地盤改良でない部分転圧工事が終了しました。

2017年5月13日

1年以上ご無沙汰しておりましたブログを再開します。

現在着工しました戸建新築工事の進捗状況をUPします。


建設地は造成から6年経ったひな壇状の分譲地で

道路から2m弱の高さに位置します。


この土地の地盤調査の結果

擁壁の高さの安息角より

<安息角:土・砂などの堆積(たいせき)物が崩れないで安定しているときの、

斜面と水平面とのなす最大角度>

深い位置に基礎が無いため

最終的に

部分転圧工事を選択しました。


部分転圧工事を簡単に説明しますと

地盤の緩い一部分の場所だけを掘り起して

地面を締める固化材と一緒に埋め戻し

30cmごと

入念に転圧をする工事です。

①掘り込み



②埋め戻しと固化材投入


③撹拌

④ランマーでの転圧



ん? 地盤改良工事?と考えそうですが

業者曰く

地盤改良ではなく地業(ちぎょう)ということで

基礎の下の地盤を締固めするための

砕石や割栗の転圧と同じ工事だそうです。

建物が接する地盤全体を補強する

地盤改良(表層改良、柱状改良、小口径鋼管杭)

に比べ

工期が早く、

コストが安く、

何より土地の価値が下がらないということです。


工事は1日で終了でした!

岩瀬隆広建築設計

プロフィール

岩瀬隆広建築設計

「じぶんドア」から「じぶん住処」へ

いつも大切にしていることは、 クライアント各々が 「豊かだ、気持ちいい、ほっとする、ワクワクする、心地よい、安心だ」 など五感に語り掛ける 帰りたくなるような住処<すみか>をつくることです。 ...

岩瀬隆広建築設計の事例

  • 大江の住処(サブ名:33°46′48″)

    大江の住処(サブ名:33°46′48″)

  • 八代の住処(サブ名:H-court)

    八代の住処(サブ名:H-court)

  • 江津の住処(サブ名:Shipな家)

    江津の住処(サブ名:Shipな家)