い感「密集した住宅地域の中のオアシス」のある住宅にするかがテーマでした。建築主様の「植栽等は自身で行いたい」との希望で、植栽を植えるスペースだけを建物の周りに確保しました。

概要

作品名 One On One
ジャンル 無垢・自然素材,ローコスト住宅,現代建築・現代住宅
所在地 -
設計から完成迄の期間10か月
間取りLDK+寝室+読書室+広いバルコニー
基礎鉄筋コンクリート ベタ基礎
外壁モルタル塗の上弾性リシン吹付
屋根の形切り妻
ビニールクロス貼り、一部タイル貼り
ナラ無垢フローリング
構造木造2階建て
予算帯1650万円(設計料、地盤改良、消費用、税別途)
敷地面積100㎡
延床面積75㎡
所在地静岡県
ロケーション郊外
施工者石垣工務店
写真の撮影者wataru washizu

プロフィール

アース・アーキテクツ一級建築士事務所

「シンプルで気持ちのいい住宅」を提供いたします。

コンパクトながら解放感に溢れた住宅です。

「解放感のあるコンパクトな住宅」というコンセプトのもとに5.46m×5.46mのBOXを3つ重ねてコンパクトさを追求しました。開口部を大きくとって冬の日光を沢山取り入れて、夏の日差しは「軒の深さと袖壁」によって制御できるように工夫してあります。無駄を極力省いて1800万円(税・エアコン・カーテン・地盤改良・設計料・抵当権設定・登記費用・諸費用別途)で、満足のいく仕上げが出来ました。 一般的に「開口部の大きい建物は耐震性に劣る」場合が多いですが、この住宅は「サッシの内側に筋違を入れて耐震性能を確保」してあります。その結果として「構造計算上は耐震等級3に限りなく近い耐震等級2」という結果でした。

概要

作品名 3-BOX  1800万円の家
ジャンル 無垢・自然素材,ローコスト住宅,現代建築・現代住宅
所在地 -
設計から完成迄の期間1年
間取りリビング+寝室+個室2部屋+納戸+書斎
基礎鉄筋コンクリート・ベタ基礎
外壁サイディングの上ビニール系塗装+ガルバリウム鋼板
屋根の形片流れ
ビニールクロス、一部タイル貼り
桧無垢フローリングの上アマニ油塗り
構造木造2階建て
予算帯1800万円(設計料、エアコン、外構、諸費用、税別途)
敷地面積200㎡
延床面積90.5㎡
所在地静岡県
ロケーション郊外
構造設計Mac工房
施工者直営
写真の撮影者深澤 銀二

プロフィール

アース・アーキテクツ一級建築士事務所

「シンプルで気持ちのいい住宅」を提供いたします。

庭廊をもつ家

石部東の家  -庭廊をもつ家- 新しく分譲地として開発された土地の購入を決められたご夫婦。 目の前には、田畑が広がり、その奥を電車が通過します。 そんな、のどかな風景が広がる敷地ではありますが、新しく分譲された土地の区画は、間口約7m・奥行約23mという細長い敷地でした。 間口が狭い土地には、将来周囲に建つ住宅は間口を広く確保することが考えられるため、敷地いっぱいに建物が建ち、密集した住宅が建ち並ぶ事が予想されました。 せっかくのどかな風景が広がる敷地なのに、住宅が密集し、外に開きにくいのは“もったいない“と感じ、少しでも外に開く空間を作ることができないかと考えました。 そこで、外を感じる工夫として、庭廊を設けることをコンセプトにしました。 細長い住宅なので、長屋の様に通り土間のような用途を共用部に落とし込み、空間を大きく玄関から庭へと続く庭廊(共用部分)とLDK (プライベート部分)に分け、庭廊から各空間へアクセスするような配置にしました。 この庭廊の上部に開口をもうけることで、日常生活の目線から窓をはずし、プライバシーが確保でき、上部から光を落とし込み、外のような空間を作り出してくれます。 玄関と同じタイルを庭廊にも用いることで、“廊下”という室内空間が、外部空間の延長に変化し、外のような空間が住宅の奥の空間まで続いていきます。 庭廊を見上げると、梁が並び、その梁は時間の流れに沿って、LDKに影を落とし、様々な表情を見せてくれます。 リビングから見る廊下は、柔らかな光を落とし込み、時間によってゆるやかに変化する空間は、非日常を感じさせる空間であり、ここに住むご家族の暮らしを豊かにする場所になっています。

概要

作品名 石部東の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル
所在地 滋賀県湖南市石部

プロフィール

株式会社ALTS DESIGN OFFICE

- 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします -

アトリエ137の家を体験できる!

つどいの杜は貸別荘です。 アトリエ137がつくる家を体験することができます。 この機会にぜひ! 設計のプロセスや現場の進捗など、ブログでご紹介しています。 https://ameblo.jp/atelier137/theme-10092941249.html

概要

作品名 049つどいの杜 in 軽井沢
ジャンル 現代建築・現代住宅,別荘,平屋
所在地 長野県軽井沢町

プロフィール

鈴木宏幸 / アトリエ137一級建築士事務所

美しい家をつくりたい!

厳しい条件を見方にかえて,より豊かな空間への足がかりに

3方隣家に囲まれた高台に建つ住宅.全面道路との高低差を利用して1階(一部半地下)にRCのビルトイン車庫を設け,その上に木造の2階建をのせています.2階にLDKを設けることによりプライバシーと自然採光を確保し,開放的で心地よい空間を計画しました.厳しい高さ制限を味方にかえて,3階は高さを抑え半地下部を利用したスキップフロアと吹抜により各空間を緩やかに繋いだ住まいです.

概要

作品名 スキップフロアの家
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅
所在地 大阪府
設計から完成迄の期間1年6ヶ月
構造木+RC混構造 地上3階建
延床面積123.19㎡
施工者有限会社 濱内工務店

プロフィール

小笠原建築研究室

豊かな住まいを一緒につくりませんか

シンプルなプランで住まう

中古のマンションをリノベーションした実例です。 4LDKのマンションのリノベーション 無垢材の床、漆喰、珪藻土を基本にシンプルなプランで構成しました。

概要

作品名 マンションのリノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間4ケ月
間取り3LDK
漆喰・珪藻土
松無垢材
構造RC造
予算帯800万
延床面積75㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

シンプルなプランで住まう

中古のマンションをリノベーションした実例です。 4LDKのマンションのリノベーション 無垢材の床、漆喰、珪藻土を基本にシンプルなプランで構成しました。

概要

作品名 マンションのリノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間4ケ月
間取り3LDK
漆喰・珪藻土
松無垢材
構造RC造
予算帯800万
延床面積75㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

シンプルなプランで住まう

中古のマンションをリノベーションした実例です。 4LDKのマンションのリノベーション 無垢材の床、漆喰、珪藻土を基本にシンプルなプランで構成しました。

概要

作品名 マンションのリノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間4ケ月
間取り3LDK
漆喰・珪藻土
松無垢材
構造RC造
予算帯800万
延床面積75㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

シンプルなプランで住まう

中古のマンションをリノベーションした実例です。 4LDKのマンションのリノベーション 無垢材の床、漆喰、珪藻土を基本にシンプルなプランで構成しました。

概要

作品名 マンションのリノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間4ケ月
間取り3LDK
漆喰・珪藻土
松無垢材
構造RC造
予算帯800万
延床面積75㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小分譲住宅のリノベーション

神戸市垂水区に昭和50年に建てられた分譲住宅 その狭小住宅をフルリノベーションしました。 その時代の分譲住宅は、構造も敷地も現在のライフスタイルと基準からすれば全てマイナス。 そこを・・・せめてゼロまで戻して今に対応出来るようにしたフルリノベーションです。

概要

作品名 星稜台ゼロ計画
ジャンル シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,旗竿・狭小住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間6ケ月
間取り1LDK
基礎既存基礎補強
外壁既存のまま補強、一部板張り
屋根の形釉薬瓦切り妻(既存)
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1000万
敷地面積34㎡
延床面積40㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地の旧開発地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小分譲住宅のリノベーション

神戸市垂水区に昭和50年に建てられた分譲住宅 その狭小住宅をフルリノベーションしました。 その時代の分譲住宅は、構造も敷地も現在のライフスタイルと基準からすれば全てマイナス。 そこを・・・せめてゼロまで戻して今に対応出来るようにしたフルリノベーションです。

概要

作品名 星稜台ゼロ計画
ジャンル シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,旗竿・狭小住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間6ケ月
間取り1LDK
基礎既存基礎補強
外壁既存のまま補強、一部板張り
屋根の形釉薬瓦切り妻(既存)
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1000万
敷地面積34㎡
延床面積40㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地の旧開発地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小分譲住宅のリノベーション

神戸市垂水区に昭和50年に建てられた分譲住宅 その狭小住宅をフルリノベーションしました。 その時代の分譲住宅は、構造も敷地も現在のライフスタイルと基準からすれば全てマイナス。 そこを・・・せめてゼロまで戻して今に対応出来るようにしたフルリノベーションです。

概要

作品名 星稜台ゼロ計画
ジャンル シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,旗竿・狭小住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間6ケ月
間取り1LDK
基礎既存基礎補強
外壁既存のまま補強、一部板張り
屋根の形釉薬瓦切り妻(既存)
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1000万
敷地面積34㎡
延床面積40㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地の旧開発地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小分譲住宅のリノベーション

神戸市垂水区に昭和50年に建てられた分譲住宅 その狭小住宅をフルリノベーションしました。 その時代の分譲住宅は、構造も敷地も現在のライフスタイルと基準からすれば全てマイナス。 そこを・・・せめてゼロまで戻して今に対応出来るようにしたフルリノベーションです。

概要

作品名 星稜台ゼロ計画
ジャンル シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,旗竿・狭小住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間6ケ月
間取り1LDK
基礎既存基礎補強
外壁既存のまま補強、一部板張り
屋根の形釉薬瓦切り妻(既存)
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1000万
敷地面積34㎡
延床面積40㎡
所在地神戸市垂水区
ロケーション市街地の旧開発地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

770坪の敷地の平屋建て

770坪の敷地に、80㎡の平屋建て。 ガーデニングが好きなご夫婦が、じっくりと楽しまれている平屋建てです。 室内はワンルーム形式で、いたってシンプル! 大谷石を使った・・・平屋の住まいです。

概要

作品名 小野の平屋
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅
所在地 兵庫県兵庫県小野市
設計から完成迄の期間1年間
間取り1LDK
基礎べた基礎
外壁焼き杉
屋根の形切り妻
漆喰
杉無垢材
構造木造
予算帯1500万
敷地面積770㎡
延床面積80㎡
所在地兵庫県小野市
ロケーション郊外
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

770坪の敷地の平屋建て

770坪の敷地に、80㎡の平屋建て。 ガーデニングが好きなご夫婦が、じっくりと楽しまれている平屋建てです。 室内はワンルーム形式で、いたってシンプル! 大谷石を使った・・・平屋の住まいです。

概要

作品名 小野の平屋
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅
所在地 兵庫県兵庫県小野市
設計から完成迄の期間1年間
間取り1LDK
基礎べた基礎
外壁焼き杉
屋根の形切り妻
漆喰
杉無垢材
構造木造
予算帯1500万
敷地面積770㎡
延床面積80㎡
所在地兵庫県小野市
ロケーション郊外
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

770坪の敷地の平屋建て

770坪の敷地に、80㎡の平屋建て。 ガーデニングが好きなご夫婦が、じっくりと楽しまれている平屋建てです。 室内はワンルーム形式で、いたってシンプル! 大谷石を使った・・・平屋の住まいです。

概要

作品名 小野の平屋
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅
所在地 兵庫県兵庫県小野市
設計から完成迄の期間1年間
間取り1LDK
基礎べた基礎
外壁焼き杉
屋根の形切り妻
漆喰
杉無垢材
構造木造
予算帯1500万
敷地面積770㎡
延床面積80㎡
所在地兵庫県小野市
ロケーション郊外
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

建て替え事例「高砂の家」

お母さんと娘さんの親子の家 前年の大雨で床下浸水したのを契機に高基礎として建て替えた実例です。 書の教室されている為の教室を設け、土と自然素材で作った住まいです。

概要

作品名 高砂の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材
所在地 兵庫県高砂市
設計から完成迄の期間1年間
間取り3LDK
基礎高基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
珪藻土、漆喰
杉無垢材
構造木造
予算帯2500万
敷地面積110㎡
延床面積120㎡
所在地兵庫県高砂市
ロケーション旧開発地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

建て替え事例「高砂の家」

お母さんと娘さんの親子の家 前年の大雨で床下浸水したのを契機に高基礎として建て替えた実例です。 書の教室されている為の教室を設け、土と自然素材で作った住まいです。

概要

作品名 高砂の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材
所在地 兵庫県高砂市
設計から完成迄の期間1年間
間取り3LDK
基礎高基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
珪藻土、漆喰
杉無垢材
構造木造
予算帯2500万
敷地面積110㎡
延床面積120㎡
所在地兵庫県高砂市
ロケーション旧開発地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

六甲山麓の古民家のリノベーション

六甲山麓の古民家が空家になり、相続された兄弟が再活用の為にリノベーションした事例です。 外部は元の状態に戻す修景を基本にして、内部は古いものを使い無垢材と漆喰、珪藻土で仕上げています。

概要

作品名 兵庫の古民家リノベーション
ジャンル 和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 兵庫県神戸市兵庫区
設計から完成迄の期間1年間
間取り4LDK
基礎既存基礎補強
外壁板張り、土塗、洗い出し
屋根の形日本瓦入母屋
漆喰、珪藻土
杉無垢材
構造木造
予算帯2800万
敷地面積280㎡
延床面積240㎡
所在地神戸市兵庫区
ロケーション六甲山麓
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

六甲山麓の古民家のリノベーション

六甲山麓の古民家が空家になり、相続された兄弟が再活用の為にリノベーションした事例です。 外部は元の状態に戻す修景を基本にして、内部は古いものを使い無垢材と漆喰、珪藻土で仕上げています。

概要

作品名 兵庫の古民家リノベーション
ジャンル 和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 兵庫県神戸市兵庫区
設計から完成迄の期間1年間
間取り4LDK
基礎既存基礎補強
外壁板張り、土塗、洗い出し
屋根の形日本瓦入母屋
漆喰、珪藻土
杉無垢材
構造木造
予算帯2800万
敷地面積280㎡
延床面積240㎡
所在地神戸市兵庫区
ロケーション六甲山麓
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

間仕切りを極力減らした住まい

若いご家族が開発に建てた住まい お子さんがまだ小さかったので、ワンルーム形式で、極力間仕切りをなくして ワンルーム形式として、お子さんの成長に合わせて家具などで仕切る計画としました。 無垢材と土で仕上げています。

概要

作品名 姫路白浜の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年
間取り3LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形切り妻
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯2000万
敷地面積135㎡
延床面積120㎡
所在地姫路市
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

間仕切りを極力減らした住まい

若いご家族が開発に建てた住まい お子さんがまだ小さかったので、ワンルーム形式で、極力間仕切りをなくして ワンルーム形式として、お子さんの成長に合わせて家具などで仕切る計画としました。 無垢材と土で仕上げています。

概要

作品名 姫路白浜の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年
間取り3LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形切り妻
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯2000万
敷地面積135㎡
延床面積120㎡
所在地姫路市
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

間仕切りを極力減らした住まい

若いご家族が開発に建てた住まい お子さんがまだ小さかったので、ワンルーム形式で、極力間仕切りをなくして ワンルーム形式として、お子さんの成長に合わせて家具などで仕切る計画としました。 無垢材と土で仕上げています。

概要

作品名 姫路白浜の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年
間取り3LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形切り妻
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯2000万
敷地面積135㎡
延床面積120㎡
所在地姫路市
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小住宅の一つの解

奥様の生家の狭小地に建てた狭小住宅 法律的な制限から形を模索して列柱を設ける事により外からの目線をカットして 広く感じる空間を実現しました。

概要

作品名 列柱でもやう家
ジャンル 旗竿・狭小住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル
所在地 兵庫県兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年2ケ月
間取り2LDK
基礎べた基礎
外壁ガルバリューム 土壁
屋根の形R屋根
珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1500万
敷地面積45㎡
延床面積53㎡
所在地姫路市
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小住宅の一つの解

奥様の生家の狭小地に建てた狭小住宅 法律的な制限から形を模索して列柱を設ける事により外からの目線をカットして 広く感じる空間を実現しました。

概要

作品名 列柱でもやう家
ジャンル 旗竿・狭小住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル
所在地 兵庫県兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年2ケ月
間取り2LDK
基礎べた基礎
外壁ガルバリューム 土壁
屋根の形R屋根
珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1500万
敷地面積45㎡
延床面積53㎡
所在地姫路市
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小住宅の一つの解

奥様の生家の狭小地に建てた狭小住宅 法律的な制限から形を模索して列柱を設ける事により外からの目線をカットして 広く感じる空間を実現しました。

概要

作品名 列柱でもやう家
ジャンル 旗竿・狭小住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル
所在地 兵庫県兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年2ケ月
間取り2LDK
基礎べた基礎
外壁ガルバリューム 土壁
屋根の形R屋根
珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1500万
敷地面積45㎡
延床面積53㎡
所在地姫路市
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

狭小住宅の一つの解

奥様の生家の狭小地に建てた狭小住宅 法律的な制限から形を模索して列柱を設ける事により外からの目線をカットして 広く感じる空間を実現しました。

概要

作品名 列柱でもやう家
ジャンル 旗竿・狭小住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル
所在地 兵庫県兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年2ケ月
間取り2LDK
基礎べた基礎
外壁ガルバリューム 土壁
屋根の形R屋根
珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯1500万
敷地面積45㎡
延床面積53㎡
所在地姫路市
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

神戸市垂水区ジェームス山の親子の家

古い開発地で隣地の買って建て替えた住まい 道路と高低差があるので、掘り込み車庫を設けて自然素材で仕上げました。

概要

作品名 ジェームス山の親子の家
ジャンル 和風建築,都市型住宅,ローコスト住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間10ケ月
間取り3LDK
基礎掘り込み車庫(RC)べた基礎
外壁土塗
屋根の形ガルバリュームR屋根
漆喰
無垢材
構造木造+RC造
予算帯2500万
敷地面積115㎡
延床面積120㎡
所在地神戸市垂水
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

神戸市垂水区ジェームス山の親子の家

古い開発地で隣地の買って建て替えた住まい 道路と高低差があるので、掘り込み車庫を設けて自然素材で仕上げました。

概要

作品名 ジェームス山の親子の家
ジャンル 和風建築,都市型住宅,ローコスト住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間10ケ月
間取り3LDK
基礎掘り込み車庫(RC)べた基礎
外壁土塗
屋根の形ガルバリュームR屋根
漆喰
無垢材
構造木造+RC造
予算帯2500万
敷地面積115㎡
延床面積120㎡
所在地神戸市垂水
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

神戸市垂水区ジェームス山の親子の家

古い開発地で隣地の買って建て替えた住まい 道路と高低差があるので、掘り込み車庫を設けて自然素材で仕上げました。

概要

作品名 ジェームス山の親子の家
ジャンル 和風建築,都市型住宅,ローコスト住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間10ケ月
間取り3LDK
基礎掘り込み車庫(RC)べた基礎
外壁土塗
屋根の形ガルバリュームR屋根
漆喰
無垢材
構造木造+RC造
予算帯2500万
敷地面積115㎡
延床面積120㎡
所在地神戸市垂水
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

神戸市垂水区ジェームス山の親子の家

古い開発地で隣地の買って建て替えた住まい 道路と高低差があるので、掘り込み車庫を設けて自然素材で仕上げました。

概要

作品名 ジェームス山の親子の家
ジャンル 和風建築,都市型住宅,ローコスト住宅
所在地 兵庫県神戸市垂水区
設計から完成迄の期間10ケ月
間取り3LDK
基礎掘り込み車庫(RC)べた基礎
外壁土塗
屋根の形ガルバリュームR屋根
漆喰
無垢材
構造木造+RC造
予算帯2500万
敷地面積115㎡
延床面積120㎡
所在地神戸市垂水
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

姫路の野趣ある中庭を囲んで建てた娘さん家族の家

母屋はご両親の家 野趣ある中庭が特徴です。 その敷地の一角に陶芸をする娘さん家族の家を建てました。 日本瓦を美しく見せる計画で、北側の中庭に面して開いた住まいです。

概要

作品名 姫路の野趣ある中庭を囲む家:1
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年
間取り4LDK+陶芸工房
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯3000万
敷地面積880㎡
延床面積240㎡
所在地姫路市
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

姫路の野趣ある中庭を囲んで建てた娘さん家族の家

母屋はご両親の家 野趣ある中庭が特徴です。 その敷地の一角に陶芸をする娘さん家族の家を建てました。 日本瓦を美しく見せる計画で、北側の中庭に面して開いた住まいです。

概要

作品名 姫路の野趣ある中庭を囲む家:1
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年
間取り4LDK+陶芸工房
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯3000万
敷地面積880㎡
延床面積240㎡
所在地姫路市
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

姫路の野趣ある中庭を囲んで建てた娘さん家族の家

母屋はご両親の家 野趣ある中庭が特徴です。 その敷地の一角に陶芸をする娘さん家族の家を建てました。 日本瓦を美しく見せる計画で、北側の中庭に面して開いた住まいです。

概要

作品名 姫路の野趣ある中庭を囲む家:1
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県姫路市
設計から完成迄の期間1年
間取り4LDK+陶芸工房
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
漆喰、珪藻土
無垢材
構造木造
予算帯3000万
敷地面積880㎡
延床面積240㎡
所在地姫路市
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ささやまいなかや・・・滞在型市民農園

地域の風景の溶け込んだ版築の壁と無垢材で造った滞在型市民農園です。 土と緑を基調とした建築です。

概要

作品名 滞在型市民農園
ジャンル 現代建築・現代住宅,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県ささやま市
設計から完成迄の期間18ケ月
間取り2LDK・10戸
基礎べた基礎
外壁版築の壁
屋根の形切り妻
版築と漆喰
無垢材
構造木構造
予算帯13000万
敷地面積1000㎡
延床面積450㎡
所在地兵庫県ささやま市
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ささやまいなかや・・・滞在型市民農園

地域の風景の溶け込んだ版築の壁と無垢材で造った滞在型市民農園です。 土と緑を基調とした建築です。

概要

作品名 滞在型市民農園
ジャンル 現代建築・現代住宅,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県ささやま市
設計から完成迄の期間18ケ月
間取り2LDK・10戸
基礎べた基礎
外壁版築の壁
屋根の形切り妻
版築と漆喰
無垢材
構造木構造
予算帯13000万
敷地面積1000㎡
延床面積450㎡
所在地兵庫県ささやま市
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ささやまいなかや・・・滞在型市民農園

地域の風景の溶け込んだ版築の壁と無垢材で造った滞在型市民農園です。 土と緑を基調とした建築です。

概要

作品名 滞在型市民農園
ジャンル 現代建築・現代住宅,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県ささやま市
設計から完成迄の期間18ケ月
間取り2LDK・10戸
基礎べた基礎
外壁版築の壁
屋根の形切り妻
版築と漆喰
無垢材
構造木構造
予算帯13000万
敷地面積1000㎡
延床面積450㎡
所在地兵庫県ささやま市
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ささやまいなかや・・・滞在型市民農園

地域の風景の溶け込んだ版築の壁と無垢材で造った滞在型市民農園です。 土と緑を基調とした建築です。

概要

作品名 滞在型市民農園
ジャンル 現代建築・現代住宅,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県ささやま市
設計から完成迄の期間18ケ月
間取り2LDK・10戸
基礎べた基礎
外壁版築の壁
屋根の形切り妻
版築と漆喰
無垢材
構造木構造
予算帯13000万
敷地面積1000㎡
延床面積450㎡
所在地兵庫県ささやま市
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付き古民家のリノベーション

奈良県桜井市の明治の古民家をリノベーションしました。 体験型ギャラリーとして再活用されています。 基本は改修されていたものを、元の形に戻し、多目的な土間を設けて、土と自然素材で仕上げています。

概要

作品名 奈良桜井の明治の古民家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年3ケ月
間取り7LDK
基礎既存基礎補強
外壁土壁
屋根の形入母屋
土と珪藻土
たたき土間 無垢材
構造木造
予算帯4000万
敷地面積330㎡
延床面積280㎡
所在地奈良県桜井市
ロケーション郊外地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付きの大蔵海岸の家

緑化屋根と版築の壁、自然素材で作った家です。

概要

作品名 大蔵海岸の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県明石大蔵海岸
設計から完成迄の期間1年6ケ月
間取りギャラリー+4LDK
基礎べた基礎
外壁版築 土塗
屋根の形緑化屋根 日本瓦切り妻
漆喰 土
無垢材
構造木造一部鉄骨造
予算帯10000万
敷地面積330㎡
延床面積300㎡
所在地明石市大蔵海岸
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付きの大蔵海岸の家

緑化屋根と版築の壁、自然素材で作った家です。

概要

作品名 大蔵海岸の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県明石大蔵海岸
設計から完成迄の期間1年6ケ月
間取りギャラリー+4LDK
基礎べた基礎
外壁版築 土塗
屋根の形緑化屋根 日本瓦切り妻
漆喰 土
無垢材
構造木造一部鉄骨造
予算帯10000万
敷地面積330㎡
延床面積300㎡
所在地明石市大蔵海岸
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付きの大蔵海岸の家

緑化屋根と版築の壁、自然素材で作った家です。

概要

作品名 大蔵海岸の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県明石大蔵海岸
設計から完成迄の期間1年6ケ月
間取りギャラリー+4LDK
基礎べた基礎
外壁版築 土塗
屋根の形緑化屋根 日本瓦切り妻
漆喰 土
無垢材
構造木造一部鉄骨造
予算帯10000万
敷地面積330㎡
延床面積300㎡
所在地明石市大蔵海岸
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付きの大蔵海岸の家

緑化屋根と版築の壁、自然素材で作った家です。

概要

作品名 大蔵海岸の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県明石大蔵海岸
設計から完成迄の期間1年6ケ月
間取りギャラリー+4LDK
基礎べた基礎
外壁版築 土塗
屋根の形緑化屋根 日本瓦切り妻
漆喰 土
無垢材
構造木造一部鉄骨造
予算帯10000万
敷地面積330㎡
延床面積300㎡
所在地明石市大蔵海岸
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

ギャラリー付きの大蔵海岸の家

緑化屋根と版築の壁、自然素材で作った家です。

概要

作品名 大蔵海岸の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,無垢・自然素材
所在地 兵庫県明石大蔵海岸
設計から完成迄の期間1年6ケ月
間取りギャラリー+4LDK
基礎べた基礎
外壁版築 土塗
屋根の形緑化屋根 日本瓦切り妻
漆喰 土
無垢材
構造木造一部鉄骨造
予算帯10000万
敷地面積330㎡
延床面積300㎡
所在地明石市大蔵海岸
ロケーション市街地
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

甍を美しく見せるシンプルな和風

郊外の田園地域で建てたシンプルな和風住宅 地層仕上げの壁を3枚建てて、綺麗な甍が見えるアプローチ 甍賞を頂いた作品です。

概要

作品名 土間のあるfuハウス
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年8ケ月
間取り6LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
土 珪藻土
松無垢材
構造在来木構造
予算帯7000万
敷地面積300㎡
延床面積200㎡
所在地姫路市飾東町
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

甍を美しく見せるシンプルな和風

郊外の田園地域で建てたシンプルな和風住宅 地層仕上げの壁を3枚建てて、綺麗な甍が見えるアプローチ 甍賞を頂いた作品です。

概要

作品名 土間のあるfuハウス
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年8ケ月
間取り6LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
土 珪藻土
松無垢材
構造在来木構造
予算帯7000万
敷地面積300㎡
延床面積200㎡
所在地姫路市飾東町
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

甍を美しく見せるシンプルな和風

郊外の田園地域で建てたシンプルな和風住宅 地層仕上げの壁を3枚建てて、綺麗な甍が見えるアプローチ 甍賞を頂いた作品です。

概要

作品名 土間のあるfuハウス
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年8ケ月
間取り6LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
土 珪藻土
松無垢材
構造在来木構造
予算帯7000万
敷地面積300㎡
延床面積200㎡
所在地姫路市飾東町
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

甍を美しく見せるシンプルな和風

郊外の田園地域で建てたシンプルな和風住宅 地層仕上げの壁を3枚建てて、綺麗な甍が見えるアプローチ 甍賞を頂いた作品です。

概要

作品名 土間のあるfuハウス
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年8ケ月
間取り6LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
土 珪藻土
松無垢材
構造在来木構造
予算帯7000万
敷地面積300㎡
延床面積200㎡
所在地姫路市飾東町
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

甍を美しく見せるシンプルな和風

郊外の田園地域で建てたシンプルな和風住宅 地層仕上げの壁を3枚建てて、綺麗な甍が見えるアプローチ 甍賞を頂いた作品です。

概要

作品名 土間のあるfuハウス
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年8ケ月
間取り6LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
土 珪藻土
松無垢材
構造在来木構造
予算帯7000万
敷地面積300㎡
延床面積200㎡
所在地姫路市飾東町
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

甍を美しく見せるシンプルな和風

郊外の田園地域で建てたシンプルな和風住宅 地層仕上げの壁を3枚建てて、綺麗な甍が見えるアプローチ 甍賞を頂いた作品です。

概要

作品名 土間のあるfuハウス
ジャンル 和風建築,郊外住宅,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間1年8ケ月
間取り6LDK
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切り妻
土 珪藻土
松無垢材
構造在来木構造
予算帯7000万
敷地面積300㎡
延床面積200㎡
所在地姫路市飾東町
ロケーション田園地域
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

30坪の茶事空間をもつ数寄屋建築

裏千家茶道を教えておられる建築主が、4畳半茶室、8畳台目の茶室、茶事用キッチンもつ数寄屋建築 甍の美しさを考えた建築です。

概要

作品名 和田山の数寄屋
ジャンル 和風建築,無垢・自然素材
所在地 兵庫県兵庫県朝来市和田山
設計から完成迄の期間2年
間取り2つのLDKと3つの茶室と3つの寝室
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切妻
土塗
畳、無垢材
構造木造
予算帯8000万代
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

30坪の茶事空間をもつ数寄屋建築

裏千家茶道を教えておられる建築主が、4畳半茶室、8畳台目の茶室、茶事用キッチンもつ数寄屋建築 甍の美しさを考えた建築です。

概要

作品名 和田山の数寄屋
ジャンル 和風建築,無垢・自然素材
所在地 兵庫県兵庫県朝来市和田山
設計から完成迄の期間2年
間取り2つのLDKと3つの茶室と3つの寝室
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切妻
土塗
畳、無垢材
構造木造
予算帯8000万代
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

30坪の茶事空間をもつ数寄屋建築

裏千家茶道を教えておられる建築主が、4畳半茶室、8畳台目の茶室、茶事用キッチンもつ数寄屋建築 甍の美しさを考えた建築です。

概要

作品名 和田山の数寄屋
ジャンル 和風建築,無垢・自然素材
所在地 兵庫県兵庫県朝来市和田山
設計から完成迄の期間2年
間取り2つのLDKと3つの茶室と3つの寝室
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切妻
土塗
畳、無垢材
構造木造
予算帯8000万代
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

30坪の茶事空間をもつ数寄屋建築

裏千家茶道を教えておられる建築主が、4畳半茶室、8畳台目の茶室、茶事用キッチンもつ数寄屋建築 甍の美しさを考えた建築です。

概要

作品名 和田山の数寄屋
ジャンル 和風建築,無垢・自然素材
所在地 兵庫県兵庫県朝来市和田山
設計から完成迄の期間2年
間取り2つのLDKと3つの茶室と3つの寝室
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切妻
土塗
畳、無垢材
構造木造
予算帯8000万代
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

30坪の茶事空間をもつ数寄屋建築

裏千家茶道を教えておられる建築主が、4畳半茶室、8畳台目の茶室、茶事用キッチンもつ数寄屋建築 甍の美しさを考えた建築です。

概要

作品名 和田山の数寄屋
ジャンル 和風建築,無垢・自然素材
所在地 兵庫県兵庫県朝来市和田山
設計から完成迄の期間2年
間取り2つのLDKと3つの茶室と3つの寝室
基礎べた基礎
外壁土塗
屋根の形日本瓦切妻
土塗
畳、無垢材
構造木造
予算帯8000万代
写真の撮影者もやい

プロフィール

もやい建築事務所

土・自然素材・古民家をテーマがテーマ

クリエイターが暮らす家

大阪市北区に新築された3階建て住宅です。 天神橋筋商店街から、徒歩10分ほどの好立地での都心暮らしです。 黒いガルバリウム鋼板で覆われた外観は、 昔ながらの住宅が続く街並みにもようやく馴染んできたようです。 1階スペースに、玄関土間とLDKをオープンでレイアウトしています。 吹抜けを設け、2階の子供室と繋げることと、3階からの光を1階へと届けています。 3階には、ワークスペースに面したテラスを設け、都心での暮らしをより豊かにしています。

概要

作品名 天神橋の家
ジャンル シンプル・ミニマル,都市型住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市北区
設計から完成迄の期間おおよそ1年
間取り3LDK+ワークスペース+屋上テラス
基礎ベタ基礎
外壁ガルバリウム鋼板 一文字葺き
屋根の形片流れ
塗装
杉足場板
構造木造
所在地大阪市北区
ロケーション都心
構造設計Coo Planning
施工者株式会社 伊藤嘉材木店
外装アイジー工業
内装toolbox
主要メーカーTOTO
写真の撮影者Coo Planning

プロフィール

Coo Planning

お客さまのご希望の予算に対し『ちょっとプチ自慢できる住宅』を追求しています。

家族4人で暮らす、狭小間口の都市型3階建て住宅

大阪市阿倍野区にて新築された、家族4人が暮らす3階建て住宅です。 住宅の間口は2.4メートルと限られたスペースのなか、家族4人が気に入った地域で暮らす、素敵な住宅です。

概要

作品名 阿倍野の住宅
ジャンル 都市型住宅,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市阿倍野区
設計から完成迄の期間おおよそ1年
間取り3LDK
基礎ベタ基礎
外壁ジョリパット
屋根の形片流れ
クロス貼り
無垢杉板貼り
構造木造
予算帯1950万円(税込)
敷地面積48.80m2
延床面積81.90m2
所在地大阪市阿倍野区美章園
ロケーション都市
構造設計Coo Planning
施工者株式会社 創建
外装アイカ
内装サンゲツ
主要メーカーTOTO
写真の撮影者Coo Planning

プロフィール

Coo Planning

お客さまのご希望の予算に対し『ちょっとプチ自慢できる住宅』を追求しています。

家族4人で暮らす、狭小間口の都市型3階建て住宅

大阪市阿倍野区にて新築された、家族4人が暮らす3階建て住宅です。 住宅の間口は2.4メートルと限られたスペースのなか、家族4人が気に入った地域で暮らす、素敵な住宅です。

概要

作品名 阿倍野の住宅
ジャンル 都市型住宅,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市阿倍野区
設計から完成迄の期間おおよそ1年
間取り3LDK
基礎ベタ基礎
外壁ジョリパット
屋根の形片流れ
クロス貼り
無垢杉板貼り
構造木造
予算帯1950万円(税込)
敷地面積48.80m2
延床面積81.90m2
所在地大阪市阿倍野区美章園
ロケーション都市
構造設計Coo Planning
施工者株式会社 創建
外装アイカ
内装サンゲツ
主要メーカーTOTO
写真の撮影者Coo Planning

プロフィール

Coo Planning

お客さまのご希望の予算に対し『ちょっとプチ自慢できる住宅』を追求しています。

家族4人で暮らす、狭小間口の都市型3階建て住宅

大阪市阿倍野区にて新築された、家族4人が暮らす3階建て住宅です。 住宅の間口は2.4メートルと限られたスペースのなか、家族4人が気に入った地域で暮らす、素敵な住宅です。

概要

作品名 阿倍野の住宅
ジャンル 都市型住宅,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市阿倍野区
設計から完成迄の期間おおよそ1年
間取り3LDK
基礎ベタ基礎
外壁ジョリパット
屋根の形片流れ
クロス貼り
無垢杉板貼り
構造木造
予算帯1950万円(税込)
敷地面積48.80m2
延床面積81.90m2
所在地大阪市阿倍野区美章園
ロケーション都市
構造設計Coo Planning
施工者株式会社 創建
外装アイカ
内装サンゲツ
主要メーカーTOTO
写真の撮影者Coo Planning

プロフィール

Coo Planning

お客さまのご希望の予算に対し『ちょっとプチ自慢できる住宅』を追求しています。

築53年の古民家リノベーション

田の字の家 周囲には田園風景がひろがる築53年80坪の日本家屋。 若い夫婦と子が住居として日本家屋を購入しリノベーションをすることとなりました。 53年前の日本家屋を新しい生活の場として次の世代へ住み継がれていくことをコンセプトとし、古く良きモノと新しいモノとを調和させ、そこに中間領域を織り交ぜたような住宅はできないかと考えました。 まず築53年の中で増改築された部分を取り除き、本来の日本家屋の様式である田の字の空間に戻します。そこに必要な空間のボリュームを落とし込んでいきます。そうすることで、必要のない空間(余白の空間)が生まれます。そこに私たちは、外的要素を挿入していくことを試みました。 元々和室だったところを坪庭にしたり、縁側を外部に見立てたりすることで様々な要素が織り交ざりあう空間の心地よさを作り出しました。 昔からある素材を残しつつ空間を新しく作りなおし、そこに外部的要素を挿入することで 豊かな暮らしを生みだしています。

概要

作品名 下戸山の家リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,デザイナーズ住宅,和風建築
所在地 -

プロフィール

株式会社ALTS DESIGN OFFICE

- 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします -

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

株式会社ALTS DESIGN OFFICE

- 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします -

愛知県豊橋市に建てられた木造2階建ての住宅です。

愛知県豊橋市に建てられた木造2階建ての住宅です。

概要

作品名 豊橋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 愛知県豊橋市

プロフィール

空間建築-傳

心地よい空間を作りたい。

石切りの家

大阪東部の、少し傾斜した土地に建物はあります。 土地探しからの依頼で、数年かけて幾つかの土地の候補を検討しながら、最終的には親族の住まいの近くに、土地を購入することになりました。 依頼内容としては、リゾートを感じさせる要素を盛り込んだ住宅がほしい、住まいと併設でアロマのサロンを開設したい、様々なマテリアルを取り込んだ家にしたい、という希望でした。そのような希望とあわせて、住宅が近接する地域であったので、将来隣地が建て替わることも想定しながら、開放感を感じることができるプランを検討しました。 建物全体として、家の中央に光を内包するイメージを考えました。家の中央にトップライトのある吹き抜け空間を設けて、1階2階の各窓が吹き抜けに向かうように設置。各方向からの日差しや反射光が、家の中央のリビングまで到達し、1年を通して内部空間のニュアンスが変化していきます。構成としては、リビングの吹き抜けを通じて、各部屋がつながっています。1階は家族が集まる部屋があり、敷地南面に向かって大きな開口部を設けて、室内と外部スペースが繋がる。浴室は外部テラスとセカンドリビングにも繋がり、リゾート感のある雰囲気になっています。2階はサロンと個室を配置。外壁はアンティーク煉瓦、リビング床は特注の製作タイル、浴室はガラスタイル、金物は真鍮を使用し、建物全体に素材感のある仕上げを使用。来客が頻繁にあるサロンは、玄関から直接サロンに行けるように動線を配慮しています。 場所:大阪府東大阪市 竣工年:2017年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、子供2人) 敷地面積:183.63㎡(55.6坪) 建築面積:91.74㎡(27.8坪) 延床面積:158.57㎡(48.1坪) 階数:地上2 構造:木造 写真撮影:矢野紀行 写真家HP:http://www.yanofoto.com/

概要

作品名 石切りの家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,西洋風
所在地 大阪府
敷地面積183.63㎡(55.6坪)
延床面積158.57㎡(48.1坪)
所在地大阪府東大阪市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

石切りの家

大阪東部の、少し傾斜した土地に建物はあります。 土地探しからの依頼で、数年かけて幾つかの土地の候補を検討しながら、最終的には親族の住まいの近くに、土地を購入することになりました。 依頼内容としては、リゾートを感じさせる要素を盛り込んだ住宅がほしい、住まいと併設でアロマのサロンを開設したい、様々なマテリアルを取り込んだ家にしたい、という希望でした。そのような希望とあわせて、住宅が近接する地域であったので、将来隣地が建て替わることも想定しながら、開放感を感じることができるプランを検討しました。 建物全体として、家の中央に光を内包するイメージを考えました。家の中央にトップライトのある吹き抜け空間を設けて、1階2階の各窓が吹き抜けに向かうように設置。各方向からの日差しや反射光が、家の中央のリビングまで到達し、1年を通して内部空間のニュアンスが変化していきます。構成としては、リビングの吹き抜けを通じて、各部屋がつながっています。1階は家族が集まる部屋があり、敷地南面に向かって大きな開口部を設けて、室内と外部スペースが繋がる。浴室は外部テラスとセカンドリビングにも繋がり、リゾート感のある雰囲気になっています。2階はサロンと個室を配置。外壁はアンティーク煉瓦、リビング床は特注の製作タイル、浴室はガラスタイル、金物は真鍮を使用し、建物全体に素材感のある仕上げを使用。来客が頻繁にあるサロンは、玄関から直接サロンに行けるように動線を配慮しています。 場所:大阪府東大阪市 竣工年:2017年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、子供2人) 敷地面積:183.63㎡(55.6坪) 建築面積:91.74㎡(27.8坪) 延床面積:158.57㎡(48.1坪) 階数:地上2 構造:木造 写真撮影:矢野紀行 写真家HP:http://www.yanofoto.com/

概要

作品名 石切りの家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,西洋風
所在地 大阪府
敷地面積183.63㎡(55.6坪)
延床面積158.57㎡(48.1坪)
所在地大阪府東大阪市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

小さな貸しオフィスビルの再生

大阪市内。築45年の一見何処にでもある小さな貸オフィスビル。荒いコンクリート素地、鉄製手摺、焼きムラのある小口平タイルなど、長い歳月を経て醸成された素材に価値を見出しつつ、現代的な意匠・設備・構造へと全体を更新することで何処にもない建築へと再生しまし。約100年前の上海の建造物から再生したという古レンガは、通常の3倍の目地材を使用して彫りの深い表情とし、通りからエントランスへ来訪者を導く巨大な壁面となって、建物に負けない存在感を発揮しています。 建築も素材も、いったん止まっていた時計が再び時を刻み始めます。新たな時間の積み重ねによって、このデザインがやがて歴史の1頁となることを期待しています。

概要

作品名 岡山ビル
ジャンル コンクリート打放し,オフィス,リフォーム・リノベーション
所在地 大阪府大阪市中央区
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建蓄設計事務所

シンプルで寿命の長いデザイン。

小さな貸しオフィスビルの再生

大阪市内。築45年の一見何処にでもある小さな貸オフィスビル。荒いコンクリート素地、鉄製手摺、焼きムラのある小口平タイルなど、長い歳月を経て醸成された素材に価値を見出しつつ、現代的な意匠・設備・構造へと全体を更新することで何処にもない建築へと再生しまし。約100年前の上海の建造物から再生したという古レンガは、通常の3倍の目地材を使用して彫りの深い表情とし、通りからエントランスへ来訪者を導く巨大な壁面となって、建物に負けない存在感を発揮しています。 建築も素材も、いったん止まっていた時計が再び時を刻み始めます。新たな時間の積み重ねによって、このデザインがやがて歴史の1頁となることを期待しています。

概要

作品名 岡山ビル
ジャンル コンクリート打放し,オフィス,リフォーム・リノベーション
所在地 大阪府大阪市中央区
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建蓄設計事務所

シンプルで寿命の長いデザイン。

小さな貸しオフィスビルの再生

大阪市内。築45年の一見何処にでもある小さな貸オフィスビル。荒いコンクリート素地、鉄製手摺、焼きムラのある小口平タイルなど、長い歳月を経て醸成された素材に価値を見出しつつ、現代的な意匠・設備・構造へと全体を更新することで何処にもない建築へと再生しまし。約100年前の上海の建造物から再生したという古レンガは、通常の3倍の目地材を使用して彫りの深い表情とし、通りからエントランスへ来訪者を導く巨大な壁面となって、建物に負けない存在感を発揮しています。 建築も素材も、いったん止まっていた時計が再び時を刻み始めます。新たな時間の積み重ねによって、このデザインがやがて歴史の1頁となることを期待しています。

概要

作品名 岡山ビル
ジャンル コンクリート打放し,オフィス,リフォーム・リノベーション
所在地 大阪府大阪市中央区
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建蓄設計事務所

シンプルで寿命の長いデザイン。

小さな貸しオフィスビルの再生

大阪市内。築45年の一見何処にでもある小さな貸オフィスビル。荒いコンクリート素地、鉄製手摺、焼きムラのある小口平タイルなど、長い歳月を経て醸成された素材に価値を見出しつつ、現代的な意匠・設備・構造へと全体を更新することで何処にもない建築へと再生しまし。約100年前の上海の建造物から再生したという古レンガは、通常の3倍の目地材を使用して彫りの深い表情とし、通りからエントランスへ来訪者を導く巨大な壁面となって、建物に負けない存在感を発揮しています。 建築も素材も、いったん止まっていた時計が再び時を刻み始めます。新たな時間の積み重ねによって、このデザインがやがて歴史の1頁となることを期待しています。

概要

作品名 岡山ビル
ジャンル コンクリート打放し,オフィス,リフォーム・リノベーション
所在地 大阪府大阪市中央区
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建蓄設計事務所

シンプルで寿命の長いデザイン。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

STUDIO AMBITEX

東京の代々木に建つ、アパレル会社のオフィスビルです。 住宅が多く建ち並ぶ街並みということから、通りに対して“圧迫感を感じさせない事務所ビル”という雰囲気にしたいと考えました。 そこで、1階→2階→3階と、上の階にいくほど通りより奥まった形にしました。 そして、2階と3階の通り側を植栽のバルコニーとすることで、通行人からは植栽が見えるデザインとしています。 外壁は煉瓦を使い、穏やかな雰囲気にしています。 また、建物奥に吹き抜けの中庭をつくることで、事務所やテナント部分に光や風を取り込みながら、近隣の住まいに音や光が伝わりにくいようにしています。 建物内部は、1階はテナントの計画で、建設と同時並行でカフェと花屋の計画が進み、建物完成後に入居しています。 2階はオフィス、3階は撮影スタジオで、1階からのオフィスへの階段は建物の際に配置して、できる限り存在を感じさせないようにしています。 オフィス部分は、将来の使い方をフレキシブルにできるよう、間仕切りを極力つくらないプランニングになっています。内部は上履きとなっており、床はフローリングとしています。 3階は撮影の事を考えて壁面を白にして、光が回りやすくしています。 場所:東京都渋谷区 竣工年:2016年 用途:オフィス 敷地面積:116.02㎡(35.09坪) 建築面積:69.27㎡(20.95坪) 延床面積:186.37㎡(56.37坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 STUDIO AMBITEX
ジャンル デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,オフィス
所在地 東京都渋谷区
敷地面積116.02㎡(35.09坪)
延床面積186.37㎡(56.37坪)
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

夫婦の老後を楽しむタタミリビングの終の住まい

  形態的には南北軒の出をたっぷりとった切妻屋根、トップサイドライト付平屋 のシンプルな住宅である 内部計画・ シンプルな和室寝室と繋がる畳の部屋またその部屋と繋がる桧縁 甲板床の寝室に収納充分な納戸、押入れの構成 大きめな畳床のリビング、ダイニング、繋がるキッチン、1ルーム方式の水周 り、1周出来る部屋構成にの必要十分な収納 中央の位置のトップサイドライトは寝室、畳の部屋への採光、夏の熱気の排出の 役目 外部計画・ メンテナンスの楽な外壁、鋼製サイディング(色彩計画) 屋根も鋼製平葺き、軽量と言うことで耐震計画も充分な計画 仕上げ材は天然素材(床 桧、天井 杉板、壁 和紙)を使用、雰囲気と共に住環 境性能を高めている 断熱遮熱計画、換気計画、動線計画、省エネ計画、環境計画は十分に考慮され実行さ れている 基礎断熱と断熱ペアガラスサッシュ、外壁、屋根(天井)断熱により、1ルームに近い 約100㎡の住宅も十分なものとなっている

概要

作品名 豊橋の家(終のすまい2)
ジャンル シンプル・ミニマル,ローコスト住宅,平屋
所在地 愛知県豊橋市
設計から完成迄の期間10か月
間取り3LDK
基礎ベタ基礎(基礎断熱)
外壁ガルバリウム鋼板サイディング張り
屋根の形切り妻
和紙
タタミ、ヒノキ縁甲板
構造木造在来
予算帯1900万円
敷地面積287.27㎡
延床面積97.30㎡
所在地愛知県豊橋市
ロケーション田舎の住宅地
施工者(株)竹工建設

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

夫婦の老後を楽しむタタミリビングの終の住まい

  形態的には南北軒の出をたっぷりとった切妻屋根、トップサイドライト付平屋 のシンプルな住宅である 内部計画・ シンプルな和室寝室と繋がる畳の部屋またその部屋と繋がる桧縁 甲板床の寝室に収納充分な納戸、押入れの構成 大きめな畳床のリビング、ダイニング、繋がるキッチン、1ルーム方式の水周 り、1周出来る部屋構成にの必要十分な収納 中央の位置のトップサイドライトは寝室、畳の部屋への採光、夏の熱気の排出の 役目 外部計画・ メンテナンスの楽な外壁、鋼製サイディング(色彩計画) 屋根も鋼製平葺き、軽量と言うことで耐震計画も充分な計画 仕上げ材は天然素材(床 桧、天井 杉板、壁 和紙)を使用、雰囲気と共に住環 境性能を高めている 断熱遮熱計画、換気計画、動線計画、省エネ計画、環境計画は十分に考慮され実行さ れている 基礎断熱と断熱ペアガラスサッシュ、外壁、屋根(天井)断熱により、1ルームに近い 約100㎡の住宅も十分なものとなっている

概要

作品名 豊橋の家(終のすまい2)
ジャンル シンプル・ミニマル,ローコスト住宅,平屋
所在地 愛知県豊橋市
設計から完成迄の期間10か月
間取り3LDK
基礎ベタ基礎(基礎断熱)
外壁ガルバリウム鋼板サイディング張り
屋根の形切り妻
和紙
タタミ、ヒノキ縁甲板
構造木造在来
予算帯1900万円
敷地面積287.27㎡
延床面積97.30㎡
所在地愛知県豊橋市
ロケーション田舎の住宅地
施工者(株)竹工建設

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

夫婦の老後を楽しむタタミリビングの終の住まい

  形態的には南北軒の出をたっぷりとった切妻屋根、トップサイドライト付平屋 のシンプルな住宅である 内部計画・ シンプルな和室寝室と繋がる畳の部屋またその部屋と繋がる桧縁 甲板床の寝室に収納充分な納戸、押入れの構成 大きめな畳床のリビング、ダイニング、繋がるキッチン、1ルーム方式の水周 り、1周出来る部屋構成にの必要十分な収納 中央の位置のトップサイドライトは寝室、畳の部屋への採光、夏の熱気の排出の 役目 外部計画・ メンテナンスの楽な外壁、鋼製サイディング(色彩計画) 屋根も鋼製平葺き、軽量と言うことで耐震計画も充分な計画 仕上げ材は天然素材(床 桧、天井 杉板、壁 和紙)を使用、雰囲気と共に住環 境性能を高めている 断熱遮熱計画、換気計画、動線計画、省エネ計画、環境計画は十分に考慮され実行さ れている 基礎断熱と断熱ペアガラスサッシュ、外壁、屋根(天井)断熱により、1ルームに近い 約100㎡の住宅も十分なものとなっている

概要

作品名 豊橋の家(終のすまい2)
ジャンル シンプル・ミニマル,ローコスト住宅,平屋
所在地 愛知県豊橋市
設計から完成迄の期間10か月
間取り3LDK
基礎ベタ基礎(基礎断熱)
外壁ガルバリウム鋼板サイディング張り
屋根の形切り妻
和紙
タタミ、ヒノキ縁甲板
構造木造在来
予算帯1900万円
敷地面積287.27㎡
延床面積97.30㎡
所在地愛知県豊橋市
ロケーション田舎の住宅地
施工者(株)竹工建設

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

植栽がないのに緑豊か。視線コントロールと借景の家。

山口県防府市の中心部から北へ少し行った佐波川の支流沿いにこの建物は誕生した。  山の稜線の麓にポツリポツリと集落を残す市街化調整区域内の敷地の読み解きから計画は始まった。道路沿いの敷地の奥には御両親の住む住居が存在し、道路向こうは川土手の緑が印象的であった。本来であれば内部空間を存分に開放し、この大自然を惜しみなく取り入れる計画を第一とする事も考えられたが、奥の御両親の住居が存在することで、敷地南側が通路兼駐車スペースとして必要であり、さらに北側にも御両親の住居の出入口があり、生活動線となっており、内部空間を開放する事で逆にプライバシーの無い落ち着かない生活空間になる恐れがあった。この敷地内動線の「中州」のエリアにいかに近隣との距離をとり、心地よい施主の住処を築くかがテーマであった。  この建物は、素材の選択・断面構成による手法で空間に方向性を持たせ、視線を直線的に開放することで、視覚的に空間が拡張していき、かすかな自然の気配をまるで自然のど真ん中にいるイメージに増幅してくれる。そもそもこの敷地は立派な庭園や、果樹園に見守られ、それをお借りしない手はなかった。格子壁によって程よく外部との関係を遮る事でプライバシーを確保し、内部空間に自然の恩恵を最大限取り入れている。  また、周辺環境への配慮として、集落への新しい活力、新鮮さは勿論のこと、清潔感や穏やかさ、施主の落ち着いた雰囲気が建物から漂い、建物と共に家族も周囲から愛されるように願いデザインを施した。道路から見る建物の隙間からは周りの緑も程よく抜けて見え、家族の生活を豊かに彩ってくれる。  これからも周囲に温かく包まれながら幸せな暮らしを紡いでいくことを願い・・・。 「借景の家」ここに誕生。

概要

作品名 大崎の家
ジャンル デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

周囲に配慮する建築事例です。なかなかそこまで気が回っていない建物が多い気がします。

この住宅が建つ敷地は市街地の外堀に位置し、山裾に広がる閑静な住宅街の一角である。 敷地形状は十分な広さの真四角な整形敷地。敷地に立つと自然環境の恩恵を受けた、 ゆったりとした時間の流れを感じることが出来る。ただ、山々の美しい姿を眺めるには周囲の建物が少し気になった。また、あまりに整いすぎた道路と敷地との関係性は無限の解の中から最良の一つを探し出す作業という一面も備えていた。 まず初めに取り組んだのが道路と建物の距離間・道路に対する建物のヴォリュームの コントロールである。具体的には、道路から建物を引き、道路側を低く、敷地奥を高くし、道路に対しての圧迫感が無いようにする事で、周辺住民や環境への『配慮』を現した。 また、室内で自然に使う明かりが、庭や地域にやわらかく溢れだすことで、人と人がつながるキッカケや絆を強くしてほしいと願った。 内部空間は吹抜けを核としたスキップフロアを生かした『回遊空間』となっている。 構造的に4つの床レベルを駆使し、素材や造作などの細部に手間を加え、洞窟や森など 自然を感じさせる立体的な空間に仕上げている。吹抜け上部に設けたハイサイドライトは、周囲に対して閉鎖的な印象を与えないようにする為だけでなく、周囲の視線をカットしつつも、山間にきらめく清涼感のある一筋の滝のような光を内部空間に注いでくれる。

概要

作品名 吉敷の家
ジャンル 無垢・自然素材,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅
所在地 山口県

プロフィール

C&C DESIGN ARCHITECT

ほかの人よりワンランク上の住宅をご希望なら当事務所で

客室露天風呂付き旅館のリノベーション

かつうら御苑 露天風呂付スィートルーム「天~Ten~」 那智勝浦の海辺に建つ和風旅館の改装。 ”部屋出しの料理を、椅子座のダイニングで堪能いただきたい。また、源泉かけ流しの部屋付露天風呂を。” このようなオーナーの強いご希望から、まず第一に海際の特等席へ、ダイニングと露天風呂を配した。 客室全体をダイナミックで開放的な大広間とし、ゆとりある大きさの家具とともに、非日常の高揚感を演出した。 杉などの地元素材・那智の滝や荒波等の熊野らしい風景を取り入れ、旅人の心に残る景色を感じさせることに努めた。 世界遺産”熊野”という風土の魅力を伝え、文化継承の一端を担う和風旅館。 熊野の大らかな自然にふれる解放感と、温泉旅館の情緒・やすらぎを感じられる”非日常の邸宅”をめざした。

概要

作品名 かつうら御苑
ジャンル 現代建築・現代住宅,和風建築,リフォーム・リノベーション
所在地 和歌山県

プロフィール

久和原建築事務所

大阪を拠点に活動している建築設計事務所。

客室露天風呂付き旅館のリノベーション

かつうら御苑 露天風呂付スィートルーム「天~Ten~」 那智勝浦の海辺に建つ和風旅館の改装。 ”部屋出しの料理を、椅子座のダイニングで堪能いただきたい。また、源泉かけ流しの部屋付露天風呂を。” このようなオーナーの強いご希望から、まず第一に海際の特等席へ、ダイニングと露天風呂を配した。 客室全体をダイナミックで開放的な大広間とし、ゆとりある大きさの家具とともに、非日常の高揚感を演出した。 杉などの地元素材・那智の滝や荒波等の熊野らしい風景を取り入れ、旅人の心に残る景色を感じさせることに努めた。 世界遺産”熊野”という風土の魅力を伝え、文化継承の一端を担う和風旅館。 熊野の大らかな自然にふれる解放感と、温泉旅館の情緒・やすらぎを感じられる”非日常の邸宅”をめざした。

概要

作品名 かつうら御苑
ジャンル 現代建築・現代住宅,和風建築,リフォーム・リノベーション
所在地 和歌山県

プロフィール

久和原建築事務所

大阪を拠点に活動している建築設計事務所。

西宮のリノベーション

兵庫県西宮市の住宅街に建つ、3階建ての建物のリノベーションです。 親世帯が住んでいた建物を、2世帯住宅にリノベーションしました。元々あった建物は鉄骨造。数年前から他の場所での、新築の検討もしていましたが、最終的には、実家のリノベーションを進めることになりました。既存の建物は鉄骨造ということもあり、内部の柱が少なく、プランの自由度がありそうでした。そうしたことから、希望される住まいが実現できるのではないかと、リノベーションのプランを提案しました。 1階は親世帯の使い勝手を重視して、親世帯の部屋、両世帯が利用する洗面、浴室、WCを配置。親世帯の部屋にはミニキッチンを設置しています。 2階3階は、子世帯の住まいに。2階は間仕切りを取り払い、できるだけ広い空間を取ることに。バルコニーをデッキとして、大きな開口を設けることで、内外のつながりをつくっています。キッチンはオープンキッチンをデザインして、たっぷりと収納を設けました。階段をガラスで仕切ることで、圧迫感を減少させ、上下階とのつながりを持たせています。壁と天井は漆喰仕上げとし、スチールや無垢材なども、仕上げ材として利用しています。 3階は、寝室に子供室を配置。3階の子供室は、将来の間仕切りができるように計画し、3つの子供室がつくれるように考えています。 全体としては、外装は綺麗な状態でしたので、手を入れず、内部は壁を取り払い、断熱材を追加していきました。 リノベーションは大きさに制約のある中で、希望の住まいをどう実現するか、というのがプランの大きなポイントです。今回の建物は、1~3階の面積を合計すると、2世帯としても面積は満たされている建物でした。しかし、1階に駐車場と親世帯と水回り、2階は階段が中央付近に位置することでのプランの制、3階に寝室と子供室3つの部屋という面積の制約、がありました。狭小住宅の設計で培った、細かな寸法設定や家具の配置の検討をすることで、限られた面積の中、広がりも感じられるプランを実現することができました。 場所:兵庫県西宮市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、母親、子供2人) 敷地面積:72.45㎡ (21.8坪) 建築面積:54.34㎡ (16.4坪) 延床面積:152.40㎡ (46.1坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 西宮のリノベーション
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション
所在地 兵庫県西宮市
敷地面積72.45㎡ (21.8坪)
延床面積152.40㎡ (46.1坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

西宮のリノベーション

兵庫県西宮市の住宅街に建つ、3階建ての建物のリノベーションです。 親世帯が住んでいた建物を、2世帯住宅にリノベーションしました。元々あった建物は鉄骨造。数年前から他の場所での、新築の検討もしていましたが、最終的には、実家のリノベーションを進めることになりました。既存の建物は鉄骨造ということもあり、内部の柱が少なく、プランの自由度がありそうでした。そうしたことから、希望される住まいが実現できるのではないかと、リノベーションのプランを提案しました。 1階は親世帯の使い勝手を重視して、親世帯の部屋、両世帯が利用する洗面、浴室、WCを配置。親世帯の部屋にはミニキッチンを設置しています。 2階3階は、子世帯の住まいに。2階は間仕切りを取り払い、できるだけ広い空間を取ることに。バルコニーをデッキとして、大きな開口を設けることで、内外のつながりをつくっています。キッチンはオープンキッチンをデザインして、たっぷりと収納を設けました。階段をガラスで仕切ることで、圧迫感を減少させ、上下階とのつながりを持たせています。壁と天井は漆喰仕上げとし、スチールや無垢材なども、仕上げ材として利用しています。 3階は、寝室に子供室を配置。3階の子供室は、将来の間仕切りができるように計画し、3つの子供室がつくれるように考えています。 全体としては、外装は綺麗な状態でしたので、手を入れず、内部は壁を取り払い、断熱材を追加していきました。 リノベーションは大きさに制約のある中で、希望の住まいをどう実現するか、というのがプランの大きなポイントです。今回の建物は、1~3階の面積を合計すると、2世帯としても面積は満たされている建物でした。しかし、1階に駐車場と親世帯と水回り、2階は階段が中央付近に位置することでのプランの制、3階に寝室と子供室3つの部屋という面積の制約、がありました。狭小住宅の設計で培った、細かな寸法設定や家具の配置の検討をすることで、限られた面積の中、広がりも感じられるプランを実現することができました。 場所:兵庫県西宮市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、母親、子供2人) 敷地面積:72.45㎡ (21.8坪) 建築面積:54.34㎡ (16.4坪) 延床面積:152.40㎡ (46.1坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 西宮のリノベーション
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション
所在地 兵庫県西宮市
敷地面積72.45㎡ (21.8坪)
延床面積152.40㎡ (46.1坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

腎臓人工透析を主とする内科の病院です。

上山病院は、腎臓人工透析を主とする内科の病院である。病院の建替えにあたり、一部併設クリニックの構造体を残し改装、その倍近くの増築を行う計画が採択された。既存建物を残す事で、階高等に制約を受ける面もあったが、構造体を外装版で覆う事により増築部分と一体化した表現となった。 再生木ルーバーで覆われた3階バルコニーは、病室より出入できる安全な外部空間として自然と触れ合う事や回遊性を確保し、交通量の多い通りからの緩衝帯ともなる。また、最上階では、中庭やトップサイドライトにより自然光を取り入れ、開放感のある空間とした。さらに屋上を緑化する事で、散策の場として利用し、再生木の使用、光触媒塗料の大気浄化作用など、環境対策にも配慮した。 国道と、脇田川に面する部分は、1階をセットバックさせ石貼りのベンチと緑地帯を設け、緩やかにカーブを描く壁と共に、地域に開かれた医療施設としての表現とした。 名称:上山病院 / 種別 / 用途:病院(内科) / 規模・延床面積:3,450.48㎡ / 構造:鉄筋コンクリート造3階建 / 所在地:鹿児島県鹿児島市宇宿 / 竣工日:2009年6月

概要

作品名 上山病院
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル
所在地 -

プロフィール

アトリエ環 建築設計事務所

機能とデザインの調和を目指します。

3世帯の家

おばあちゃんが息子さんと住んでいる家を、お孫さん世帯にあたる娘さんの長女ご家族(夫婦+子供3人)と一緒に住む家に建て替えたいという依頼でした。 依頼者はおばあちゃんから見てお孫さんにあたる娘さんのご長女さん。 依頼者のお子さんも数えるとおばあちゃんから4世代もの人々が、おばあちゃん、息子さん、娘さんの長女ご家族と別々の世帯を築き、結果的に3世帯が暮らす家の計画です。 間口の限られた敷地に、4世代にもわたる複数世帯住宅が本当に建つのだろうか?という疑問から、まずは、計画がはじまりました。 2階建てや3階建てのプランを検討し、最終的には、鉄骨の3階建を建てることになりました。 プランを作成するときに気を付けたのは、階は違えども、お互いが気配を感じれるような雰囲気に出来ないか、ということでした。 仲の良い方々で、以前から、皆がおばあさんの家にいつも集まっている、とのこと。 加えて、住宅密集地に建つ建物だけに、通気や採光をうまく取り入れたいと考えました。 そこで、光と風と取り入れ、気配を繋ぐことができる吹き抜けを、2つ設ける提案をしました。 1階から3階までを繋ぐ吹抜けは、外部に面してガラス張りとなっています。それにより、日中も太陽の光が家の中に降り注ぎます。 高低差により、風も抜けます。1階には、おばあちゃんの部屋と、叔父さんの部屋、それに水周り一式があります。 2階には皆が利用できるLDK。3階には孫夫婦の個室があります。皆が集まるLDKは、間仕切りをガラスとすることで、より広がりを感じる空間にしています。 このようにして、それぞれがうまく距離感を保ちながらも、つながり感もある、3世帯住宅が完成しました。 場所:日本 竣工年:2014年 用途(家族構成):専用住宅(祖父・祖母、夫婦+子供3人) 敷地面積:63.9㎡ (19.3坪) 建築面積:81㎡ (25坪) 延床面積:176.2㎡ (53.3坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 3世帯の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,二世帯住宅
所在地 -

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

3世帯の家

おばあちゃんが息子さんと住んでいる家を、お孫さん世帯にあたる娘さんの長女ご家族(夫婦+子供3人)と一緒に住む家に建て替えたいという依頼でした。 依頼者はおばあちゃんから見てお孫さんにあたる娘さんのご長女さん。 依頼者のお子さんも数えるとおばあちゃんから4世代もの人々が、おばあちゃん、息子さん、娘さんの長女ご家族と別々の世帯を築き、結果的に3世帯が暮らす家の計画です。 間口の限られた敷地に、4世代にもわたる複数世帯住宅が本当に建つのだろうか?という疑問から、まずは、計画がはじまりました。 2階建てや3階建てのプランを検討し、最終的には、鉄骨の3階建を建てることになりました。 プランを作成するときに気を付けたのは、階は違えども、お互いが気配を感じれるような雰囲気に出来ないか、ということでした。 仲の良い方々で、以前から、皆がおばあさんの家にいつも集まっている、とのこと。 加えて、住宅密集地に建つ建物だけに、通気や採光をうまく取り入れたいと考えました。 そこで、光と風と取り入れ、気配を繋ぐことができる吹き抜けを、2つ設ける提案をしました。 1階から3階までを繋ぐ吹抜けは、外部に面してガラス張りとなっています。それにより、日中も太陽の光が家の中に降り注ぎます。 高低差により、風も抜けます。1階には、おばあちゃんの部屋と、叔父さんの部屋、それに水周り一式があります。 2階には皆が利用できるLDK。3階には孫夫婦の個室があります。皆が集まるLDKは、間仕切りをガラスとすることで、より広がりを感じる空間にしています。 このようにして、それぞれがうまく距離感を保ちながらも、つながり感もある、3世帯住宅が完成しました。 場所:日本 竣工年:2014年 用途(家族構成):専用住宅(祖父・祖母、夫婦+子供3人) 敷地面積:63.9㎡ (19.3坪) 建築面積:81㎡ (25坪) 延床面積:176.2㎡ (53.3坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 3世帯の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,二世帯住宅
所在地 -

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

3世帯の家

おばあちゃんが息子さんと住んでいる家を、お孫さん世帯にあたる娘さんの長女ご家族(夫婦+子供3人)と一緒に住む家に建て替えたいという依頼でした。 依頼者はおばあちゃんから見てお孫さんにあたる娘さんのご長女さん。 依頼者のお子さんも数えるとおばあちゃんから4世代もの人々が、おばあちゃん、息子さん、娘さんの長女ご家族と別々の世帯を築き、結果的に3世帯が暮らす家の計画です。 間口の限られた敷地に、4世代にもわたる複数世帯住宅が本当に建つのだろうか?という疑問から、まずは、計画がはじまりました。 2階建てや3階建てのプランを検討し、最終的には、鉄骨の3階建を建てることになりました。 プランを作成するときに気を付けたのは、階は違えども、お互いが気配を感じれるような雰囲気に出来ないか、ということでした。 仲の良い方々で、以前から、皆がおばあさんの家にいつも集まっている、とのこと。 加えて、住宅密集地に建つ建物だけに、通気や採光をうまく取り入れたいと考えました。 そこで、光と風と取り入れ、気配を繋ぐことができる吹き抜けを、2つ設ける提案をしました。 1階から3階までを繋ぐ吹抜けは、外部に面してガラス張りとなっています。それにより、日中も太陽の光が家の中に降り注ぎます。 高低差により、風も抜けます。1階には、おばあちゃんの部屋と、叔父さんの部屋、それに水周り一式があります。 2階には皆が利用できるLDK。3階には孫夫婦の個室があります。皆が集まるLDKは、間仕切りをガラスとすることで、より広がりを感じる空間にしています。 このようにして、それぞれがうまく距離感を保ちながらも、つながり感もある、3世帯住宅が完成しました。 場所:日本 竣工年:2014年 用途(家族構成):専用住宅(祖父・祖母、夫婦+子供3人) 敷地面積:63.9㎡ (19.3坪) 建築面積:81㎡ (25坪) 延床面積:176.2㎡ (53.3坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 3世帯の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,二世帯住宅
所在地 -

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

3世帯の家

おばあちゃんが息子さんと住んでいる家を、お孫さん世帯にあたる娘さんの長女ご家族(夫婦+子供3人)と一緒に住む家に建て替えたいという依頼でした。 依頼者はおばあちゃんから見てお孫さんにあたる娘さんのご長女さん。 依頼者のお子さんも数えるとおばあちゃんから4世代もの人々が、おばあちゃん、息子さん、娘さんの長女ご家族と別々の世帯を築き、結果的に3世帯が暮らす家の計画です。 間口の限られた敷地に、4世代にもわたる複数世帯住宅が本当に建つのだろうか?という疑問から、まずは、計画がはじまりました。 2階建てや3階建てのプランを検討し、最終的には、鉄骨の3階建を建てることになりました。 プランを作成するときに気を付けたのは、階は違えども、お互いが気配を感じれるような雰囲気に出来ないか、ということでした。 仲の良い方々で、以前から、皆がおばあさんの家にいつも集まっている、とのこと。 加えて、住宅密集地に建つ建物だけに、通気や採光をうまく取り入れたいと考えました。 そこで、光と風と取り入れ、気配を繋ぐことができる吹き抜けを、2つ設ける提案をしました。 1階から3階までを繋ぐ吹抜けは、外部に面してガラス張りとなっています。それにより、日中も太陽の光が家の中に降り注ぎます。 高低差により、風も抜けます。1階には、おばあちゃんの部屋と、叔父さんの部屋、それに水周り一式があります。 2階には皆が利用できるLDK。3階には孫夫婦の個室があります。皆が集まるLDKは、間仕切りをガラスとすることで、より広がりを感じる空間にしています。 このようにして、それぞれがうまく距離感を保ちながらも、つながり感もある、3世帯住宅が完成しました。 場所:日本 竣工年:2014年 用途(家族構成):専用住宅(祖父・祖母、夫婦+子供3人) 敷地面積:63.9㎡ (19.3坪) 建築面積:81㎡ (25坪) 延床面積:176.2㎡ (53.3坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 3世帯の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,二世帯住宅
所在地 -

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

生駒の家

 奈良県生駒市の住宅街から、少し離れた場所に敷地はあります。 建築主は、自然が身近に感じられる雰囲気を気に入って、この敷地を購入したそうです。 敷地は東西に長く、東側には林があり、西には生駒山が見えています。 この地域の建設には、屋根や外壁に色彩規制があり、屋根は勾配のある切妻屋根とする、という規制があります。 そのような状況から、三角屋根を生かした空間デザインを考えたいと思いました。  建築主の希望としては、インドアの生活スタイルで、家の中から生駒山や林の景色が見える窓がほしい、 趣味の日本画を描いた絵が飾れる壁がほしい、とのことでした。  そこで、LDKなど家族が共用する部屋をギャラリーとし、それが東西に突き抜ける空間を提案しました。 ギャラリーは、空間を蛇行させることにより、雰囲気は場所ごとに異なり、東と西からの直射日光や反射光が 混ざり合う様子を楽しめる空間としています。  中央の空間には、玄関とキッチンがあり、東側には、リビングダイニングとサンルーム、アトリエがあります。 リビングとサンルームには、隣地からの目線を遮りながらも、林の景色を楽しめるようにしています。 玄関より西側にはセカンドリビングがあり、生駒山の景色が見ることができます。 場所:奈良県生駒市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦+子供2人) 敷地面積:285.04㎡(86.22坪) 建築面積:96.00㎡(29.04坪) 延床面積:92.40㎡(27.95坪) 階数:地上1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 生駒の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 奈良県生駒市
敷地面積285.04㎡(86.22坪)
延床面積92.40㎡(27.95坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

生駒の家

 奈良県生駒市の住宅街から、少し離れた場所に敷地はあります。 建築主は、自然が身近に感じられる雰囲気を気に入って、この敷地を購入したそうです。 敷地は東西に長く、東側には林があり、西には生駒山が見えています。 この地域の建設には、屋根や外壁に色彩規制があり、屋根は勾配のある切妻屋根とする、という規制があります。 そのような状況から、三角屋根を生かした空間デザインを考えたいと思いました。  建築主の希望としては、インドアの生活スタイルで、家の中から生駒山や林の景色が見える窓がほしい、 趣味の日本画を描いた絵が飾れる壁がほしい、とのことでした。  そこで、LDKなど家族が共用する部屋をギャラリーとし、それが東西に突き抜ける空間を提案しました。 ギャラリーは、空間を蛇行させることにより、雰囲気は場所ごとに異なり、東と西からの直射日光や反射光が 混ざり合う様子を楽しめる空間としています。  中央の空間には、玄関とキッチンがあり、東側には、リビングダイニングとサンルーム、アトリエがあります。 リビングとサンルームには、隣地からの目線を遮りながらも、林の景色を楽しめるようにしています。 玄関より西側にはセカンドリビングがあり、生駒山の景色が見ることができます。 場所:奈良県生駒市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦+子供2人) 敷地面積:285.04㎡(86.22坪) 建築面積:96.00㎡(29.04坪) 延床面積:92.40㎡(27.95坪) 階数:地上1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 生駒の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 奈良県生駒市
敷地面積285.04㎡(86.22坪)
延床面積92.40㎡(27.95坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

生駒の家

 奈良県生駒市の住宅街から、少し離れた場所に敷地はあります。 建築主は、自然が身近に感じられる雰囲気を気に入って、この敷地を購入したそうです。 敷地は東西に長く、東側には林があり、西には生駒山が見えています。 この地域の建設には、屋根や外壁に色彩規制があり、屋根は勾配のある切妻屋根とする、という規制があります。 そのような状況から、三角屋根を生かした空間デザインを考えたいと思いました。  建築主の希望としては、インドアの生活スタイルで、家の中から生駒山や林の景色が見える窓がほしい、 趣味の日本画を描いた絵が飾れる壁がほしい、とのことでした。  そこで、LDKなど家族が共用する部屋をギャラリーとし、それが東西に突き抜ける空間を提案しました。 ギャラリーは、空間を蛇行させることにより、雰囲気は場所ごとに異なり、東と西からの直射日光や反射光が 混ざり合う様子を楽しめる空間としています。  中央の空間には、玄関とキッチンがあり、東側には、リビングダイニングとサンルーム、アトリエがあります。 リビングとサンルームには、隣地からの目線を遮りながらも、林の景色を楽しめるようにしています。 玄関より西側にはセカンドリビングがあり、生駒山の景色が見ることができます。 場所:奈良県生駒市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦+子供2人) 敷地面積:285.04㎡(86.22坪) 建築面積:96.00㎡(29.04坪) 延床面積:92.40㎡(27.95坪) 階数:地上1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 生駒の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 奈良県生駒市
敷地面積285.04㎡(86.22坪)
延床面積92.40㎡(27.95坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

生駒の家

 奈良県生駒市の住宅街から、少し離れた場所に敷地はあります。 建築主は、自然が身近に感じられる雰囲気を気に入って、この敷地を購入したそうです。 敷地は東西に長く、東側には林があり、西には生駒山が見えています。 この地域の建設には、屋根や外壁に色彩規制があり、屋根は勾配のある切妻屋根とする、という規制があります。 そのような状況から、三角屋根を生かした空間デザインを考えたいと思いました。  建築主の希望としては、インドアの生活スタイルで、家の中から生駒山や林の景色が見える窓がほしい、 趣味の日本画を描いた絵が飾れる壁がほしい、とのことでした。  そこで、LDKなど家族が共用する部屋をギャラリーとし、それが東西に突き抜ける空間を提案しました。 ギャラリーは、空間を蛇行させることにより、雰囲気は場所ごとに異なり、東と西からの直射日光や反射光が 混ざり合う様子を楽しめる空間としています。  中央の空間には、玄関とキッチンがあり、東側には、リビングダイニングとサンルーム、アトリエがあります。 リビングとサンルームには、隣地からの目線を遮りながらも、林の景色を楽しめるようにしています。 玄関より西側にはセカンドリビングがあり、生駒山の景色が見ることができます。 場所:奈良県生駒市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦+子供2人) 敷地面積:285.04㎡(86.22坪) 建築面積:96.00㎡(29.04坪) 延床面積:92.40㎡(27.95坪) 階数:地上1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 生駒の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 奈良県生駒市
敷地面積285.04㎡(86.22坪)
延床面積92.40㎡(27.95坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

生駒の家

 奈良県生駒市の住宅街から、少し離れた場所に敷地はあります。 建築主は、自然が身近に感じられる雰囲気を気に入って、この敷地を購入したそうです。 敷地は東西に長く、東側には林があり、西には生駒山が見えています。 この地域の建設には、屋根や外壁に色彩規制があり、屋根は勾配のある切妻屋根とする、という規制があります。 そのような状況から、三角屋根を生かした空間デザインを考えたいと思いました。  建築主の希望としては、インドアの生活スタイルで、家の中から生駒山や林の景色が見える窓がほしい、 趣味の日本画を描いた絵が飾れる壁がほしい、とのことでした。  そこで、LDKなど家族が共用する部屋をギャラリーとし、それが東西に突き抜ける空間を提案しました。 ギャラリーは、空間を蛇行させることにより、雰囲気は場所ごとに異なり、東と西からの直射日光や反射光が 混ざり合う様子を楽しめる空間としています。  中央の空間には、玄関とキッチンがあり、東側には、リビングダイニングとサンルーム、アトリエがあります。 リビングとサンルームには、隣地からの目線を遮りながらも、林の景色を楽しめるようにしています。 玄関より西側にはセカンドリビングがあり、生駒山の景色が見ることができます。 場所:奈良県生駒市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦+子供2人) 敷地面積:285.04㎡(86.22坪) 建築面積:96.00㎡(29.04坪) 延床面積:92.40㎡(27.95坪) 階数:地上1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 生駒の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 奈良県生駒市
敷地面積285.04㎡(86.22坪)
延床面積92.40㎡(27.95坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

生駒の家

 奈良県生駒市の住宅街から、少し離れた場所に敷地はあります。 建築主は、自然が身近に感じられる雰囲気を気に入って、この敷地を購入したそうです。 敷地は東西に長く、東側には林があり、西には生駒山が見えています。 この地域の建設には、屋根や外壁に色彩規制があり、屋根は勾配のある切妻屋根とする、という規制があります。 そのような状況から、三角屋根を生かした空間デザインを考えたいと思いました。  建築主の希望としては、インドアの生活スタイルで、家の中から生駒山や林の景色が見える窓がほしい、 趣味の日本画を描いた絵が飾れる壁がほしい、とのことでした。  そこで、LDKなど家族が共用する部屋をギャラリーとし、それが東西に突き抜ける空間を提案しました。 ギャラリーは、空間を蛇行させることにより、雰囲気は場所ごとに異なり、東と西からの直射日光や反射光が 混ざり合う様子を楽しめる空間としています。  中央の空間には、玄関とキッチンがあり、東側には、リビングダイニングとサンルーム、アトリエがあります。 リビングとサンルームには、隣地からの目線を遮りながらも、林の景色を楽しめるようにしています。 玄関より西側にはセカンドリビングがあり、生駒山の景色が見ることができます。 場所:奈良県生駒市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦+子供2人) 敷地面積:285.04㎡(86.22坪) 建築面積:96.00㎡(29.04坪) 延床面積:92.40㎡(27.95坪) 階数:地上1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎

概要

作品名 生駒の家
ジャンル 平屋,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 奈良県生駒市
敷地面積285.04㎡(86.22坪)
延床面積92.40㎡(27.95坪)
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

今日も明日も子供の声で溢れてる。

 東京の郊外のこの敷地に初めて訪れたときに、まず目に入ったのは、家の前の道路で元気よく遊ぶ子供たちの姿でした。三輪車と自転車とボールが行き交い、塀に登ったり飛び降りたり、色々な年齢の子供たちが楽しそうに遊ぶ混沌としたその風景。都心部ではまず見かけないこの光景を見ていると、思わずうれしくなり、また、同時にこの混沌とした光景を、許して見守っている地域の雰囲気がとてもうらやましくなりました。  この敷地に新しく建つ家は、この道路と緩やかなつながりを持ちつつ、プライバシーも保てる家にするべく設計を行いました。  この家の中心は4人の子供たち。それぞれに部屋を与えてあげたいが、家全体のスペースは限られていて、小さな部屋にしかなりません。そこで、小ささを克服するために子供部屋は、大きなリビングに面した位置に半個室として設けることにしました。また、半個室の上にそれぞれの小さなロフト空間を設け、それぞれがそのスペースも使えるように設計しています。  寝室は、子供スペースより半階上がった位置に配置し、プライバシーの高い空間としました。畳を敷き、開口部の外には肘掛手摺を設けています。また、家のてっぺんには富士山を望む小部屋を作っています。  2階には風の通りの良い木のルーバー手摺でつくられた物干し台をつくりました。物干し台には屋根を掛け小雨程度でも外に洗濯物を干すことが出来ます。また、物干しスペースに面した室内側には室内物干しスペースを設けています。  水廻りはカウンターを少し大きめにし、朝の混雑時にも並んでお化粧などが出来るように配慮しています。浴室は、小さな坪庭に面していて、裸のまま外にでても覗かれないギリギリの高さで塀の高さを設定しました。  外観はグレーの外壁で切妻屋根が乗っただけのシンプルな形状です。リビングに面した庭と子供たちが遊ぶ道路には小さな扉を設けていて、道路から直接家に入ることができます。またリビングの前の縁側で座って遊ぶことも意図しています。  スキップフロアのダイナミックな空間を持つ家で、家族のみんなの雰囲気をお互いが感じつつ生活できる家が出来上がりました。 

概要

作品名 みんなの家
ジャンル 無垢・自然素材,和風建築,現代建築・現代住宅
所在地 東京都日野市

プロフィール

森村厚建築設計事務所

心地の良い和風・和モダン住宅を設計しています。

今日も明日も子供の声で溢れてる。

 東京の郊外のこの敷地に初めて訪れたときに、まず目に入ったのは、家の前の道路で元気よく遊ぶ子供たちの姿でした。三輪車と自転車とボールが行き交い、塀に登ったり飛び降りたり、色々な年齢の子供たちが楽しそうに遊ぶ混沌としたその風景。都心部ではまず見かけないこの光景を見ていると、思わずうれしくなり、また、同時にこの混沌とした光景を、許して見守っている地域の雰囲気がとてもうらやましくなりました。  この敷地に新しく建つ家は、この道路と緩やかなつながりを持ちつつ、プライバシーも保てる家にするべく設計を行いました。  この家の中心は4人の子供たち。それぞれに部屋を与えてあげたいが、家全体のスペースは限られていて、小さな部屋にしかなりません。そこで、小ささを克服するために子供部屋は、大きなリビングに面した位置に半個室として設けることにしました。また、半個室の上にそれぞれの小さなロフト空間を設け、それぞれがそのスペースも使えるように設計しています。  寝室は、子供スペースより半階上がった位置に配置し、プライバシーの高い空間としました。畳を敷き、開口部の外には肘掛手摺を設けています。また、家のてっぺんには富士山を望む小部屋を作っています。  2階には風の通りの良い木のルーバー手摺でつくられた物干し台をつくりました。物干し台には屋根を掛け小雨程度でも外に洗濯物を干すことが出来ます。また、物干しスペースに面した室内側には室内物干しスペースを設けています。  水廻りはカウンターを少し大きめにし、朝の混雑時にも並んでお化粧などが出来るように配慮しています。浴室は、小さな坪庭に面していて、裸のまま外にでても覗かれないギリギリの高さで塀の高さを設定しました。  外観はグレーの外壁で切妻屋根が乗っただけのシンプルな形状です。リビングに面した庭と子供たちが遊ぶ道路には小さな扉を設けていて、道路から直接家に入ることができます。またリビングの前の縁側で座って遊ぶことも意図しています。  スキップフロアのダイナミックな空間を持つ家で、家族のみんなの雰囲気をお互いが感じつつ生活できる家が出来上がりました。 

概要

作品名 みんなの家
ジャンル 無垢・自然素材,和風建築,現代建築・現代住宅
所在地 東京都日野市

プロフィール

森村厚建築設計事務所

心地の良い和風・和モダン住宅を設計しています。

今日も明日も子供の声で溢れてる。

 東京の郊外のこの敷地に初めて訪れたときに、まず目に入ったのは、家の前の道路で元気よく遊ぶ子供たちの姿でした。三輪車と自転車とボールが行き交い、塀に登ったり飛び降りたり、色々な年齢の子供たちが楽しそうに遊ぶ混沌としたその風景。都心部ではまず見かけないこの光景を見ていると、思わずうれしくなり、また、同時にこの混沌とした光景を、許して見守っている地域の雰囲気がとてもうらやましくなりました。  この敷地に新しく建つ家は、この道路と緩やかなつながりを持ちつつ、プライバシーも保てる家にするべく設計を行いました。  この家の中心は4人の子供たち。それぞれに部屋を与えてあげたいが、家全体のスペースは限られていて、小さな部屋にしかなりません。そこで、小ささを克服するために子供部屋は、大きなリビングに面した位置に半個室として設けることにしました。また、半個室の上にそれぞれの小さなロフト空間を設け、それぞれがそのスペースも使えるように設計しています。  寝室は、子供スペースより半階上がった位置に配置し、プライバシーの高い空間としました。畳を敷き、開口部の外には肘掛手摺を設けています。また、家のてっぺんには富士山を望む小部屋を作っています。  2階には風の通りの良い木のルーバー手摺でつくられた物干し台をつくりました。物干し台には屋根を掛け小雨程度でも外に洗濯物を干すことが出来ます。また、物干しスペースに面した室内側には室内物干しスペースを設けています。  水廻りはカウンターを少し大きめにし、朝の混雑時にも並んでお化粧などが出来るように配慮しています。浴室は、小さな坪庭に面していて、裸のまま外にでても覗かれないギリギリの高さで塀の高さを設定しました。  外観はグレーの外壁で切妻屋根が乗っただけのシンプルな形状です。リビングに面した庭と子供たちが遊ぶ道路には小さな扉を設けていて、道路から直接家に入ることができます。またリビングの前の縁側で座って遊ぶことも意図しています。  スキップフロアのダイナミックな空間を持つ家で、家族のみんなの雰囲気をお互いが感じつつ生活できる家が出来上がりました。 

概要

作品名 みんなの家
ジャンル 無垢・自然素材,和風建築,現代建築・現代住宅
所在地 東京都日野市

プロフィール

森村厚建築設計事務所

心地の良い和風・和モダン住宅を設計しています。

今日も明日も子供の声で溢れてる。

 東京の郊外のこの敷地に初めて訪れたときに、まず目に入ったのは、家の前の道路で元気よく遊ぶ子供たちの姿でした。三輪車と自転車とボールが行き交い、塀に登ったり飛び降りたり、色々な年齢の子供たちが楽しそうに遊ぶ混沌としたその風景。都心部ではまず見かけないこの光景を見ていると、思わずうれしくなり、また、同時にこの混沌とした光景を、許して見守っている地域の雰囲気がとてもうらやましくなりました。  この敷地に新しく建つ家は、この道路と緩やかなつながりを持ちつつ、プライバシーも保てる家にするべく設計を行いました。  この家の中心は4人の子供たち。それぞれに部屋を与えてあげたいが、家全体のスペースは限られていて、小さな部屋にしかなりません。そこで、小ささを克服するために子供部屋は、大きなリビングに面した位置に半個室として設けることにしました。また、半個室の上にそれぞれの小さなロフト空間を設け、それぞれがそのスペースも使えるように設計しています。  寝室は、子供スペースより半階上がった位置に配置し、プライバシーの高い空間としました。畳を敷き、開口部の外には肘掛手摺を設けています。また、家のてっぺんには富士山を望む小部屋を作っています。  2階には風の通りの良い木のルーバー手摺でつくられた物干し台をつくりました。物干し台には屋根を掛け小雨程度でも外に洗濯物を干すことが出来ます。また、物干しスペースに面した室内側には室内物干しスペースを設けています。  水廻りはカウンターを少し大きめにし、朝の混雑時にも並んでお化粧などが出来るように配慮しています。浴室は、小さな坪庭に面していて、裸のまま外にでても覗かれないギリギリの高さで塀の高さを設定しました。  外観はグレーの外壁で切妻屋根が乗っただけのシンプルな形状です。リビングに面した庭と子供たちが遊ぶ道路には小さな扉を設けていて、道路から直接家に入ることができます。またリビングの前の縁側で座って遊ぶことも意図しています。  スキップフロアのダイナミックな空間を持つ家で、家族のみんなの雰囲気をお互いが感じつつ生活できる家が出来上がりました。 

概要

作品名 みんなの家
ジャンル 無垢・自然素材,和風建築,現代建築・現代住宅
所在地 東京都日野市

プロフィール

森村厚建築設計事務所

心地の良い和風・和モダン住宅を設計しています。

今日も明日も子供の声で溢れてる。

 東京の郊外のこの敷地に初めて訪れたときに、まず目に入ったのは、家の前の道路で元気よく遊ぶ子供たちの姿でした。三輪車と自転車とボールが行き交い、塀に登ったり飛び降りたり、色々な年齢の子供たちが楽しそうに遊ぶ混沌としたその風景。都心部ではまず見かけないこの光景を見ていると、思わずうれしくなり、また、同時にこの混沌とした光景を、許して見守っている地域の雰囲気がとてもうらやましくなりました。  この敷地に新しく建つ家は、この道路と緩やかなつながりを持ちつつ、プライバシーも保てる家にするべく設計を行いました。  この家の中心は4人の子供たち。それぞれに部屋を与えてあげたいが、家全体のスペースは限られていて、小さな部屋にしかなりません。そこで、小ささを克服するために子供部屋は、大きなリビングに面した位置に半個室として設けることにしました。また、半個室の上にそれぞれの小さなロフト空間を設け、それぞれがそのスペースも使えるように設計しています。  寝室は、子供スペースより半階上がった位置に配置し、プライバシーの高い空間としました。畳を敷き、開口部の外には肘掛手摺を設けています。また、家のてっぺんには富士山を望む小部屋を作っています。  2階には風の通りの良い木のルーバー手摺でつくられた物干し台をつくりました。物干し台には屋根を掛け小雨程度でも外に洗濯物を干すことが出来ます。また、物干しスペースに面した室内側には室内物干しスペースを設けています。  水廻りはカウンターを少し大きめにし、朝の混雑時にも並んでお化粧などが出来るように配慮しています。浴室は、小さな坪庭に面していて、裸のまま外にでても覗かれないギリギリの高さで塀の高さを設定しました。  外観はグレーの外壁で切妻屋根が乗っただけのシンプルな形状です。リビングに面した庭と子供たちが遊ぶ道路には小さな扉を設けていて、道路から直接家に入ることができます。またリビングの前の縁側で座って遊ぶことも意図しています。  スキップフロアのダイナミックな空間を持つ家で、家族のみんなの雰囲気をお互いが感じつつ生活できる家が出来上がりました。 

概要

作品名 みんなの家
ジャンル 無垢・自然素材,和風建築,現代建築・現代住宅
所在地 東京都日野市

プロフィール

森村厚建築設計事務所

心地の良い和風・和モダン住宅を設計しています。

今日も明日も子供の声で溢れてる。

 東京の郊外のこの敷地に初めて訪れたときに、まず目に入ったのは、家の前の道路で元気よく遊ぶ子供たちの姿でした。三輪車と自転車とボールが行き交い、塀に登ったり飛び降りたり、色々な年齢の子供たちが楽しそうに遊ぶ混沌としたその風景。都心部ではまず見かけないこの光景を見ていると、思わずうれしくなり、また、同時にこの混沌とした光景を、許して見守っている地域の雰囲気がとてもうらやましくなりました。  この敷地に新しく建つ家は、この道路と緩やかなつながりを持ちつつ、プライバシーも保てる家にするべく設計を行いました。  この家の中心は4人の子供たち。それぞれに部屋を与えてあげたいが、家全体のスペースは限られていて、小さな部屋にしかなりません。そこで、小ささを克服するために子供部屋は、大きなリビングに面した位置に半個室として設けることにしました。また、半個室の上にそれぞれの小さなロフト空間を設け、それぞれがそのスペースも使えるように設計しています。  寝室は、子供スペースより半階上がった位置に配置し、プライバシーの高い空間としました。畳を敷き、開口部の外には肘掛手摺を設けています。また、家のてっぺんには富士山を望む小部屋を作っています。  2階には風の通りの良い木のルーバー手摺でつくられた物干し台をつくりました。物干し台には屋根を掛け小雨程度でも外に洗濯物を干すことが出来ます。また、物干しスペースに面した室内側には室内物干しスペースを設けています。  水廻りはカウンターを少し大きめにし、朝の混雑時にも並んでお化粧などが出来るように配慮しています。浴室は、小さな坪庭に面していて、裸のまま外にでても覗かれないギリギリの高さで塀の高さを設定しました。  外観はグレーの外壁で切妻屋根が乗っただけのシンプルな形状です。リビングに面した庭と子供たちが遊ぶ道路には小さな扉を設けていて、道路から直接家に入ることができます。またリビングの前の縁側で座って遊ぶことも意図しています。  スキップフロアのダイナミックな空間を持つ家で、家族のみんなの雰囲気をお互いが感じつつ生活できる家が出来上がりました。 

概要

作品名 みんなの家
ジャンル 無垢・自然素材,和風建築,現代建築・現代住宅
所在地 東京都日野市

プロフィール

森村厚建築設計事務所

心地の良い和風・和モダン住宅を設計しています。

昭和町の家

長屋の一戸分(17.89m×3.94m)の、間口が狭く、奥行きのある敷地に建物はある。都心とはいえ、附近は昔から住んでいる人が多く、落ち着きのある街である。 そのような状況に対して閉じるのでは無く、前面道路方向を景色として受け入れる住宅を設計した。  計画においての大きな問題点は、狭小の長細い形状の敷地に家を建てると、内部の有効幅は3mを切る位しか取ることができないことであった。その条件を元に、前面道路も含めた空間をいかに利用して住まいに広がりを感じさせ、道路側から敷地奥側までの連続感を感じさせることができるかを、何度もスタディーしていった。  主たる解決は、断面的な空間構成であった。南に面する道路側から→“モッコクの樹” →"天井高さが5.6mあるリビング”→"吹き抜けと階段スペース”→"各部屋を地下から3階まで4層に重ねる空間構成”→"小さな外部吹抜け”を順に設けた。そして、フロアをスキップフロアとし、ずれを生じさせることで、後方の部屋からの視線が道路側まで抜け、室内の様子が外部から連続しているような、都市と繋がり感のある建物を実現することができた。  建物のディテールは、建物の長手方向に対しての連続感や透明感を高めることを検討した。階段を、建物の中心にしながらも、視線の抜けを確保した。部屋の仕切りにはガラスを使用し、床や天井にスリットを作り、外部からの連続感を出している。  都市部の狭小敷地での計画の場合、一般的には敷地いっぱいに建物を建て、建蔽率をクリアする為に中庭を設けることで、内部に広がりとプライバシーを保つ、といった方法がよく取られる。そのような計画の場合、道路側である都市側は壁が主体となり、圧迫感が感じられるのファサードとなる。 昭和町の家においては、建物前面部分から控えたところに植栽を植え、それを内部からも見えるようにする、というところから、都市側を意識することがはじまり、建物内部からファサードまでを形成している。 場所:大阪府大阪市 竣工年:2008年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦) 敷地面積:70.44㎡ (21.34坪) 建築面積:42.61㎡(12.91坪) 延床面積:108.35㎡ (45.74坪) 階数:地上3、地下1 構造:鉄骨造 写真撮影:矢野紀行

概要

作品名 昭和町の家
ジャンル デザイナーズ住宅,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市
敷地面積70.44㎡
延床面積108.35㎡
所在地大阪府大阪市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

昭和町の家

長屋の一戸分(17.89m×3.94m)の、間口が狭く、奥行きのある敷地に建物はある。都心とはいえ、附近は昔から住んでいる人が多く、落ち着きのある街である。 そのような状況に対して閉じるのでは無く、前面道路方向を景色として受け入れる住宅を設計した。  計画においての大きな問題点は、狭小の長細い形状の敷地に家を建てると、内部の有効幅は3mを切る位しか取ることができないことであった。その条件を元に、前面道路も含めた空間をいかに利用して住まいに広がりを感じさせ、道路側から敷地奥側までの連続感を感じさせることができるかを、何度もスタディーしていった。  主たる解決は、断面的な空間構成であった。南に面する道路側から→“モッコクの樹” →"天井高さが5.6mあるリビング”→"吹き抜けと階段スペース”→"各部屋を地下から3階まで4層に重ねる空間構成”→"小さな外部吹抜け”を順に設けた。そして、フロアをスキップフロアとし、ずれを生じさせることで、後方の部屋からの視線が道路側まで抜け、室内の様子が外部から連続しているような、都市と繋がり感のある建物を実現することができた。  建物のディテールは、建物の長手方向に対しての連続感や透明感を高めることを検討した。階段を、建物の中心にしながらも、視線の抜けを確保した。部屋の仕切りにはガラスを使用し、床や天井にスリットを作り、外部からの連続感を出している。  都市部の狭小敷地での計画の場合、一般的には敷地いっぱいに建物を建て、建蔽率をクリアする為に中庭を設けることで、内部に広がりとプライバシーを保つ、といった方法がよく取られる。そのような計画の場合、道路側である都市側は壁が主体となり、圧迫感が感じられるのファサードとなる。 昭和町の家においては、建物前面部分から控えたところに植栽を植え、それを内部からも見えるようにする、というところから、都市側を意識することがはじまり、建物内部からファサードまでを形成している。 場所:大阪府大阪市 竣工年:2008年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦) 敷地面積:70.44㎡ (21.34坪) 建築面積:42.61㎡(12.91坪) 延床面積:108.35㎡ (45.74坪) 階数:地上3、地下1 構造:鉄骨造 写真撮影:矢野紀行

概要

作品名 昭和町の家
ジャンル デザイナーズ住宅,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市
敷地面積70.44㎡
延床面積108.35㎡
所在地大阪府大阪市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

昭和町の家

長屋の一戸分(17.89m×3.94m)の、間口が狭く、奥行きのある敷地に建物はある。都心とはいえ、附近は昔から住んでいる人が多く、落ち着きのある街である。 そのような状況に対して閉じるのでは無く、前面道路方向を景色として受け入れる住宅を設計した。  計画においての大きな問題点は、狭小の長細い形状の敷地に家を建てると、内部の有効幅は3mを切る位しか取ることができないことであった。その条件を元に、前面道路も含めた空間をいかに利用して住まいに広がりを感じさせ、道路側から敷地奥側までの連続感を感じさせることができるかを、何度もスタディーしていった。  主たる解決は、断面的な空間構成であった。南に面する道路側から→“モッコクの樹” →"天井高さが5.6mあるリビング”→"吹き抜けと階段スペース”→"各部屋を地下から3階まで4層に重ねる空間構成”→"小さな外部吹抜け”を順に設けた。そして、フロアをスキップフロアとし、ずれを生じさせることで、後方の部屋からの視線が道路側まで抜け、室内の様子が外部から連続しているような、都市と繋がり感のある建物を実現することができた。  建物のディテールは、建物の長手方向に対しての連続感や透明感を高めることを検討した。階段を、建物の中心にしながらも、視線の抜けを確保した。部屋の仕切りにはガラスを使用し、床や天井にスリットを作り、外部からの連続感を出している。  都市部の狭小敷地での計画の場合、一般的には敷地いっぱいに建物を建て、建蔽率をクリアする為に中庭を設けることで、内部に広がりとプライバシーを保つ、といった方法がよく取られる。そのような計画の場合、道路側である都市側は壁が主体となり、圧迫感が感じられるのファサードとなる。 昭和町の家においては、建物前面部分から控えたところに植栽を植え、それを内部からも見えるようにする、というところから、都市側を意識することがはじまり、建物内部からファサードまでを形成している。 場所:大阪府大阪市 竣工年:2008年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦) 敷地面積:70.44㎡ (21.34坪) 建築面積:42.61㎡(12.91坪) 延床面積:108.35㎡ (45.74坪) 階数:地上3、地下1 構造:鉄骨造 写真撮影:矢野紀行

概要

作品名 昭和町の家
ジャンル デザイナーズ住宅,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市
敷地面積70.44㎡
延床面積108.35㎡
所在地大阪府大阪市
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

和の感性とコートハウス

国立の閑静な住宅街に建つ家です。 「中庭を囲む」というより、「中庭に囲まれる」をイメージしたプランニングです。 設計のプロセスや現場の進捗など、ブログでご紹介しています。 ぜひご覧ください!

概要

作品名 047国立Nさんの家
ジャンル 現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 東京都国立市

プロフィール

鈴木宏幸 / アトリエ137一級建築士事務所

美しい家をつくりたい!

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

関屋の家

中庭のある平屋の住まいです。  大きく敷地が区画された住宅地の一角に建つ平屋の住宅です。住宅に囲まれていることもあり、プライバシーを守りたいという希望から、中庭型のプランとなっています。部屋から中庭の木々などの景色を眺めるということが、中心となる住まいとしました。  中庭に面する部屋は居間、キッチン、畳の部屋、子供の部屋部分、浴室があります。これらの部屋が中庭を通してお互いに向かいあうことになるので、部屋同士の視線の関係を意識しました。子供の部屋は床が下がったり、畳の部屋の窓を小さくして地窓にしたり、また浴室は浴槽を床に沈めることで、場所場所で、庭をいろいろな角度で眺める楽しさをつくれるように考えています。アプローチにはベンチを設置し、アオダモ、ミツバツツジ、ヤマツツジを植え、街並みとのつながりをつくっています。1年を通じて、四季や光の変化を楽しめる住まいとなっています。 場所:奈良県香芝市 竣工年:2011年 用途:専用住宅 敷地面積:240.68㎡(72.8坪) 建築面積:119.56㎡(36.15坪) 延床面積:108.85㎡(32.91坪)階数:1 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎・室喜夫

概要

作品名 関屋の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 奈良県香芝市
構造木造
敷地面積240.68㎡(72.8坪)
延床面積108.85㎡(32.91坪)
所在地奈良県香芝市
写真の撮影者藤原慎太郎・室喜夫

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

~深い軒の外部空間を楽しむ~

目指したのは どの部屋からも“外”を感じられる風景をつくり   平屋のような心地よさと自然に包まれた安らぎのある住まいです。 青空や雲、雨や雪の天候 そして移りゆく季節の変化。 いつも“外”を家の中で楽しめる幸せ。  家族の気配を感じながら安心して暮らせる住まいです。

概要

作品名 『平屋の大屋根の美しい家』
ジャンル 和風建築
所在地 福岡県大牟田市

プロフィール

西薗守住空間設計室

~暮らしを楽しむ、こだわりの家を創る~

~開放感あふれる暮らしを楽しむ~『回遊する眺望リビングの家』

大きな空と眼下の街の遠景。 四季の移ろいを感じるパティオの近景。 1階をプライベートゾーン、2階をパブリックゾーンに分け 内と外を巡る空間の中で自然を感じ暮らしを楽しむ住まいです。 近隣からの視線を気にせずに 暖かな光に包まれた家を遊び場として自由に遊び親と子の絆が深まる 適所適量の収納が叶える 整然とした暮らし リビングダイニングを中心に内外を回遊できる愉しい住まいです。

概要

作品名 『回遊する眺望リビングの家』
ジャンル デザイナーズ住宅
所在地 福岡県福岡市西区

プロフィール

西薗守住空間設計室

~暮らしを楽しむ、こだわりの家を創る~

シンプルな中に和の要素を取り入れた和モダン建築

和泉山脈を源として大阪湾へと流れる河川を見下ろす場所にある、医師である傍ら絵筆をもつ画家のアトリエ住居である。 元々この地にあった木立の中に建ったかのような、そんな佇まいになればいい。初めてこの土地と向き合ったとき、そんな思いを抱いた。 木立の中、緩やかに登りながら蛇行する小径を、陽の光を浴び成長する緑に目を奪われては、立ち止まり、また進んで行くと、深い軒の先、格子戸越しに、画家の作品が飾られた壁が見えてくる。そこは、柔らかい色調の大谷石が敷き詰められ、地窓の先には竪格子の塀で囲われた庭へと視線が抜ける。 畳の間。そこで人は、腰を下ろす。先ほど歩きながら目にした緑を、ここでは、開口を抑えた室内から目にする。高木は幹のみしか見えない。芽吹く新芽、色付く葉、揺れる枝葉、見えない先を想像する。川の音に気付く。雨風で掻き消される程の音だが、雨の降った翌日の朝、そのことに気付かされる。そして、画家は制作の場に向かう。 上流からの湿った風と朝の清々しい光を取り入れる開口、軒と格子が直射光を遮る東西のハイサイドライト、障子を立てこんだ南の吐き出し窓、それぞれの開口が、性質の異なる柔らかい光を制作の場に注ぐ。ここは、常に変わらない環境を与える場所ではない。壁で隔てた外の様子を感じ、筆を置く、そしてまた塗り重ねる。 確かに変化する日常の中に何かを捉え、表現する画家は、その変わるけれども変わらない、雲の動き、水音、緑の濃淡、一日の陽の移ろいを感じながら、またキャンバスに向き合う。

概要

作品名 ある画家のアトリエ
ジャンル 現代建築・現代住宅,和風建築,平屋
所在地 大阪府

プロフィール

乗松得博設計事務所

和と洋を融合させた和モダンを得意とする設計事務所です。

シンプルな家

Y邸新築工事 武蔵野の河岸段丘(国分寺崖線)の南傾斜敷地の小住宅である。 擁壁のやり直しを行政から勧告を受けていて擁壁工事と解体工事費が総工事費の1/2近くを費やしたローコストシンプルハウスである。 構造(耐震性)、性能(断熱、遮熱)と住みやすさ、使いやすさを重視したコンパクトな住宅 使いやすいシンプルな動線と落ち着いた雰囲気、夏は涼しく風を通し、冬はたっぷり日差しを入れ暖かい。 大きくとった吹き抜けは夏の風、冬の日差しを家の隅々まで運び、豊かな空間感じさせてくれる。 自然素材の使用、アースカラーの色彩、テーマカラーのブルー、メンテナンスを楽にする外壁、屋根計画等のデイテールも十分考慮されている。 延べ床面積・・・84.01平方メートル(25.42坪) 構造・・・・・・木造の2階建て 竣工・・・・・・H28年 12月 施工会社・・・・(有) オフィス ホソノ 担当 細野 一成 建築費・・・1.900万円(厨房器具、空調工事、家具)+税

概要

作品名 南斜面の家
ジャンル シンプル・ミニマル,都市型住宅,エコ住宅・省エネ住宅
所在地 東京都小金井市
設計から完成迄の期間1年

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

シンプルな家

Y邸新築工事 武蔵野の河岸段丘(国分寺崖線)の南傾斜敷地の小住宅である。 擁壁のやり直しを行政から勧告を受けていて擁壁工事と解体工事費が総工事費の1/2近くを費やしたローコストシンプルハウスである。 構造(耐震性)、性能(断熱、遮熱)と住みやすさ、使いやすさを重視したコンパクトな住宅 使いやすいシンプルな動線と落ち着いた雰囲気、夏は涼しく風を通し、冬はたっぷり日差しを入れ暖かい。 大きくとった吹き抜けは夏の風、冬の日差しを家の隅々まで運び、豊かな空間感じさせてくれる。 自然素材の使用、アースカラーの色彩、テーマカラーのブルー、メンテナンスを楽にする外壁、屋根計画等のデイテールも十分考慮されている。 延べ床面積・・・84.01平方メートル(25.42坪) 構造・・・・・・木造の2階建て 竣工・・・・・・H28年 12月 施工会社・・・・(有) オフィス ホソノ 担当 細野 一成 建築費・・・1.900万円(厨房器具、空調工事、家具)+税

概要

作品名 南斜面の家
ジャンル シンプル・ミニマル,都市型住宅,エコ住宅・省エネ住宅
所在地 東京都小金井市
設計から完成迄の期間1年

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

終わりのシンプルな家

                T邸新築工事  老後を楽しむ終の住まいとしての住宅として計画された。その要素を基礎に家族の将来の住宅としても考慮されている。  形態的には軒の出900の切妻屋根、トップサイドライト付平屋のシンプルな住宅である。  内部計画・ シンプルな寝室と区切られる大きめなリビング、必要十分な収納、大きめな1ルーム式の水周り、1周出来る部屋の構成 リビングの中央の位置のトップサイドライトは各部屋への採光、夏の熱気の排出に活躍している。  外部計画・ メンテナンスの楽な外壁、鋼製サイディング(色彩計画)、屋根も鋼製平葺き、軽量と言うことで耐震計画も楽に計画。  仕上げ材は天然素材(床、天井 杉板、壁 和紙)を使用、雰囲気と共に住環境性能を高めている。  断熱遮熱計画、換気計画、動線計画、省エネ計画、環境計画は十分に考慮され実行されている。  基礎断熱と断熱ペアガラスサッシュ、外壁、屋根(天井)断熱により、1ルームに近い約70㎡の住宅も十分なものとなっている。 延べ床面積・・・ 69.59平方メートル(21.05坪) 構造・・・・・・ 木造平屋 竣工・・・・・・ H26年 6月 施工会社・・・・ (株)竹工建設 担当 鋤柄 稔 建築費・・・・・ 1.240万円(厨房器具、家具込み)

概要

作品名 終の家
ジャンル 現代建築・現代住宅
所在地 愛知県豊橋市
設計から完成迄の期間1年

プロフィール

氏原求建築設計工房

家族ニコニコ設計

南田辺の家

 間口3.75m、奥行き16.92mという細長い敷地に、もともとあった長屋を解体し建て替えた住宅です。 敷地の特徴を踏まえ奥行の視線を生かすよう計画した内部の構成は、分節されたフロアがスキップフロア状に地下1階地上3階と重層することで視線が様々な方向に抜けるよう工夫しています。 地下1階は多目的ルーム、1階は玄関ホール、2階はLDK、デスクスペース、3階に浴室等水回りと個室、そして屋上となります。  分節されたフロア間のあちこちに階段を配置することで上下方向の動線を複数設け、単調な移動ではなく家の中をぶらぶらと回遊するイメージを形にしてみました。 家の中のどこかで立ち止まったり、座ったりしながら、家の中の景色を眺める。外の景色を眺めにくい住宅地で、屋内を風景の一つととらえて、ただ過ごす空間をいうよりも時間を考えたいと思い計画しました。   一方、ファサードは、ステンレスチェーンのカーテンで全面を覆うことで、閉じると柔らかく視線を遮り、開けると十分な解放感が 得られるようにしています。ステンレスチェーンのカーテンは金属の硬い雰囲気と思われがちですが、建物という大きなスケールレベルにあると、風になびき、意外にも柔らかな印象を与えてくれます。このおかげで、日中は日の光を取り入れながら外部からの視線を柔らかく遮り、夜は室内の光を受けキラキラと輝く光のヴェールが現れます。 場所:大阪府大阪市 竣工年:2016年 用途(家族構成):専用住宅(ご主人1名) 敷地面積:63.45㎡ (19.19坪) 建築面積:41.49㎡ (12.55坪) 延床面積:92.36㎡ (27.94坪) 階数:地上3、地下1 構造:鉄骨造

概要

作品名 南田辺の家
ジャンル 現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

南田辺の家

 間口3.75m、奥行き16.92mという細長い敷地に、もともとあった長屋を解体し建て替えた住宅です。 敷地の特徴を踏まえ奥行の視線を生かすよう計画した内部の構成は、分節されたフロアがスキップフロア状に地下1階地上3階と重層することで視線が様々な方向に抜けるよう工夫しています。 地下1階は多目的ルーム、1階は玄関ホール、2階はLDK、デスクスペース、3階に浴室等水回りと個室、そして屋上となります。  分節されたフロア間のあちこちに階段を配置することで上下方向の動線を複数設け、単調な移動ではなく家の中をぶらぶらと回遊するイメージを形にしてみました。 家の中のどこかで立ち止まったり、座ったりしながら、家の中の景色を眺める。外の景色を眺めにくい住宅地で、屋内を風景の一つととらえて、ただ過ごす空間をいうよりも時間を考えたいと思い計画しました。   一方、ファサードは、ステンレスチェーンのカーテンで全面を覆うことで、閉じると柔らかく視線を遮り、開けると十分な解放感が 得られるようにしています。ステンレスチェーンのカーテンは金属の硬い雰囲気と思われがちですが、建物という大きなスケールレベルにあると、風になびき、意外にも柔らかな印象を与えてくれます。このおかげで、日中は日の光を取り入れながら外部からの視線を柔らかく遮り、夜は室内の光を受けキラキラと輝く光のヴェールが現れます。 場所:大阪府大阪市 竣工年:2016年 用途(家族構成):専用住宅(ご主人1名) 敷地面積:63.45㎡ (19.19坪) 建築面積:41.49㎡ (12.55坪) 延床面積:92.36㎡ (27.94坪) 階数:地上3、地下1 構造:鉄骨造

概要

作品名 南田辺の家
ジャンル 現代建築・現代住宅
所在地 大阪府大阪市

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

神戸北の家

 敷地はある分譲地の端に位置しています。土地探しからのお付き合いで、分譲地の数ある候補の中から、敷地を選んでいきました。この敷地の利点として、建物北側に比較的建物が建ちにくい状況で、街区の中で敷地が高い場所に位置しているということでした。将来、敷地周囲には建物が建ち並ぶことが予想されるなかで、プライバシーが保ちやすいのではないか、と考えたからです。  敷地は変形地。その形状にならって三角形の建物としました。建物内部からは、敷地北側の高台を望めます。  1階には子供室、寝室、洗面、浴室、2階にはLDKを配置し、ダイニングとリビングからは、大きな窓から北側の眺望が望めます。3階には和室の客間があり、建築後、寝室やリビングとしても活用されています。  キッチンは、L字配置のオープンキッチン。キッチンにはこだわりがあり、比較的大きなキッチンとなっています。景色を見ながら調理を楽しんだり、家族と会話しながら調理をしたり、友人を招いて一緒にキッチンを使ったりと、家の中心にキッチンがある。そのような住まいとなっています。 用途:専用住宅 構造:木造3階建 家族構成:夫婦+子供2人 場所:兵庫県神戸市 敷地面積:244.60㎡(74.6坪) 建築面積:42.37㎡(12.8坪) 延床面積:97.64㎡(29.5坪) 竣工年:2014年

概要

作品名 神戸北の家
ジャンル デザイナーズ住宅,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 兵庫県
構造木造
敷地面積244.60㎡(74.6坪)
延床面積97.64㎡(29.5坪)
所在地兵庫県神戸市
写真の撮影者藤原慎太郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

大きく庭に面したリビングが特徴の住宅

庭を大きく作り、日差しを呼び込むことを目指した住宅です。 庭をとる工夫として、2階を大きくせり出した、断面計画としています。 これにより生まれた「半屋外」の空間は、庭を満喫する仕掛けともなります。

概要

作品名 グリーンハウス
ジャンル ローコスト住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 東京都
設計から完成迄の期間1年間
予算帯約2000万円

プロフィール

株式会社SOU建築設計室

「納得」「提案」「個性」をカタチにすること、それがSOU建築設計室のミッション。素晴らしいアイデア ... 納得・提案・個性をカタチに

徳島の家

 敷地は郊外にあり、建築主は夫婦と子供2人が住めて、オフィススペースがある建物を希望された。 隣地には、大型施設の計画があり、南面には車の通りが多い幹線道路がある。 そのような状況の中で、将来にわたって、プライバシーを確保しながら、採光と通風を得られる空間構成を考えた。 幹線道路側に残土を利用した築山をつくることで、道路からの視線や音を遮っている。 屋根部分から2階の各部屋を飛び出させることで、各居室に南からの採光を確保し、プライバシーを守りながらも、採光と通風に優れた計画としている。 建物内部は、建物中央にスキップフロアのリビングダイニングを設けている。そこを通じて寝室や子供室、水周り、書斎へと繋がるようになっている。 徳島の家 用途:木造2階建 家族構成:夫婦+子供2人 場所:徳島県 敷地面積: 661.04㎡(199.56坪) 建築面積: 111.92㎡(33.78坪) 延床面積: 158.91㎡(47.97坪)

概要

作品名 徳島の家
ジャンル 現代建築・現代住宅
所在地 徳島県
敷地面積661.04㎡(199.56坪)
延床面積158.91㎡ (47.97坪)
所在地徳島県
写真の撮影者矢野 紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

徳島の家

 敷地は郊外にあり、建築主は夫婦と子供2人が住めて、オフィススペースがある建物を希望された。 隣地には、大型施設の計画があり、南面には車の通りが多い幹線道路がある。 そのような状況の中で、将来にわたって、プライバシーを確保しながら、採光と通風を得られる空間構成を考えた。 幹線道路側に残土を利用した築山をつくることで、道路からの視線や音を遮っている。 屋根部分から2階の各部屋を飛び出させることで、各居室に南からの採光を確保し、プライバシーを守りながらも、採光と通風に優れた計画としている。 建物内部は、建物中央にスキップフロアのリビングダイニングを設けている。そこを通じて寝室や子供室、水周り、書斎へと繋がるようになっている。 徳島の家 用途:木造2階建 家族構成:夫婦+子供2人 場所:徳島県 敷地面積: 661.04㎡(199.56坪) 建築面積: 111.92㎡(33.78坪) 延床面積: 158.91㎡(47.97坪)

概要

作品名 徳島の家
ジャンル 現代建築・現代住宅
所在地 徳島県
敷地面積661.04㎡(199.56坪)
延床面積158.91㎡ (47.97坪)
所在地徳島県
写真の撮影者矢野 紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

人好きの施主と来訪者が自然を楽しめる家

自宅から一時間半、東京の鉄筋コンクリートの家からまるで別の空間へ。風が通り土の匂いのする場所で大勢の友人、家族と共に集いたいという要望で始まった計画である。 一区画160~180坪、住宅を建てるには十分な広さであるが隣接した住宅地である。配置計画は周囲の状況を考慮し建物で敷地を囲み隣家が視界入ることなく山の稜線が望め尚且つプライバシーを確保できるコートハウスとした。 人を招く事を考慮し中庭を中心にプライベート棟、パブリック棟、厨房・倉庫棟を明確にゾーン分けした。来訪者は門をくぐり中庭の美濃石の路により玄関へ導かれる、その様子をどのゾーンからも見られる様にし、どの部屋に居ても来訪者にすぐに対応できるように計画した。 また、各ゾーンどうしが中庭を介して連続するという距離感は来訪者に居心地のよさを提供できるであろう。 厨房は大人数の料理を作るのに対応できる広さ、そして厨房用の食洗機等最新の設備と機能的であることを重視した。パン・ケーキ作りのために置いた大理石の調理台兼テーブルによりダイニングルームとしての機能も兼ね備えている。 今回の計画は人好きの施主と訪れた人たちが自然を楽しみ人と交わる、そんな心地よい空間を造る事を念頭に置いて設計した。四季を通じ庭の木々の間から人々の笑いさんざめく声が聞こえてくる事を切に願っている。

概要

作品名 西湖W邸
ジャンル 和風建築,別荘,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町
設計から完成迄の期間約1年
間取り5LD+K
基礎ベタ基礎
外壁杉板貼り
屋根の形勾配屋根
左官仕上げ
檜無垢材
構造木材軸組
敷地面積596.60平方メートル
延床面積181.34平方メートル
所在地山梨県南都留郡富士河口湖町
ロケーション山林
構造設計自社

プロフィール

エム・ワイ有限会社 一級建築士事務所

クライアントと共に考える五感で感じる家づくり

人好きの施主と来訪者が自然を楽しめる家

自宅から一時間半、東京の鉄筋コンクリートの家からまるで別の空間へ。風が通り土の匂いのする場所で大勢の友人、家族と共に集いたいという要望で始まった計画である。 一区画160~180坪、住宅を建てるには十分な広さであるが隣接した住宅地である。配置計画は周囲の状況を考慮し建物で敷地を囲み隣家が視界入ることなく山の稜線が望め尚且つプライバシーを確保できるコートハウスとした。 人を招く事を考慮し中庭を中心にプライベート棟、パブリック棟、厨房・倉庫棟を明確にゾーン分けした。来訪者は門をくぐり中庭の美濃石の路により玄関へ導かれる、その様子をどのゾーンからも見られる様にし、どの部屋に居ても来訪者にすぐに対応できるように計画した。 また、各ゾーンどうしが中庭を介して連続するという距離感は来訪者に居心地のよさを提供できるであろう。 厨房は大人数の料理を作るのに対応できる広さ、そして厨房用の食洗機等最新の設備と機能的であることを重視した。パン・ケーキ作りのために置いた大理石の調理台兼テーブルによりダイニングルームとしての機能も兼ね備えている。 今回の計画は人好きの施主と訪れた人たちが自然を楽しみ人と交わる、そんな心地よい空間を造る事を念頭に置いて設計した。四季を通じ庭の木々の間から人々の笑いさんざめく声が聞こえてくる事を切に願っている。

概要

作品名 西湖W邸
ジャンル 和風建築,別荘,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町
設計から完成迄の期間約1年
間取り5LD+K
基礎ベタ基礎
外壁杉板貼り
屋根の形勾配屋根
左官仕上げ
檜無垢材
構造木材軸組
敷地面積596.60平方メートル
延床面積181.34平方メートル
所在地山梨県南都留郡富士河口湖町
ロケーション山林
構造設計自社

プロフィール

エム・ワイ有限会社 一級建築士事務所

クライアントと共に考える五感で感じる家づくり

人好きの施主と来訪者が自然を楽しめる家

自宅から一時間半、東京の鉄筋コンクリートの家からまるで別の空間へ。風が通り土の匂いのする場所で大勢の友人、家族と共に集いたいという要望で始まった計画である。 一区画160~180坪、住宅を建てるには十分な広さであるが隣接した住宅地である。配置計画は周囲の状況を考慮し建物で敷地を囲み隣家が視界入ることなく山の稜線が望め尚且つプライバシーを確保できるコートハウスとした。 人を招く事を考慮し中庭を中心にプライベート棟、パブリック棟、厨房・倉庫棟を明確にゾーン分けした。来訪者は門をくぐり中庭の美濃石の路により玄関へ導かれる、その様子をどのゾーンからも見られる様にし、どの部屋に居ても来訪者にすぐに対応できるように計画した。 また、各ゾーンどうしが中庭を介して連続するという距離感は来訪者に居心地のよさを提供できるであろう。 厨房は大人数の料理を作るのに対応できる広さ、そして厨房用の食洗機等最新の設備と機能的であることを重視した。パン・ケーキ作りのために置いた大理石の調理台兼テーブルによりダイニングルームとしての機能も兼ね備えている。 今回の計画は人好きの施主と訪れた人たちが自然を楽しみ人と交わる、そんな心地よい空間を造る事を念頭に置いて設計した。四季を通じ庭の木々の間から人々の笑いさんざめく声が聞こえてくる事を切に願っている。

概要

作品名 西湖W邸
ジャンル 和風建築,別荘,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町
設計から完成迄の期間約1年
間取り5LD+K
基礎ベタ基礎
外壁杉板貼り
屋根の形勾配屋根
左官仕上げ
檜無垢材
構造木材軸組
敷地面積596.60平方メートル
延床面積181.34平方メートル
所在地山梨県南都留郡富士河口湖町
ロケーション山林
構造設計自社

プロフィール

エム・ワイ有限会社 一級建築士事務所

クライアントと共に考える五感で感じる家づくり

縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まい

若いご夫婦と文鳥、めだかが暮らすマンションの一室。簡潔な床座の生活に慣れたお施主様からLDKワンルームは気積が大きすぎて落ち着かないとのお話を伺い、小上がり・寝室・水廻りから成る3つのまとまりを微かな隙間を取りながら据えることで、身体的なスケール感と奥性のある空間を創りました。素材は木材とセメント。あとは全て塗装仕上げ。縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まいとなりました。

概要

作品名 閑かな家
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション
所在地 奈良県奈良市
写真の撮影者山田圭司郎/YFT,

プロフィール

山本嘉寛建蓄設計事務所

シンプルで寿命の長いデザイン。

少し上のステイタスを感じさせるデザイン

新飯塚の古い商店街の一角に建てられたこの賃貸マンションは都会的になり過ぎず、それでいて少し上のステイタスを感じさせるデザインとなるように気を配りながら設計しました。 エントランスは道路境界ギリギリまで突出し、背の高い建物でありながら、しっかりと地面に根を張ったような安定感を与え、バルコニー手すりにはガラスを採用し、軽快感を感じさせるようにしています。 建物の色はあまり奇抜なものとはせず、アースカラーを用い、地域の建物の色遣いになじむようにしています。内部には広いエントランスホールを設け、ホテルのロビーにいるような演出をしています。居室は梁型をデザインに利用した折上天井とし、空間に豊かさを与えています。 また、駐車場は住戸数分設け、設備ではカギにICカード式の電気錠を採用し、セキュリティー効果を高め、前途に床暖房や浴室TVを設置するなどして、入居者のステイタス感の向上と入居率の向上に貢献しています。

概要

作品名 新飯塚マンション
ジャンル マンション・アパート
所在地 福岡県飯塚市

プロフィール

株式会社 SYN空間計画一級建築士事務所

家族と心のよりどころ。あたたかい家づくり。

少し上のステイタスを感じさせるデザイン

新飯塚の古い商店街の一角に建てられたこの賃貸マンションは都会的になり過ぎず、それでいて少し上のステイタスを感じさせるデザインとなるように気を配りながら設計しました。 エントランスは道路境界ギリギリまで突出し、背の高い建物でありながら、しっかりと地面に根を張ったような安定感を与え、バルコニー手すりにはガラスを採用し、軽快感を感じさせるようにしています。 建物の色はあまり奇抜なものとはせず、アースカラーを用い、地域の建物の色遣いになじむようにしています。内部には広いエントランスホールを設け、ホテルのロビーにいるような演出をしています。居室は梁型をデザインに利用した折上天井とし、空間に豊かさを与えています。 また、駐車場は住戸数分設け、設備ではカギにICカード式の電気錠を採用し、セキュリティー効果を高め、前途に床暖房や浴室TVを設置するなどして、入居者のステイタス感の向上と入居率の向上に貢献しています。

概要

作品名 新飯塚マンション
ジャンル マンション・アパート
所在地 福岡県飯塚市

プロフィール

株式会社 SYN空間計画一級建築士事務所

家族と心のよりどころ。あたたかい家づくり。

緑豊かな公園に隣接|プライバシーを守りながら開放的に住まう 

緑豊かな公園に面し,左右で少し高低差のあるY字路が魅力的な場所です. 三角形の変形敷地という不安があるなか,施主様が選ばれた立地条件を最大限取り込む計画としました.また,角地という場所性から敷地境界を閉ざさず住まいとしての機能確保を課題とし,町並みにも配慮しました. 様々な方位から入る光の表情の変化と景色が楽しめるお住まいです.

概要

作品名 Y字路の家
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府
基礎べた基礎
珪藻土
無垢桜
構造木造2階建
延床面積118.42㎡
ロケーション角地 公園隣接
施工者株式会社 創建
写真の撮影者今西浩文

プロフィール

小笠原建築研究室

豊かな住まいを一緒につくりませんか

緑豊かな公園に隣接|プライバシーを守りながら開放的に住まう 

緑豊かな公園に面し,左右で少し高低差のあるY字路が魅力的な場所です. 三角形の変形敷地という不安があるなか,施主様が選ばれた立地条件を最大限取り込む計画としました.また,角地という場所性から敷地境界を閉ざさず住まいとしての機能確保を課題とし,町並みにも配慮しました. 様々な方位から入る光の表情の変化と景色が楽しめるお住まいです.

概要

作品名 Y字路の家
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府
基礎べた基礎
珪藻土
無垢桜
構造木造2階建
延床面積118.42㎡
ロケーション角地 公園隣接
施工者株式会社 創建
写真の撮影者今西浩文

プロフィール

小笠原建築研究室

豊かな住まいを一緒につくりませんか

緑豊かな公園に隣接|プライバシーを守りながら開放的に住まう 

緑豊かな公園に面し,左右で少し高低差のあるY字路が魅力的な場所です. 三角形の変形敷地という不安があるなか,施主様が選ばれた立地条件を最大限取り込む計画としました.また,角地という場所性から敷地境界を閉ざさず住まいとしての機能確保を課題とし,町並みにも配慮しました. 様々な方位から入る光の表情の変化と景色が楽しめるお住まいです.

概要

作品名 Y字路の家
ジャンル 無垢・自然素材,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅
所在地 大阪府
基礎べた基礎
珪藻土
無垢桜
構造木造2階建
延床面積118.42㎡
ロケーション角地 公園隣接
施工者株式会社 創建
写真の撮影者今西浩文

プロフィール

小笠原建築研究室

豊かな住まいを一緒につくりませんか

市街地に立つ小さな平屋。リビングを中心に多様で居心地の良い居場所を持つ豊かな平屋。

伝統工法で焼かれた焼杉による深みの黒 外壁に焼杉を使用。伝統工法で焼かれた本物の焼杉。焼の深さが風雨に耐え多様な表情を見せる。 凛とした平屋 低く構えた軒の深い方形屋根。夏の陽射しは遮り、冬の陽射しは奥深く受け入れる。 居場所は自在、リビングを中心に多様で居心地の良い居場所。 リビングを中心に、食事をしたり、本を読んだり、音楽を聴いたり、時には微睡んだり。家族の気配を感じながら居心地の良い居場所をつくる。

概要

作品名 竹の山の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,平屋,無垢・自然素材
所在地 愛知県

プロフィール

小林良孝建築事務所

小林良孝建築事務所

市街地に立つ小さな平屋。リビングを中心に多様で居心地の良い居場所を持つ豊かな平屋。

伝統工法で焼かれた焼杉による深みの黒 外壁に焼杉を使用。伝統工法で焼かれた本物の焼杉。焼の深さが風雨に耐え多様な表情を見せる。 凛とした平屋 低く構えた軒の深い方形屋根。夏の陽射しは遮り、冬の陽射しは奥深く受け入れる。 居場所は自在、リビングを中心に多様で居心地の良い居場所。 リビングを中心に、食事をしたり、本を読んだり、音楽を聴いたり、時には微睡んだり。家族の気配を感じながら居心地の良い居場所をつくる。

概要

作品名 竹の山の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,平屋,無垢・自然素材
所在地 愛知県

プロフィール

小林良孝建築事務所

小林良孝建築事務所

市街地に立つ小さな平屋。リビングを中心に多様で居心地の良い居場所を持つ豊かな平屋。

伝統工法で焼かれた焼杉による深みの黒 外壁に焼杉を使用。伝統工法で焼かれた本物の焼杉。焼の深さが風雨に耐え多様な表情を見せる。 凛とした平屋 低く構えた軒の深い方形屋根。夏の陽射しは遮り、冬の陽射しは奥深く受け入れる。 居場所は自在、リビングを中心に多様で居心地の良い居場所。 リビングを中心に、食事をしたり、本を読んだり、音楽を聴いたり、時には微睡んだり。家族の気配を感じながら居心地の良い居場所をつくる。

概要

作品名 竹の山の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,平屋,無垢・自然素材
所在地 愛知県

プロフィール

小林良孝建築事務所

小林良孝建築事務所

市街地に立つ小さな平屋。リビングを中心に多様で居心地の良い居場所を持つ豊かな平屋。

伝統工法で焼かれた焼杉による深みの黒 外壁に焼杉を使用。伝統工法で焼かれた本物の焼杉。焼の深さが風雨に耐え多様な表情を見せる。 凛とした平屋 低く構えた軒の深い方形屋根。夏の陽射しは遮り、冬の陽射しは奥深く受け入れる。 居場所は自在、リビングを中心に多様で居心地の良い居場所。 リビングを中心に、食事をしたり、本を読んだり、音楽を聴いたり、時には微睡んだり。家族の気配を感じながら居心地の良い居場所をつくる。

概要

作品名 竹の山の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,平屋,無垢・自然素材
所在地 愛知県

プロフィール

小林良孝建築事務所

小林良孝建築事務所

ビフォーアフターで放映された和モダンリノベーション

朝日放送の「大改造!!劇的ビフォーアフター」から依頼を受けて設計した住宅です。敷地は山の中腹にあって、急勾配の細い坂道を上ってアプローチします。敷地にたどり着くのは大変ですが、風がよく通り、眺めがとても良い敷地でした。  既存の住宅は、築50年。木造の平屋で床の間の付いた続き間の横に、縁側が付いている昔ながらの住宅でした。広さも十分でしたが、老朽化により雨漏りや隙間風が発生していました。また、間取りの古さが今の生活に合わなくなっているというプラン上の問題も抱えていました。  現代のライフスタイルに合わなくなった住宅を、土間などの日本の空間や漆喰などの日本の素材を使って、再生することにしました。まず、南側の続き間と無駄のある縁側を一つの部屋としました。さらに、天井裏の古い梁や垂木も天井を撤去して、室内に見せる事にし、開放的なワンルームの大きな空間をつくりました。床は厚さ2センチのパイン材のフローリングを使用し、壁は漆喰にするなど自然素材を全面的に使用しました。居間の上部にはロフトスペースを設け横長の窓を取り付けまた。夏場居間やロフトに溜まった熱い空気を外へ排気し、家の各窓からは、涼しい風を取り入れます。つまり、この窓が、換気塔としての役割をはたしています。すこし床の高さが下がったキッチンは、居間と一体としました。オリジナルデザインによるキッチンカウンターと一体となったテーブルは、居間側からは座って使用し、キッチン側からは立って使用します。キッチンに立つと南側の大きな庭とキッチンの裏の坪庭の両方が見え、家事中でも孤立することがなく、快適な空間となっています。またキッチンの壁は、伝統工芸品である江戸唐紙を貼りその上にガラスをはめ込みました。リビングの南側には以前使用していた障子を再利用しました。裏庭に面した浴室は、ユニットバスにはせずに、在来工法で作りひのき材の壁、御影石の床を用いました。 耐震補強に関しては、地盤が不安な場所は家自体をジャッキで持ち上げて基礎を作り直しました。それ以外の基礎は、鉄のプレートをギブスの様に基礎の側面に取り付けて補強しています。既存の建物の南側は、開口部が多すぎたので耐震壁を作ってバランスを良くしています。

概要

作品名 重くて遠い家
ジャンル 和風建築
所在地 神奈川県横浜市
基礎基礎補強
外壁サイディングの上吹付一部焼杉貼
屋根の形切妻
漆喰塗
ムクフローリング
構造在来木造
敷地面積325.42㎡
延床面積87.45㎡
所在地神奈川県横浜市
施工者田中工務店
外装サイディングの上吹付一部焼杉貼
内装漆喰塗り
写真の撮影者morimura atsushi

プロフィール

森村厚建築設計事務所

心地の良い和風・和モダン住宅を設計しています。

外構と建物の狭間

敷地は、東海道が通りかつてお店を営んでいたとわかる建物が建ち並ぶ旧市街地です。依頼主の先代も昔、たばこ屋と営んでおられました。今回のプロジェクトはそんな建物を取り壊し、新しく子世帯が親世帯と共に暮らす2世帯住宅の計画です。 昔の建物と新しい建物をどのように共存させることを考えました。 そこで、外構のあり方に着目しました。 外構のフェンスや柵といった工作物というものは、敷地と道路をはっきり分け、プライバシーを守るために設けられます。 そこで、道路と外構と建物を緩やかに分け、緩やかに繋ぐ工夫をほどこしました。 塀のような外壁のような建物のような外構が、敷地境界から徐々にボリュームが変化し既存の建物に寄り添い、いつの間にか、機能を持ち建物として存在していきます。 このように流動性を感じる空間をつくることで、完全に外と内を隔てるのではなく、あいまいな場所を生み出し、その空間が豊かさを感じる場所になります。 また、外からこの空間を見る人々は、建物が徐々に外へと溶け込んでいるような不思議な感覚を感じることができるのではないでしょうか。

概要

作品名 城東の家リノベーション
ジャンル 現代建築・現代住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材
所在地 滋賀県甲賀市水口町

プロフィール

株式会社ALTS DESIGN OFFICE

- 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします -

無垢材で囲まれた中庭を持つ落ち着きある和モダン邸宅

4人家族のための住宅です。 計画地は古い日本家屋が立ち並ぶ、どことなく懐かしい情緒漂う町並みの中に位置し、北西と北東の2方向に道路に接する角地に位置します。 クライアントからの要望は、計画地周辺の環境をよく理解した上で、その町並みに自然と溶け込むようなたたずまいでありたいということ。またクライアント自身も古き良き日本家屋で育たれたという経緯もあり、内部空間にもそういったどことなく落ち着けるような雰囲気をもとめられておりました。 全体の計画は中央に配置された中庭を囲むように、北西側の主要道路に面する部分を2階建てとし、その他を平屋とするコートハウス型となっております。 建物の高さは周辺の町並みを考慮し軒のラインが馴染むように調整しまた、軒先の水平ラインを意識するように心がけています。 光や風、そして緑は勿論のこと、より心地よく色気のある空間とするため、使用する材料は経年変化時の美しさを考慮し、実に様々な材料が使用されることとなりました。 それぞれの持つ質感や色調を、美しく調和させるため、組み合わせは慎重に行いました。 その中心となる中庭には、煉瓦、コールテン鋼、木列柱、玄昌石などが面的に構成され、その中央には季節の移り変わりを感じられるよう紅葉が植えられています。 この国にはこの国独自の気候や歴史、風土や風景があるわけですが、生み出される建築もまた、そこに似合う自然体としての存在の仕方や形態があるのではないかと思っております。 そして可能な限りの持続性と普遍性を持ち、経年するにあたりその時々の美しさを携え、そして建築もまた記憶の中で愛され続けて欲しいと願います。

概要

作品名 府中町のコートハウス
ジャンル 和風建築,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 大阪府
設計から完成迄の期間27ヶ月
間取り4LDK
基礎ベタ基礎
外壁リシン吹付 / レンガブロック / コールテン鋼 / 木
屋根の形切妻
吹付 / EP塗装
ナラ三層フローリング着色塗装 / 畳
構造木造
敷地面積220㎡
延床面積116㎡
所在地大阪府
ロケーション旧市街
写真の撮影者真銅祥一朗

プロフィール

真銅祥一朗建築設計事務所

心地よい空間、美しい建築を望まれる方へ

無垢材で囲まれた中庭を持つ落ち着きある和モダン邸宅

4人家族のための住宅です。 計画地は古い日本家屋が立ち並ぶ、どことなく懐かしい情緒漂う町並みの中に位置し、北西と北東の2方向に道路に接する角地に位置します。 クライアントからの要望は、計画地周辺の環境をよく理解した上で、その町並みに自然と溶け込むようなたたずまいでありたいということ。またクライアント自身も古き良き日本家屋で育たれたという経緯もあり、内部空間にもそういったどことなく落ち着けるような雰囲気をもとめられておりました。 全体の計画は中央に配置された中庭を囲むように、北西側の主要道路に面する部分を2階建てとし、その他を平屋とするコートハウス型となっております。 建物の高さは周辺の町並みを考慮し軒のラインが馴染むように調整しまた、軒先の水平ラインを意識するように心がけています。 光や風、そして緑は勿論のこと、より心地よく色気のある空間とするため、使用する材料は経年変化時の美しさを考慮し、実に様々な材料が使用されることとなりました。 それぞれの持つ質感や色調を、美しく調和させるため、組み合わせは慎重に行いました。 その中心となる中庭には、煉瓦、コールテン鋼、木列柱、玄昌石などが面的に構成され、その中央には季節の移り変わりを感じられるよう紅葉が植えられています。 この国にはこの国独自の気候や歴史、風土や風景があるわけですが、生み出される建築もまた、そこに似合う自然体としての存在の仕方や形態があるのではないかと思っております。 そして可能な限りの持続性と普遍性を持ち、経年するにあたりその時々の美しさを携え、そして建築もまた記憶の中で愛され続けて欲しいと願います。

概要

作品名 府中町のコートハウス
ジャンル 和風建築,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 大阪府
設計から完成迄の期間27ヶ月
間取り4LDK
基礎ベタ基礎
外壁リシン吹付 / レンガブロック / コールテン鋼 / 木
屋根の形切妻
吹付 / EP塗装
ナラ三層フローリング着色塗装 / 畳
構造木造
敷地面積220㎡
延床面積116㎡
所在地大阪府
ロケーション旧市街
写真の撮影者真銅祥一朗

プロフィール

真銅祥一朗建築設計事務所

心地よい空間、美しい建築を望まれる方へ

無垢材で囲まれた中庭を持つ落ち着きある和モダン邸宅

4人家族のための住宅です。 計画地は古い日本家屋が立ち並ぶ、どことなく懐かしい情緒漂う町並みの中に位置し、北西と北東の2方向に道路に接する角地に位置します。 クライアントからの要望は、計画地周辺の環境をよく理解した上で、その町並みに自然と溶け込むようなたたずまいでありたいということ。またクライアント自身も古き良き日本家屋で育たれたという経緯もあり、内部空間にもそういったどことなく落ち着けるような雰囲気をもとめられておりました。 全体の計画は中央に配置された中庭を囲むように、北西側の主要道路に面する部分を2階建てとし、その他を平屋とするコートハウス型となっております。 建物の高さは周辺の町並みを考慮し軒のラインが馴染むように調整しまた、軒先の水平ラインを意識するように心がけています。 光や風、そして緑は勿論のこと、より心地よく色気のある空間とするため、使用する材料は経年変化時の美しさを考慮し、実に様々な材料が使用されることとなりました。 それぞれの持つ質感や色調を、美しく調和させるため、組み合わせは慎重に行いました。 その中心となる中庭には、煉瓦、コールテン鋼、木列柱、玄昌石などが面的に構成され、その中央には季節の移り変わりを感じられるよう紅葉が植えられています。 この国にはこの国独自の気候や歴史、風土や風景があるわけですが、生み出される建築もまた、そこに似合う自然体としての存在の仕方や形態があるのではないかと思っております。 そして可能な限りの持続性と普遍性を持ち、経年するにあたりその時々の美しさを携え、そして建築もまた記憶の中で愛され続けて欲しいと願います。

概要

作品名 府中町のコートハウス
ジャンル 和風建築,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 大阪府
設計から完成迄の期間27ヶ月
間取り4LDK
基礎ベタ基礎
外壁リシン吹付 / レンガブロック / コールテン鋼 / 木
屋根の形切妻
吹付 / EP塗装
ナラ三層フローリング着色塗装 / 畳
構造木造
敷地面積220㎡
延床面積116㎡
所在地大阪府
ロケーション旧市街
写真の撮影者真銅祥一朗

プロフィール

真銅祥一朗建築設計事務所

心地よい空間、美しい建築を望まれる方へ

無垢材で囲まれた中庭を持つ落ち着きある和モダン邸宅

4人家族のための住宅です。 計画地は古い日本家屋が立ち並ぶ、どことなく懐かしい情緒漂う町並みの中に位置し、北西と北東の2方向に道路に接する角地に位置します。 クライアントからの要望は、計画地周辺の環境をよく理解した上で、その町並みに自然と溶け込むようなたたずまいでありたいということ。またクライアント自身も古き良き日本家屋で育たれたという経緯もあり、内部空間にもそういったどことなく落ち着けるような雰囲気をもとめられておりました。 全体の計画は中央に配置された中庭を囲むように、北西側の主要道路に面する部分を2階建てとし、その他を平屋とするコートハウス型となっております。 建物の高さは周辺の町並みを考慮し軒のラインが馴染むように調整しまた、軒先の水平ラインを意識するように心がけています。 光や風、そして緑は勿論のこと、より心地よく色気のある空間とするため、使用する材料は経年変化時の美しさを考慮し、実に様々な材料が使用されることとなりました。 それぞれの持つ質感や色調を、美しく調和させるため、組み合わせは慎重に行いました。 その中心となる中庭には、煉瓦、コールテン鋼、木列柱、玄昌石などが面的に構成され、その中央には季節の移り変わりを感じられるよう紅葉が植えられています。 この国にはこの国独自の気候や歴史、風土や風景があるわけですが、生み出される建築もまた、そこに似合う自然体としての存在の仕方や形態があるのではないかと思っております。 そして可能な限りの持続性と普遍性を持ち、経年するにあたりその時々の美しさを携え、そして建築もまた記憶の中で愛され続けて欲しいと願います。

概要

作品名 府中町のコートハウス
ジャンル 和風建築,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 大阪府
設計から完成迄の期間27ヶ月
間取り4LDK
基礎ベタ基礎
外壁リシン吹付 / レンガブロック / コールテン鋼 / 木
屋根の形切妻
吹付 / EP塗装
ナラ三層フローリング着色塗装 / 畳
構造木造
敷地面積220㎡
延床面積116㎡
所在地大阪府
ロケーション旧市街
写真の撮影者真銅祥一朗

プロフィール

真銅祥一朗建築設計事務所

心地よい空間、美しい建築を望まれる方へ

無垢材で囲まれた中庭を持つ落ち着きある和モダン邸宅

4人家族のための住宅です。 計画地は古い日本家屋が立ち並ぶ、どことなく懐かしい情緒漂う町並みの中に位置し、北西と北東の2方向に道路に接する角地に位置します。 クライアントからの要望は、計画地周辺の環境をよく理解した上で、その町並みに自然と溶け込むようなたたずまいでありたいということ。またクライアント自身も古き良き日本家屋で育たれたという経緯もあり、内部空間にもそういったどことなく落ち着けるような雰囲気をもとめられておりました。 全体の計画は中央に配置された中庭を囲むように、北西側の主要道路に面する部分を2階建てとし、その他を平屋とするコートハウス型となっております。 建物の高さは周辺の町並みを考慮し軒のラインが馴染むように調整しまた、軒先の水平ラインを意識するように心がけています。 光や風、そして緑は勿論のこと、より心地よく色気のある空間とするため、使用する材料は経年変化時の美しさを考慮し、実に様々な材料が使用されることとなりました。 それぞれの持つ質感や色調を、美しく調和させるため、組み合わせは慎重に行いました。 その中心となる中庭には、煉瓦、コールテン鋼、木列柱、玄昌石などが面的に構成され、その中央には季節の移り変わりを感じられるよう紅葉が植えられています。 この国にはこの国独自の気候や歴史、風土や風景があるわけですが、生み出される建築もまた、そこに似合う自然体としての存在の仕方や形態があるのではないかと思っております。 そして可能な限りの持続性と普遍性を持ち、経年するにあたりその時々の美しさを携え、そして建築もまた記憶の中で愛され続けて欲しいと願います。

概要

作品名 府中町のコートハウス
ジャンル 和風建築,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 大阪府
設計から完成迄の期間27ヶ月
間取り4LDK
基礎ベタ基礎
外壁リシン吹付 / レンガブロック / コールテン鋼 / 木
屋根の形切妻
吹付 / EP塗装
ナラ三層フローリング着色塗装 / 畳
構造木造
敷地面積220㎡
延床面積116㎡
所在地大阪府
ロケーション旧市街
写真の撮影者真銅祥一朗

プロフィール

真銅祥一朗建築設計事務所

心地よい空間、美しい建築を望まれる方へ

狭小地の余白のある家

古くからの家が立ち並ぶ住宅地の建替えのプロジェクトです。 計画地は、敷地面積104.81㎡(31坪)の低層地域で斜線制限や景観法が定められた条件に制限がある狭小敷地です。 そのため、周辺の住宅は敷地いっぱいに家が建ち、京都ならではの狭小住宅が密集しているため庭や緑地といった、自然を感じることが難しくなっています そんな中で、必要な部屋数を確保しつつ、空間に余裕を持たせた家づくりが出来ないかと考えました。 そこで、今回は狭小敷地にあえて余白をつくることにしました。 敷地内に3つのボリュームの箱をもうけ、それぞれに角度をつけていきます。 角度を与えることによって生まれた余白空間を敷地内につくりだしていきます。 この余白部分に緑を設け、どの部屋にいても外部を感じることができるようになっています。建物を1つの大きなボリュームと考えず、いくつかの小さなボリュームをまとめ、繋ぐことで狭小な空間でありながらも緑を敷地内に点在させ、建物内に外部を取り込み、最小限の空間を豊かな空間に変えることを可能にしています。 また、角地であることを利用し、フェンス等を設けず開放することでより一層緑の豊かさを感じることができるでしょう。

概要

作品名 山科の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル
所在地 京都府京都市山科区

プロフィール

株式会社ALTS DESIGN OFFICE

- 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします -

洋館風のモダンな家

四角い箱型と片流れの屋根を組み合わせたモダンな形状に、お施主様の希望である洋館風のデザインを取り入れた飽きの来ない雰囲気の住宅に仕上げています。敷地の西側には池を湛えた緑豊かな公園が有り、それを借景としてリビングや中庭に取り入れています。また、ビルトイン車庫内や屋根裏、1階や2階との間の空間には物が部屋に溢れないように充分な収納を確保しています。

概要

作品名 上大利の家
ジャンル 現代建築・現代住宅
所在地 福岡県

プロフィール

株式会社 SYN空間計画一級建築士事務所

家族と心のよりどころ。あたたかい家づくり。

洋館風のモダンな家

四角い箱型と片流れの屋根を組み合わせたモダンな形状に、お施主様の希望である洋館風のデザインを取り入れた飽きの来ない雰囲気の住宅に仕上げています。敷地の西側には池を湛えた緑豊かな公園が有り、それを借景としてリビングや中庭に取り入れています。また、ビルトイン車庫内や屋根裏、1階や2階との間の空間には物が部屋に溢れないように充分な収納を確保しています。

概要

作品名 上大利の家
ジャンル 現代建築・現代住宅
所在地 福岡県

プロフィール

株式会社 SYN空間計画一級建築士事務所

家族と心のよりどころ。あたたかい家づくり。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

光が射し込む木のクリニック

神話の国・出雲に完成した画像診断専門クリニック「PICTORUいずも画像診断室」 湾曲した片流れの木造屋根で外光を取り込み明るい待合空間と出雲らしい特徴ある外観を生み出しました。 ここへの来院者は大きな不安を抱えています。機能優先・動線重視の病院施設において、諸機能室に囲われ暗くなりがちな待合空間。 湾曲した木造屋根とシールドされたRC造のMRI室の隙間から外光を取り込み、明るい待合空間としました。内外装に木の温かみや人の手を感じる仕上げを採用することで来院者の不安を和らげる空間づくりを行っています。

概要

作品名 PICTORUいずも画像診断室
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,コンクリート打放し
所在地 -
設計から完成迄の期間1年7か月
構造鉄筋コンクリート造+木造
延床面積約500㎡
所在地島根県出雲市
施工者松江土建株式会社
外装杉板型枠コンクリート打放し+杉板
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

中心に光と風を取込んだリノベーション

35年前に建てられた木造住宅。既存プランと生活スタイルの不整合を整理して“いま” と” これから” の暮らしにあわせてリノベーションしました。 既存住宅の問題点を整理し解決するため4つのコンセプトを設定しました。 ①中心をつくる 吹抜階段を中心とした室配置としガラス壁などを介して階段や回遊動線上の動きが互いに窺い知れる計画としています。 ②風をぬく、光を取り入れる 屋根の一部を解体し、光を取込み風をぬくハイサイドライトを導入しました。ハイサイドライトからは安定した天空光が降り注ぎ、電動開閉により上部に溜まった熱気を抜き建物全体の通風を促しています。 ③外部空間をうまく使う 物置化した和室と縁側を整理し、縁側の一部をリビングに取り込み、和室は庭に近接させました。 ④レイアウトが変えられる 取外し可能な仕切戸や一つの照明に頼らない照明配置により室レイアウトや家具レイアウトが自由となりました。 建築主様より「色々なところに相談したけど、どこも同じような間取りばかりでこんな間取りを提案してくれるところはなかった」とおっしゃっていただき、「建物がよくなったら、やっぱり庭が気になってくるね。」とそれほど関心がなかった庭にも目を向け始めておられます。

概要

作品名 HO邸リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材
所在地 広島県廿日市市
間取り5LDK→5LDK
構造木造
延床面積140㎡程度
内装珪藻土壁、エコクロス壁・天井、杉無垢フローリング(浮造り)
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

中心に光と風を取込んだリノベーション

35年前に建てられた木造住宅。既存プランと生活スタイルの不整合を整理して“いま” と” これから” の暮らしにあわせてリノベーションしました。 既存住宅の問題点を整理し解決するため4つのコンセプトを設定しました。 ①中心をつくる 吹抜階段を中心とした室配置としガラス壁などを介して階段や回遊動線上の動きが互いに窺い知れる計画としています。 ②風をぬく、光を取り入れる 屋根の一部を解体し、光を取込み風をぬくハイサイドライトを導入しました。ハイサイドライトからは安定した天空光が降り注ぎ、電動開閉により上部に溜まった熱気を抜き建物全体の通風を促しています。 ③外部空間をうまく使う 物置化した和室と縁側を整理し、縁側の一部をリビングに取り込み、和室は庭に近接させました。 ④レイアウトが変えられる 取外し可能な仕切戸や一つの照明に頼らない照明配置により室レイアウトや家具レイアウトが自由となりました。 建築主様より「色々なところに相談したけど、どこも同じような間取りばかりでこんな間取りを提案してくれるところはなかった」とおっしゃっていただき、「建物がよくなったら、やっぱり庭が気になってくるね。」とそれほど関心がなかった庭にも目を向け始めておられます。

概要

作品名 HO邸リノベーション
ジャンル リフォーム・リノベーション,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材
所在地 広島県廿日市市
間取り5LDK→5LDK
構造木造
延床面積140㎡程度
内装珪藻土壁、エコクロス壁・天井、杉無垢フローリング(浮造り)
写真の撮影者野村和慎

プロフィール

高野俊吾建築設計事務所

機能性とデザインの両立で他とは”ちょっと”違う住宅を。

のんびりとした美容院と住宅

のどかな住宅街に、のどかな素敵なお施主様。 このPIRICAは、お一人で営む美容院とそのご家族のお住まいです。 どこか可愛らしい、でも、どこか大人の雰囲気がある建物を目指しました。 美容院と住宅の間に、暖炉スペースがあります。その暖炉スペースがこののどかな建物の中心的要素となっています。扉の開閉により、昼は美容院に、夜は家族の為にこの暖炉スペースは役割を果たします。

概要

作品名 PIRICA
ジャンル デザイナーズ住宅
所在地 愛知県

プロフィール

YY_WORKS

わいわいと寛げる住まいを

のんびりとした美容院と住宅

のどかな住宅街に、のどかな素敵なお施主様。 このPIRICAは、お一人で営む美容院とそのご家族のお住まいです。 どこか可愛らしい、でも、どこか大人の雰囲気がある建物を目指しました。 美容院と住宅の間に、暖炉スペースがあります。その暖炉スペースがこののどかな建物の中心的要素となっています。扉の開閉により、昼は美容院に、夜は家族の為にこの暖炉スペースは役割を果たします。

概要

作品名 PIRICA
ジャンル デザイナーズ住宅
所在地 愛知県

プロフィール

YY_WORKS

わいわいと寛げる住まいを

のんびりとした美容院と住宅

のどかな住宅街に、のどかな素敵なお施主様。 このPIRICAは、お一人で営む美容院とそのご家族のお住まいです。 どこか可愛らしい、でも、どこか大人の雰囲気がある建物を目指しました。 美容院と住宅の間に、暖炉スペースがあります。その暖炉スペースがこののどかな建物の中心的要素となっています。扉の開閉により、昼は美容院に、夜は家族の為にこの暖炉スペースは役割を果たします。

概要

作品名 PIRICA
ジャンル デザイナーズ住宅
所在地 愛知県