主なカテゴリ
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)
  • 羽根木の家(3世帯住宅)

光庭(中庭)を設けた木造3世帯住宅

世田谷区内の住宅地に、築後70年の住まいを取り壊し、ご両親世帯とお子様世帯が2世帯、計3世帯が暮らすための住まいに建て替えたものです。 それぞれの世帯の異なる立場や意見をとりまとめ、予算と要求事項とのバランスをとった設計をすると共に、しっかりと工事の監理をしてくれる設計者を探しておられた方から依頼を受けたものです。 巾2.8mに満たない袋小路の突き当たりの約115坪の旗竿状の敷地に、90坪(30坪×3世帯)の家を造る計画としてスタートしました。 ご両親世帯のご要望として、これまで50年以上にわたって住みなれた生活スタイルや間取りをあまり変えたくないということがあり、庭から茶の間、キッチン廻りは既設の位置をできるだけ継承することを前提として計画を進めました。 また、各世帯はそれぞれ独立した住まいとしながらも、玄関部分では全ての世帯がつながるようにするため、3世帯の玄関は敷地の中心付近に集中させることも前提となりました。 これらの前提条件から、敷地内における各世帯の基本的な配置を決め、それをベースとして各世帯それぞれのご要望をプランに反映させるようにして設計を進めたものです。 各世帯のご要望事項はさまざまですが、共通するのは 「3世帯が程良い距離感を持ちながら、お互いが安心して暮らせるように」 ということです。 これらを早い段階で具体化し、方向づけることが多世帯が共に住まう家の設計におけるポイントと考えています。

概要

作品名 羽根木の家(3世帯住宅)
ジャンル 二世帯住宅,中庭(パティオ)のある家|コートハウス,無垢・自然素材
所在地 東京都世田谷区羽根木

プロフィール

中川龍吾建築設計事務所

自然素材を活かした住宅の設計

この建築家に問い合わせる


この事例をあなたのブログで
紹介しませんか?
埋め込みコード:

中川龍吾建築設計事務所の事例

  • 市ヶ谷の家(2世帯住宅)

    市ヶ谷の家(2世帯住宅)

  • 吉祥寺の家(和テイストの家)

    吉祥寺の家(和テイストの家)

  • 宮坂の家(天空光の家)

    宮坂の家(天空光の家)

  • 八雲の家(ヨーロピアンテイストの家)

    八雲の家(ヨーロピアンテイストの家)

  • 富士見台の家(平屋のいえ)

    富士見台の家(平屋のいえ)

  • 田端の家(2世帯住宅)

    田端の家(2世帯住宅)