主なカテゴリ

細長い敷地に、中庭プランの明るい光の住まい

敷地は、東側道路で、間口が狭く、奥行きが長く、3方を建物で囲われた、都心の典型的な住宅密集地でした。但し道路の向かい側には公園があり、綺麗な桜の花を咲かせ、赤レンガ造りの建物があり、眺めの良い環境でした。 明るい家をつくる為、中庭を家の真ん中につくり、メッシュ素材でつくったスケルトン階段と共に光を通す筒となり、家の中に光をふんだんに取り入れます。プライバシーに配慮し、覗かれない様中庭には、ルーバー格子を階段には上下の横スリット窓とし室内が見えない様にしています。 3階建ての建物とする為、1階を半地下にして階の高さを押さえる為に、鉄骨造ながら、天井ふところを小さくして、梁を出しています。この梁を利用して間接照明を仕込み、部屋の特徴に転換しています。天井高さは2.4mですが、中庭や階段の部分の抜け感があるので、開放感のある家になっています。 奥様のワークスペースには、趣味の本・DVD・写真集を入れる本棚を作りつけ、階段の横にも一面に本棚をつくり大量の本を収納する場所を確保。公園の桜を借景とする為、2Fの道路側にリビングを配置しています。屋上はバルコニーとし、洗濯物干し遊べるスペースになっています。

概要

作品名 中庭から光を取り込む、3階建ての住宅
ジャンル 旗竿・狭小住宅,二世帯住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス
所在地 東京都北区
設計から完成迄の期間1年
間取り4LDK
基礎直接基礎
屋根の形陸屋根
構造鉄骨造
敷地面積80.07㎡(24.22坪)
延床面積142.88㎡(43.22坪)
所在地東京都北区
ロケーション住宅密集地
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

この建築家に問い合わせる

長屋を自然素材でリノベーション、可愛らしい、人気の住まいへ

古く空き家になってしまいそうな、長屋+アパートを、リノベーションし、人気のアパート生まれ変わりました。 デザイン性の高い外観にしたい、という打合せをお客様と行っていました。、メンテナンス性も考慮し、屋根材を外壁に貼って、ウロコの様な・大きなタイルの様な壁のデザインを提案しました。外壁のオレンジ色は、家型の形もあって主張しながらも、周囲に馴染んでいます。 小屋を一部架け替え、シンプルな屋根とする事で、三角屋根の家の形にする事で、可愛らしい外観になっています。 住戸数を3戸から4戸に増やす為にも、苦心して間取りを変えています。さらに、自転車が置ける土間がある部屋、梁の出た・高い天井の部屋、ルーバーに囲われた部屋などをつくり、それぞれが個性豊かな空間の質を持っています。 土間空間を設け、外部との干渉エリアかつ自転車置場・洗濯物干場とし、光を取り入れる明るい部屋でありながら、不安感をなくすプライベート空間としています。生活する部屋をあえて小さくする事で、逆に住環境が良くなっています。 部屋の内部は、構造の梁を見せ、古い良さを出しながら、フローリングと木製合板の壁が、今時な心地よい空間になっています。

概要

作品名 自然素材のリノベーション・アパートメント
ジャンル 無垢・自然素材,都市型住宅,リフォーム・リノベーション
所在地 東京都北区
設計から完成迄の期間10ヵ月
間取り1K(4住戸)
外壁コロニアル貼り・モルタル塗装
屋根の形切妻(家型)
ラーチ合板・自然塗装
杉フローリング
構造在来木造せ
延床面積129.71㎡
所在地東京都北区
ロケーション住宅密集地・都心
写真の撮影者Ippei shinzawa

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

吹抜けの壁の緑色が印象的、居心地の良い北欧デザイン

患者さんが、リラックスして待ち時間を過ごせる様、待合室を吹抜けとし開放感を感じる空間としました。外側壁の、下半分を大きな窓とし、対面の診察室側の壁は、天井近くに横スリットの高い位置の窓であるハイサイドライトを設けることで、光をふんだんに取り入れながら、自然光が天井を照らし、吹抜空間にやわらかな光を注ぎます。 待合室のダークトーンなフローリング調の床材と、若草色のアクセント壁が、落着きを与え、時間を心地よく感じられる空間となっています。 吹抜け部分を、外部からみると上部に突き出た形になり、道路側から目を引く外観となります。白とした外壁の清潔感と共に、クリニックらしさを感じる姿になります。 バリアフリーとしての、フラット床・手すり・幅の広い扉やトイレ・廊下など、高齢者施設を数多く設計してきたノウハウを組み込んでいます。また、患者さんとお医者さん・看護師さんの移動する場所が、重ならない様に、患者動線・スタッフ動線の2すじの動線をつくり、診察等がし易い間取りとしています。

概要

作品名 みどりの内科クリニック
ジャンル 現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル
所在地 茨城県土浦市
設計から完成迄の期間1年6ヶ月
基礎ベタ基礎
外壁モルタル塗装
屋根の形陸屋根
みどり色の塗装
ダークトーンのフローリング
構造木造(在来工法・耐火建築物)
延床面積173.83㎡(52.58坪)
所在地茨城県土浦市
ロケーション郊外・幹線道路沿い
写真の撮影者archipicture

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

仕事をしながら子育てする、木の箱で柔らかく仕切った

子育て世代の女性たちで運営している会社の為、子供を遊ばせながら仕事の出来るスペースにして欲しいとのご要望でした。 来客スペースとして木の箱をオフィス中央におき、木の箱を囲むコの字型に、執務スペースを配置する提案をさせて戴きました。コの字型の執務スペースの1辺に子供の遊び場を置き、デスクエリアとL字で繋がり、子供が遊んでいる姿を横目に、仕事が出来る配置になりました。 木の箱は、木のタテ格子の壁・木の壁・黒板の3種類の壁をつくり、来客スペースからは子供の遊び場・執務スペースはで見えません。一部、木のタテ格子の壁がある為、木の箱の中で何が話されているか、執務スペースからは感じ取ることは出来ます。子供スペース側は、黒板の壁とし、子供たちが自由に絵を書き、遊べる壁にしました。大人もミーティングで使うことが出来ます。 木の箱は上部をあけておく事で、部屋に抜け感が生まれ、せせこましい印象が無くなります。天井を工事しなくても良く、コストを抑えられる事を出来ました。 バリ製の家具に合せ、床はナラのフローリング、木の箱はツガ材でつくり、タテ格子が家具にフィットした、デザインとなっています。

概要

作品名 子育てママの、木のオフィス
ジャンル 現代建築・現代住宅,オフィス,無垢・自然素材
所在地 神奈川県横浜市
杉・ツガ・ナラ突板・黒板塗装
ナラフローリング
所在地神奈川県横浜市
ロケーションオフィスビルインテリア
写真の撮影者OginoTakamitsuAtelier

プロフィール

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

夫婦で設計、光と風を取り入れ自然素材

自然との共生

年齢を感じさせる木々に囲まれ、鎌倉らしい森の中での計画。木々や花々が接近するこの住宅は、景観に寄り添い、あまり目立たずひっそりと佇むようにありながら、威風堂々とした姿であるべきであり、現存する緑を極力残す計画となった。あたかも、森の中の別荘、高級旅館に来たような感覚の持てる住宅にしたかった。水平方向に伸びやかに納まる庇と、垂直方向に延びる2階部分で緑の中に隠れながらもきちんと主張できる意匠にしたいと考えた。庭や山の緑に向かって全面的に開いた今回の窓計画は、木々で遮られてしまう日射に配慮したものでもあり、より自然と一体化した内部空間にするためである。木々の擦れ合う音、鳥のさえずりを楽しみ、緑を慈しみながら生活していって欲しいと思う。

概要

作品名 NiiH
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県鎌倉市
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

自然との共生

年齢を感じさせる木々に囲まれ、鎌倉らしい森の中での計画。木々や花々が接近するこの住宅は、景観に寄り添い、あまり目立たずひっそりと佇むようにありながら、威風堂々とした姿であるべきであり、現存する緑を極力残す計画となった。あたかも、森の中の別荘、高級旅館に来たような感覚の持てる住宅にしたかった。水平方向に伸びやかに納まる庇と、垂直方向に延びる2階部分で緑の中に隠れながらもきちんと主張できる意匠にしたいと考えた。庭や山の緑に向かって全面的に開いた今回の窓計画は、木々で遮られてしまう日射に配慮したものでもあり、より自然と一体化した内部空間にするためである。木々の擦れ合う音、鳥のさえずりを楽しみ、緑を慈しみながら生活していって欲しいと思う。

概要

作品名 NiiH
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県鎌倉市
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

自然との共生

年齢を感じさせる木々に囲まれ、鎌倉らしい森の中での計画。木々や花々が接近するこの住宅は、景観に寄り添い、あまり目立たずひっそりと佇むようにありながら、威風堂々とした姿であるべきであり、現存する緑を極力残す計画となった。あたかも、森の中の別荘、高級旅館に来たような感覚の持てる住宅にしたかった。水平方向に伸びやかに納まる庇と、垂直方向に延びる2階部分で緑の中に隠れながらもきちんと主張できる意匠にしたいと考えた。庭や山の緑に向かって全面的に開いた今回の窓計画は、木々で遮られてしまう日射に配慮したものでもあり、より自然と一体化した内部空間にするためである。木々の擦れ合う音、鳥のさえずりを楽しみ、緑を慈しみながら生活していって欲しいと思う。

概要

作品名 NiiH
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県鎌倉市
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

日常の景色を切り取るロケーションハウス

東の眼下に相模湾を臨み、西側には広大な森の先に富士山を臨む自然豊かで景観の良い場所にあります。風が吹き抜け潮の香がするこの場所に、雄大な景観と空気感を最大限享受できる家を望まれました。 空の色、自然の移ろい、光の角度によって、少しづつ味わいが出ながらいつまでも新鮮な驚きのある住宅にしたいと思いました。 建物外郭ラインを道路の形態になぞって計画をすることにより必然的に生まれた、シフトした平面形状による内部空間は、ズレが生じ、空間に奥行と不思議な陰影を作り出しました。 大小様々な、ともすれば勝手自由に開けているように見える開口部は、生活シーンや外部からの視線、内部空間を歩いたり、座ったりしたときの高さ、光の入射角をイメージして綿密にシュミレーションして設えています。景色を切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象の強いものとすると同時に、内部の陰影をより強く感じさせる装置として機能させています。

概要

作品名 MaOL
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

愛車を愛でるガレージハウス

国内屈指のサーキットがある鈴鹿からの依頼である。クライアントは大の車好きで、念願だった愛車を格納できる家を望まれた。20M近い専用通路のある旗竿敷地で変形地でもある。車3台を格納するために必然的に導き出された線は、平面にほぼ直角が無い。3次元での実現が高度なプロジェクトで、施工の難易度が高いものとなったが、それ故に空間はとても印象的で美しいものになったと思う。1階は愛車とご主人の居場所であり、車を自然光で美しく見せるために光を絞り車に充てる手法を取った。対して2階は空に繋がる開口部を設え、住宅地故に南側からの採光は無くしながらも高さと明るさを実現した。終の棲家として、趣味を楽しみながら余生を楽しめる住宅を目指している。

概要

作品名 GHK
ジャンル コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 三重県
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

愛車を愛でるガレージハウス

国内屈指のサーキットがある鈴鹿からの依頼である。クライアントは大の車好きで、念願だった愛車を格納できる家を望まれた。20M近い専用通路のある旗竿敷地で変形地でもある。車3台を格納するために必然的に導き出された線は、平面にほぼ直角が無い。3次元での実現が高度なプロジェクトで、施工の難易度が高いものとなったが、それ故に空間はとても印象的で美しいものになったと思う。1階は愛車とご主人の居場所であり、車を自然光で美しく見せるために光を絞り車に充てる手法を取った。対して2階は空に繋がる開口部を設え、住宅地故に南側からの採光は無くしながらも高さと明るさを実現した。終の棲家として、趣味を楽しみながら余生を楽しめる住宅を目指している。

概要

作品名 GHK
ジャンル コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,現代建築・現代住宅
所在地 三重県
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

Simple,Beautiful,Minimal

ジュエリーデザイナーの奥様のアトリエを擁する住宅。敷地は5角形で、変形している部分が道路に面していた為、そこに ”繭(まゆ)” のような塊を作り、 人の目に留まるようなファサードとした。住宅街にあるため、全体的に閉じた状態としながら、スリットを入れて居住空間と分断すると共に光と風を 通す計画とした。敷地形状から自然発生的に導かれた45度ラインにより室内には様々な見え方が現れる。 シンプルに美しく住まいたいというクライアントのために室内は極力装飾を排しながらも、重量感ある質感の素材を多用して、 印象的に落ちる絞られた光の空間とした。各所のディテールに少し味付けをして触れる度にその個性を感じる家としたかった。 長い時間を掛けて愛着の湧く住宅になってくれればと思う。

概要

作品名 cocoon
ジャンル シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 -
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

Simple,Beautiful,Minimal

ジュエリーデザイナーの奥様のアトリエを擁する住宅。敷地は5角形で、変形している部分が道路に面していた為、そこに ”繭(まゆ)” のような塊を作り、 人の目に留まるようなファサードとした。住宅街にあるため、全体的に閉じた状態としながら、スリットを入れて居住空間と分断すると共に光と風を 通す計画とした。敷地形状から自然発生的に導かれた45度ラインにより室内には様々な見え方が現れる。 シンプルに美しく住まいたいというクライアントのために室内は極力装飾を排しながらも、重量感ある質感の素材を多用して、 印象的に落ちる絞られた光の空間とした。各所のディテールに少し味付けをして触れる度にその個性を感じる家としたかった。 長い時間を掛けて愛着の湧く住宅になってくれればと思う。

概要

作品名 cocoon
ジャンル シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 -
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

Simple,Beautiful,Minimal

ジュエリーデザイナーの奥様のアトリエを擁する住宅。敷地は5角形で、変形している部分が道路に面していた為、そこに ”繭(まゆ)” のような塊を作り、 人の目に留まるようなファサードとした。住宅街にあるため、全体的に閉じた状態としながら、スリットを入れて居住空間と分断すると共に光と風を 通す計画とした。敷地形状から自然発生的に導かれた45度ラインにより室内には様々な見え方が現れる。 シンプルに美しく住まいたいというクライアントのために室内は極力装飾を排しながらも、重量感ある質感の素材を多用して、 印象的に落ちる絞られた光の空間とした。各所のディテールに少し味付けをして触れる度にその個性を感じる家としたかった。 長い時間を掛けて愛着の湧く住宅になってくれればと思う。

概要

作品名 cocoon
ジャンル シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 -
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

Simple,Beautiful,Minimal

ジュエリーデザイナーの奥様のアトリエを擁する住宅。敷地は5角形で、変形している部分が道路に面していた為、そこに ”繭(まゆ)” のような塊を作り、 人の目に留まるようなファサードとした。住宅街にあるため、全体的に閉じた状態としながら、スリットを入れて居住空間と分断すると共に光と風を 通す計画とした。敷地形状から自然発生的に導かれた45度ラインにより室内には様々な見え方が現れる。 シンプルに美しく住まいたいというクライアントのために室内は極力装飾を排しながらも、重量感ある質感の素材を多用して、 印象的に落ちる絞られた光の空間とした。各所のディテールに少し味付けをして触れる度にその個性を感じる家としたかった。 長い時間を掛けて愛着の湧く住宅になってくれればと思う。

概要

作品名 cocoon
ジャンル シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 -
写真の撮影者サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

空中に浮遊する巣箱

最大高低差14M、最大傾斜度約70度の崖を持つ敷地での計画。遠くに水平線を臨む眺望を最大限享受できる住宅としています。敷地に初めて立った時に目を引いたケヤキとモミジの大木に釣り下がる、浮遊する巣箱が林立するイメージでフォルムと構造を決定しています。4M×13Mのキャンチは巣箱を支える細い鉄骨の枝とRCのスラブで支えられています。法規上は地下の扱いになるフロアにも光が入りますが、半分土に埋まっているため、開口部からの強い光は、光を分節することにより陰の部分との強いコントラストと、光のグラデーションを視覚化します。網膜の動きを感じ、光の純度を歩きながら体感する住宅としています。土木と建築の中間のようなプロジェクトです。

概要

作品名 cnest
ジャンル オフィス,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯
写真の撮影者上田宏 / サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

空中に浮遊する巣箱

最大高低差14M、最大傾斜度約70度の崖を持つ敷地での計画。遠くに水平線を臨む眺望を最大限享受できる住宅としています。敷地に初めて立った時に目を引いたケヤキとモミジの大木に釣り下がる、浮遊する巣箱が林立するイメージでフォルムと構造を決定しています。4M×13Mのキャンチは巣箱を支える細い鉄骨の枝とRCのスラブで支えられています。法規上は地下の扱いになるフロアにも光が入りますが、半分土に埋まっているため、開口部からの強い光は、光を分節することにより陰の部分との強いコントラストと、光のグラデーションを視覚化します。網膜の動きを感じ、光の純度を歩きながら体感する住宅としています。土木と建築の中間のようなプロジェクトです。

概要

作品名 cnest
ジャンル オフィス,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯
写真の撮影者上田宏 / サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

空中に浮遊する巣箱

最大高低差14M、最大傾斜度約70度の崖を持つ敷地での計画。遠くに水平線を臨む眺望を最大限享受できる住宅としています。敷地に初めて立った時に目を引いたケヤキとモミジの大木に釣り下がる、浮遊する巣箱が林立するイメージでフォルムと構造を決定しています。4M×13Mのキャンチは巣箱を支える細い鉄骨の枝とRCのスラブで支えられています。法規上は地下の扱いになるフロアにも光が入りますが、半分土に埋まっているため、開口部からの強い光は、光を分節することにより陰の部分との強いコントラストと、光のグラデーションを視覚化します。網膜の動きを感じ、光の純度を歩きながら体感する住宅としています。土木と建築の中間のようなプロジェクトです。

概要

作品名 cnest
ジャンル オフィス,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯
写真の撮影者上田宏 / サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

空中に浮遊する巣箱

最大高低差14M、最大傾斜度約70度の崖を持つ敷地での計画。遠くに水平線を臨む眺望を最大限享受できる住宅としています。敷地に初めて立った時に目を引いたケヤキとモミジの大木に釣り下がる、浮遊する巣箱が林立するイメージでフォルムと構造を決定しています。4M×13Mのキャンチは巣箱を支える細い鉄骨の枝とRCのスラブで支えられています。法規上は地下の扱いになるフロアにも光が入りますが、半分土に埋まっているため、開口部からの強い光は、光を分節することにより陰の部分との強いコントラストと、光のグラデーションを視覚化します。網膜の動きを感じ、光の純度を歩きながら体感する住宅としています。土木と建築の中間のようなプロジェクトです。

概要

作品名 cnest
ジャンル オフィス,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯
写真の撮影者上田宏 / サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

空中に浮遊する巣箱

最大高低差14M、最大傾斜度約70度の崖を持つ敷地での計画。遠くに水平線を臨む眺望を最大限享受できる住宅としています。敷地に初めて立った時に目を引いたケヤキとモミジの大木に釣り下がる、浮遊する巣箱が林立するイメージでフォルムと構造を決定しています。4M×13Mのキャンチは巣箱を支える細い鉄骨の枝とRCのスラブで支えられています。法規上は地下の扱いになるフロアにも光が入りますが、半分土に埋まっているため、開口部からの強い光は、光を分節することにより陰の部分との強いコントラストと、光のグラデーションを視覚化します。網膜の動きを感じ、光の純度を歩きながら体感する住宅としています。土木と建築の中間のようなプロジェクトです。

概要

作品名 cnest
ジャンル オフィス,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯
写真の撮影者上田宏 / サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

空中に浮遊する巣箱

最大高低差14M、最大傾斜度約70度の崖を持つ敷地での計画。遠くに水平線を臨む眺望を最大限享受できる住宅としています。敷地に初めて立った時に目を引いたケヤキとモミジの大木に釣り下がる、浮遊する巣箱が林立するイメージでフォルムと構造を決定しています。4M×13Mのキャンチは巣箱を支える細い鉄骨の枝とRCのスラブで支えられています。法規上は地下の扱いになるフロアにも光が入りますが、半分土に埋まっているため、開口部からの強い光は、光を分節することにより陰の部分との強いコントラストと、光のグラデーションを視覚化します。網膜の動きを感じ、光の純度を歩きながら体感する住宅としています。土木と建築の中間のようなプロジェクトです。

概要

作品名 cnest
ジャンル オフィス,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯
写真の撮影者上田宏 / サカタヤスノ

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

南河内の家

池のそばに敷地があり、その向こう側には林が広がっています。 この場所で、景色を楽しみながら友人たちが集まって、楽しめる住まいを希望されました。 リビングの大きな窓から景色が楽しめます。 防音室では、バンド仲間が集まって、演奏を楽しむことができます。 また、家の中央を貫く広いフリースペースでは、皆でお酒を飲んだり、食事ができます。 冬は薪ストーブの炎を楽しんだり、夏は、デッキスペースで友人たち家族があつまって、バーベキューをしたり、夜はリビングがシアタールームに変化します。

概要

作品名 南河内の家
ジャンル 平屋
所在地 大阪府南河内郡
敷地面積461.6㎡(139坪)
延床面積188.8㎡( 57坪)
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

南河内の家

池のそばに敷地があり、その向こう側には林が広がっています。 この場所で、景色を楽しみながら友人たちが集まって、楽しめる住まいを希望されました。 リビングの大きな窓から景色が楽しめます。 防音室では、バンド仲間が集まって、演奏を楽しむことができます。 また、家の中央を貫く広いフリースペースでは、皆でお酒を飲んだり、食事ができます。 冬は薪ストーブの炎を楽しんだり、夏は、デッキスペースで友人たち家族があつまって、バーベキューをしたり、夜はリビングがシアタールームに変化します。

概要

作品名 南河内の家
ジャンル 平屋
所在地 大阪府南河内郡
敷地面積461.6㎡(139坪)
延床面積188.8㎡( 57坪)
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

南河内の家

池のそばに敷地があり、その向こう側には林が広がっています。 この場所で、景色を楽しみながら友人たちが集まって、楽しめる住まいを希望されました。 リビングの大きな窓から景色が楽しめます。 防音室では、バンド仲間が集まって、演奏を楽しむことができます。 また、家の中央を貫く広いフリースペースでは、皆でお酒を飲んだり、食事ができます。 冬は薪ストーブの炎を楽しんだり、夏は、デッキスペースで友人たち家族があつまって、バーベキューをしたり、夜はリビングがシアタールームに変化します。

概要

作品名 南河内の家
ジャンル 平屋
所在地 大阪府南河内郡
敷地面積461.6㎡(139坪)
延床面積188.8㎡( 57坪)
写真の撮影者矢野紀行

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

小さな家と路地で暮らす住宅

大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

概要

作品名 四つ角の家
ジャンル 現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材
所在地 -
写真の撮影者笹倉洋平

プロフィール

山本嘉寛建築設計事務所 YYAA

素材を活かした設計を心がけています

神戸北の平屋

神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。 様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、 あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。 建物を構成するものは4種類。 空間を分節するコンクリートの壁とガラス、 2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、 そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。 単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間を演出します。

概要

作品名 神戸北の平屋
ジャンル 平屋,コンクリート打放し
所在地 兵庫県神戸市
敷地面積446.13㎡(134.95坪)
延床面積143.48㎡(43.40坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

神戸北の平屋

神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。 様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、 あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。 建物を構成するものは4種類。 空間を分節するコンクリートの壁とガラス、 2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、 そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。 単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間を演出します。

概要

作品名 神戸北の平屋
ジャンル 平屋,コンクリート打放し
所在地 兵庫県神戸市
敷地面積446.13㎡(134.95坪)
延床面積143.48㎡(43.40坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

神戸北の平屋

神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。 様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、 あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。 建物を構成するものは4種類。 空間を分節するコンクリートの壁とガラス、 2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、 そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。 単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間を演出します。

概要

作品名 神戸北の平屋
ジャンル 平屋,コンクリート打放し
所在地 兵庫県神戸市
敷地面積446.13㎡(134.95坪)
延床面積143.48㎡(43.40坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

神戸北の平屋

神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。 様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、 あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。 建物を構成するものは4種類。 空間を分節するコンクリートの壁とガラス、 2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、 そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。 単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間を演出します。

概要

作品名 神戸北の平屋
ジャンル 平屋,コンクリート打放し
所在地 兵庫県神戸市
敷地面積446.13㎡(134.95坪)
延床面積143.48㎡(43.40坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

神戸北の平屋

神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。 様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、 あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。 建物を構成するものは4種類。 空間を分節するコンクリートの壁とガラス、 2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、 そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。 単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間を演出します。

概要

作品名 神戸北の平屋
ジャンル 平屋,コンクリート打放し
所在地 兵庫県神戸市
敷地面積446.13㎡(134.95坪)
延床面積143.48㎡(43.40坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

神戸北の平屋

神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。 様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、 あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。 建物を構成するものは4種類。 空間を分節するコンクリートの壁とガラス、 2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、 そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。 単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間を演出します。

概要

作品名 神戸北の平屋
ジャンル 平屋,コンクリート打放し
所在地 兵庫県神戸市
敷地面積446.13㎡(134.95坪)
延床面積143.48㎡(43.40坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

神戸北の平屋

神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。 様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、 あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。 建物を構成するものは4種類。 空間を分節するコンクリートの壁とガラス、 2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、 そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。 単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間を演出します。

概要

作品名 神戸北の平屋
ジャンル 平屋,コンクリート打放し
所在地 兵庫県神戸市
敷地面積446.13㎡(134.95坪)
延床面積143.48㎡(43.40坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

時間と景色の移ろいを感じるロケーションハウス

階段状に広がる住宅地での計画である。敷地の半分は平らだが、半分は土羽と擁壁で法面となっていた。近くに15世紀に築造された小田原城がある。その後発展してきた城下町が眼下に拡がり、その先には相模湾を臨み、遠景には江の島が見える。この場所で生まれ育ったクライアントは、自身が親しんだ景色を眺めながら、移ろいゆく風景を楽しみながらゆったりと過ごせる家を望まれた。 我々は生活に必要な要素を全て2階に持ち上げる空中生活空間を想像し、部屋のどこからでも雄大な景観を楽しめる家とするためのアイデアを模索した。1階にはエントランスとゲストルーム、音楽室の3つの要素が必要であり、その要素のみで生活空間全てを持ち上げる方針を掲げた。 3つの要素は2つの箱の脚に納め、その脚を繋ぐ大きなスラブを道路側に流れるように落として1枚のスラブとし、その上に軽い木造の平屋を固定した。 道路斜線により斜めに降りてくる部分には子供室が納まり、その下がピアノ教室に通う生徒達のアプローチにもなる。 薄暗いエントランスを通り、その先の階段を登ると大開口からの雄大な景観が眼前に現れ、光に包まれた空間が出現する。緩やかに繋がる各室は、段差や天井の高さでゾーニングされ、移ろいゆく景色と光の形を享受できる状態とした。 屈強な箱の脚により持ち上げられたこの空中住宅は、自然の匂いを謳歌し、悠久の時間の流れる住まいである。

概要

作品名 Hafye
ジャンル コンクリート打放し,郊外住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県小田原市
写真の撮影者上田宏

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

時間と景色の移ろいを感じるロケーションハウス

階段状に広がる住宅地での計画である。敷地の半分は平らだが、半分は土羽と擁壁で法面となっていた。近くに15世紀に築造された小田原城がある。その後発展してきた城下町が眼下に拡がり、その先には相模湾を臨み、遠景には江の島が見える。この場所で生まれ育ったクライアントは、自身が親しんだ景色を眺めながら、移ろいゆく風景を楽しみながらゆったりと過ごせる家を望まれた。 我々は生活に必要な要素を全て2階に持ち上げる空中生活空間を想像し、部屋のどこからでも雄大な景観を楽しめる家とするためのアイデアを模索した。1階にはエントランスとゲストルーム、音楽室の3つの要素が必要であり、その要素のみで生活空間全てを持ち上げる方針を掲げた。 3つの要素は2つの箱の脚に納め、その脚を繋ぐ大きなスラブを道路側に流れるように落として1枚のスラブとし、その上に軽い木造の平屋を固定した。 道路斜線により斜めに降りてくる部分には子供室が納まり、その下がピアノ教室に通う生徒達のアプローチにもなる。 薄暗いエントランスを通り、その先の階段を登ると大開口からの雄大な景観が眼前に現れ、光に包まれた空間が出現する。緩やかに繋がる各室は、段差や天井の高さでゾーニングされ、移ろいゆく景色と光の形を享受できる状態とした。 屈強な箱の脚により持ち上げられたこの空中住宅は、自然の匂いを謳歌し、悠久の時間の流れる住まいである。

概要

作品名 Hafye
ジャンル コンクリート打放し,郊外住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県小田原市
写真の撮影者上田宏

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

時間と景色の移ろいを感じるロケーションハウス

階段状に広がる住宅地での計画である。敷地の半分は平らだが、半分は土羽と擁壁で法面となっていた。近くに15世紀に築造された小田原城がある。その後発展してきた城下町が眼下に拡がり、その先には相模湾を臨み、遠景には江の島が見える。この場所で生まれ育ったクライアントは、自身が親しんだ景色を眺めながら、移ろいゆく風景を楽しみながらゆったりと過ごせる家を望まれた。 我々は生活に必要な要素を全て2階に持ち上げる空中生活空間を想像し、部屋のどこからでも雄大な景観を楽しめる家とするためのアイデアを模索した。1階にはエントランスとゲストルーム、音楽室の3つの要素が必要であり、その要素のみで生活空間全てを持ち上げる方針を掲げた。 3つの要素は2つの箱の脚に納め、その脚を繋ぐ大きなスラブを道路側に流れるように落として1枚のスラブとし、その上に軽い木造の平屋を固定した。 道路斜線により斜めに降りてくる部分には子供室が納まり、その下がピアノ教室に通う生徒達のアプローチにもなる。 薄暗いエントランスを通り、その先の階段を登ると大開口からの雄大な景観が眼前に現れ、光に包まれた空間が出現する。緩やかに繋がる各室は、段差や天井の高さでゾーニングされ、移ろいゆく景色と光の形を享受できる状態とした。 屈強な箱の脚により持ち上げられたこの空中住宅は、自然の匂いを謳歌し、悠久の時間の流れる住まいである。

概要

作品名 Hafye
ジャンル コンクリート打放し,郊外住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県小田原市
写真の撮影者上田宏

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

時間と景色の移ろいを感じるロケーションハウス

階段状に広がる住宅地での計画である。敷地の半分は平らだが、半分は土羽と擁壁で法面となっていた。近くに15世紀に築造された小田原城がある。その後発展してきた城下町が眼下に拡がり、その先には相模湾を臨み、遠景には江の島が見える。この場所で生まれ育ったクライアントは、自身が親しんだ景色を眺めながら、移ろいゆく風景を楽しみながらゆったりと過ごせる家を望まれた。 我々は生活に必要な要素を全て2階に持ち上げる空中生活空間を想像し、部屋のどこからでも雄大な景観を楽しめる家とするためのアイデアを模索した。1階にはエントランスとゲストルーム、音楽室の3つの要素が必要であり、その要素のみで生活空間全てを持ち上げる方針を掲げた。 3つの要素は2つの箱の脚に納め、その脚を繋ぐ大きなスラブを道路側に流れるように落として1枚のスラブとし、その上に軽い木造の平屋を固定した。 道路斜線により斜めに降りてくる部分には子供室が納まり、その下がピアノ教室に通う生徒達のアプローチにもなる。 薄暗いエントランスを通り、その先の階段を登ると大開口からの雄大な景観が眼前に現れ、光に包まれた空間が出現する。緩やかに繋がる各室は、段差や天井の高さでゾーニングされ、移ろいゆく景色と光の形を享受できる状態とした。 屈強な箱の脚により持ち上げられたこの空中住宅は、自然の匂いを謳歌し、悠久の時間の流れる住まいである。

概要

作品名 Hafye
ジャンル コンクリート打放し,郊外住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県小田原市
写真の撮影者上田宏

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

時間と景色の移ろいを感じるロケーションハウス

階段状に広がる住宅地での計画である。敷地の半分は平らだが、半分は土羽と擁壁で法面となっていた。近くに15世紀に築造された小田原城がある。その後発展してきた城下町が眼下に拡がり、その先には相模湾を臨み、遠景には江の島が見える。この場所で生まれ育ったクライアントは、自身が親しんだ景色を眺めながら、移ろいゆく風景を楽しみながらゆったりと過ごせる家を望まれた。 我々は生活に必要な要素を全て2階に持ち上げる空中生活空間を想像し、部屋のどこからでも雄大な景観を楽しめる家とするためのアイデアを模索した。1階にはエントランスとゲストルーム、音楽室の3つの要素が必要であり、その要素のみで生活空間全てを持ち上げる方針を掲げた。 3つの要素は2つの箱の脚に納め、その脚を繋ぐ大きなスラブを道路側に流れるように落として1枚のスラブとし、その上に軽い木造の平屋を固定した。 道路斜線により斜めに降りてくる部分には子供室が納まり、その下がピアノ教室に通う生徒達のアプローチにもなる。 薄暗いエントランスを通り、その先の階段を登ると大開口からの雄大な景観が眼前に現れ、光に包まれた空間が出現する。緩やかに繋がる各室は、段差や天井の高さでゾーニングされ、移ろいゆく景色と光の形を享受できる状態とした。 屈強な箱の脚により持ち上げられたこの空中住宅は、自然の匂いを謳歌し、悠久の時間の流れる住まいである。

概要

作品名 Hafye
ジャンル コンクリート打放し,郊外住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県小田原市
写真の撮影者上田宏

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

時間と景色の移ろいを感じるロケーションハウス

階段状に広がる住宅地での計画である。敷地の半分は平らだが、半分は土羽と擁壁で法面となっていた。近くに15世紀に築造された小田原城がある。その後発展してきた城下町が眼下に拡がり、その先には相模湾を臨み、遠景には江の島が見える。この場所で生まれ育ったクライアントは、自身が親しんだ景色を眺めながら、移ろいゆく風景を楽しみながらゆったりと過ごせる家を望まれた。 我々は生活に必要な要素を全て2階に持ち上げる空中生活空間を想像し、部屋のどこからでも雄大な景観を楽しめる家とするためのアイデアを模索した。1階にはエントランスとゲストルーム、音楽室の3つの要素が必要であり、その要素のみで生活空間全てを持ち上げる方針を掲げた。 3つの要素は2つの箱の脚に納め、その脚を繋ぐ大きなスラブを道路側に流れるように落として1枚のスラブとし、その上に軽い木造の平屋を固定した。 道路斜線により斜めに降りてくる部分には子供室が納まり、その下がピアノ教室に通う生徒達のアプローチにもなる。 薄暗いエントランスを通り、その先の階段を登ると大開口からの雄大な景観が眼前に現れ、光に包まれた空間が出現する。緩やかに繋がる各室は、段差や天井の高さでゾーニングされ、移ろいゆく景色と光の形を享受できる状態とした。 屈強な箱の脚により持ち上げられたこの空中住宅は、自然の匂いを謳歌し、悠久の時間の流れる住まいである。

概要

作品名 Hafye
ジャンル コンクリート打放し,郊外住宅,現代建築・現代住宅
所在地 神奈川県小田原市
写真の撮影者上田宏

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

雄大な景色を臨むロケーションハウス

敷地は松本城・市内を眼下に、その向こうには美しい山々の稜線を臨む場所にある。松本特有の美しい景色を独り占めにする景観に恵まれたこの場所に、施主(設計者の家族でもある)は新たにこの地を獲得し、市内より転居する。設計者自身も幼少期を過ごした故郷・松本に想いを馳せながら設計した。 施主はその雄大な景色を何処からでも楽しめる住宅を望んだ。空の色、雲の流れ、山の表情。自然の移ろいは壁の切り抜き方に依って動画となり、いつまでも新鮮な発見に満ちて眺めることができると考えた。 東に開くこの住宅は、低い角度で1年中角度が変化する太陽光が入射する。勝手自由に開けているように見えるランダムな開口部は、ただ大きな開口にするのではなく、様々な大小、奥行、仕上、形状、高さで配置することにより、歩き、座る際に、多様なシークエンスを日々楽しめる住宅にしたいと熟考して編み出した窓群である。景色をより強く切り取るために設えたフジツボ窓は、外観を印象的なものとすると同時に、内部の陰影ボリュームをあげる装置として設えている。 敷地はくの字に曲がった平面をしており、建物はその形に素直に景観の良い側に広く配した。奥行は浅く長い形状となったが、家のどこからでも松本平を臨むことができる。道路側はプライバシー確保のため閉じた意匠としたが、反面、景観側は多くの開口を擁する完全片側採光の住宅である。それにより、光のコントラストが強調され、窓配置に加え、より陰翳の強い空間構成となった。 また、ピアニスト(施主)のための音楽堂も離れとして設えた。音楽堂と銘打つにふさわしい木構造現しのミニマルな室内は蕪束を採用し、松本らしい伝統的なデザインでありながら、屋根に様々な傾斜を加えることで、稀有な空間にしたいと考えた。 閉じた外観から想像できない、自由奔放かつ大胆な内部構成を持たせることができたと思う。

概要

作品名 M4
ジャンル 郊外住宅,デザイナーズ住宅,現代建築・現代住宅
所在地 長野県松本市
写真の撮影者鳥村鋼一

プロフィール

キューボデザイン建築計画設計事務所

陰翳のある美しい空間を目指します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

豊中の家

敷地は大阪北部の住宅地にあります。 敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。 また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。 そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。 建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、 それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。 開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。 建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも 建物の構成がわかりやすくなるようにしています。 LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、 外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。 この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、 LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

概要

作品名 豊中の家
ジャンル デザイナーズ住宅,コンクリート打放し
所在地 大阪府豊中市
敷地面積95.60㎡(28.92坪)
延床面積107.62㎡(32.56坪)
写真の撮影者平桂弥(スタジオレム)

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,和風建築,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,和風建築,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,和風建築,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,和風建築,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,和風建築,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,無垢・自然素材,平屋,郊外住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,平屋,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,郊外住宅,コンクリート打放し,デザイナーズ住宅,都市型住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,オフィス,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,デザイナーズ住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,平屋,ローコスト住宅,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,和風建築,デザイナーズ住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,コンクリート打放し,旗竿・狭小住宅,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材
所在地 -
設計から完成迄の期間14か月
間取り3LDK+2S+3WIC、クリニック
基礎杭基礎
外壁断熱材複合ガルバリウム鋼板波板
屋根の形陸屋根
ルナファーザー貼り
杉板フローリング
構造木造3階
予算帯3000万円弱
敷地面積52.06m2
延床面積148.17m2
所在地東京都八王子市
ロケーション都市
構造設計空間組
施工者新協建設工業
外装ABC商会
内装リリカラ
主要メーカーTOTO INAX トーヨーキッチン 東リ
写真の撮影者大竹静市郎

プロフィール

藤原・室 建築設計事務所

1点ものの建物を実現します。

概要

作品名
ジャンル 二世帯住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,マンション・アパート,コンクリート打放し,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,現代建築・現代住宅,二世帯住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,旗竿・狭小住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,無垢・自然素材,和風建築,リフォーム・リノベーション,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,平屋,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,医院・クリニック,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,医院・クリニック,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,和風建築,郊外住宅,コンクリート打放し,リフォーム・リノベーション,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,都市型住宅,シンプル・ミニマル,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,エコ住宅・省エネ住宅,郊外住宅,無垢・自然素材,別荘,郊外住宅,シンプル・ミニマル,旗竿・狭小住宅,デザイナーズ住宅,都市型住宅,現代建築・現代住宅,都市型住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,都市型住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,シンプル・ミニマル,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,現代建築・現代住宅,ローコスト住宅,シンプル・ミニマル,デザイナーズ住宅,リフォーム・リノベーション,シンプル・ミニマル,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,リフォーム・リノベーション,都市型住宅,無垢・自然素材,デザイナーズ住宅,エコ住宅・省エネ住宅,